AGAの原因とは?薄毛になるメカニズムと日常でできる対策法

AGA(男性型脱毛症)は何が原因で引き起こされるのでしょうか?AGAはすべての男性が発症するわけではないので、発症する・しないの違いがどこにあるのかは気になるところですよね。 そこで今回は、AGAによって薄毛になるメカニズムについて詳しく解説します。日常でできる対策もご紹介しますので、抜け毛が気になっている方はぜひチェックしましょう。

AGAの原因は男性ホルモン「DHT」

AGAを引き起こす主な原因は、DHTという男性ホルモンだと考えられています。DHTとはどのようなホルモンで、どんなメカニズムで薄毛を招くのか、詳しくみていきましょう。

男性ホルモン「DHT」とは

DHTは「ジヒドロテストステロン」の略称で男性ホルモンの一種です。 男性ホルモンは、思春期に入ると声変わりやヒゲが生えるなど“男性らしさ”を強めるような変化をもたらす性ホルモンで、代表的なものは「テストステロン」です。テストステロンは誰の体内にも存在するホルモンで、精巣(睾丸)から分泌されています。

精巣から分泌されたテストステロンは、血液を介して全身にまわるのですが、毛根にある毛乳頭細胞に取り込まれる際、「2型5αリダクターゼ」という酵素の作用によってDHTに変化することがあります。つまり、最初からDHTが分泌されているわけではなく、テストステロンが特定の酵素の働きによって変換・生成される物質なのです。

DHTはテストステロンより活性度が高く、思春期以降はAGAの他、ニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こすこともあります。

DHTでAGAが引き起こされるメカニズム

DHTによってAGAが引き起こされるのは、DHTが髪の毛をつくり出す毛母細胞に「成長を抑制せよ」という指令を出してしまうからです。

テストステロンから変換・生成されたDHTは、頭部の毛乳頭細胞の内部にあるレセプター(受容体)と結合すると、「細胞の自然死」を促進させる指令を出す性質があります。つまり、通常であればそのまま成長する髪の毛が、毛根にDHTが発生することによって成長が阻害され、抜けやすくなってしまうのです。 髪の毛が生え変わるヘアサイクルが健全な状態なら、髪が抜けても次の毛がまた生えて成長します。

でも、DHTの影響を受けるとサイクルが乱れて成長期が短くなったり、毛根が萎縮したりするため、髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちることが多くなります。

これが、抜け毛や薄毛を招くメカニズムです。 テストステロンをDHTへと変換させる2型5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部の毛根など特定の部位にしか存在しません。AGAになるとおでこの生え際や頭のてっぺんが特に薄くなるのはそのためです。

AGAの原因ホルモンDHTは遺伝する?

よく、「親がハゲていると子もハゲる」といわれているので、父親が薄毛の方は「自分もハゲるかも」と心配になるのではないでしょうか。 AGAと遺伝の関係については完全に解明されているわけではありませんが、AGAを発症するかどうかは遺伝の影響もある程度あると考えられています。

遺伝によって受け継がれるとされているのは、DHTの生成を招く酵素、2型5αリダクターゼの量です。この酵素の量が生まれつき少なければ、DHTの生成量も減るので薄毛になりにくく、多ければ薄毛になりやすいというわけです。

また、最近の研究では、AGAを発症している人の遺伝子(受容体遺伝子)には共通の特徴があることが判明しているので、AGAを発症するかどうかは遺伝の影響もあるという説が有力です。 ただし、AGAを引き起こす遺伝情報は100%受け継がれるわけではないため、同じ親から生まれた兄弟でも薄毛になる場合とならない場合があります。

 

ストレスはAGAの原因になる?

AGAの主な原因やメカニズムについてご説明してきましたが、精神的なストレスも薄毛を招くことがあるのでしょうか。

ストレスとAGAに医学的に証明された関係性はない

現時点では、ストレスが原因でAGAを発症することを示す医学的な根拠はありません。とはいえ、ストレスは心身にさまざまな悪影響を及ぼすため、抜け毛を増やす間接的な要因となる可能性はあります。

まず、過度なストレスや長期間にわたるストレスは、自律神経の乱れにつながります。自律神経は血流やホルモンの分泌量などをコントロールしているため、正常に作用しなくなると血流の悪化やホルモンバランスの乱れなどを引き起こします。 髪の毛や頭皮に必要な栄養は血液を介して供給されるため、血流が悪くなると栄養不足になって抜けやすくなる可能性があります。

また、ホルモンバランスが乱れると皮脂が過剰に分泌されて頭皮環境の悪化を招くことも。 さらに、ストレスは睡眠の質も低下させるため、寝ている間に分泌される成長ホルモンの分泌が抑制され、発毛・育毛が阻害されるリスクも考えられます。

ストレスはAGAを引き起こす直接的な原因ではありません。でも、頭皮環境を悪化させたり髪の毛の成長を阻害したりする可能性はあるため、AGAに伴う抜け毛や薄毛を助長することはあるかもしれません。

 

ホルモンが原因のAGAでも対策は可能?

DHTという男性ホルモンが主な原因とされるAGAは、自分で対策することはできるのでしょうか。

食事やシャンプーの見直しは薄毛対策になる

自分でできるAGAの対策方法は色々とありますが、食事やシャンプー方法を見直すことも有効です。 食事については、髪の毛の9割以上はタンパク質の一種「ケラチン」で構成されているため、肉・魚・卵・大豆製品などの高タンパク食品を毎日しっかり摂取することが大切です。また、髪の成長にはビタミンやミネラルも必要なので、緑黄色野菜や海藻類などもバランス良く食べるようにしましょう。また、アルコールは体内のビタミンやミネラルを消費してしまうため、お酒の飲み過ぎはNGです。

シャンプーで髪を洗う際は、指の腹を使って軽くマッサージするように洗うのがポイントです。ゴシゴシと強くこするように洗うと、頭皮を傷つけたり、皮脂の過剰分泌を招いたりするので注意しましょう。

AGAの症状を感じたら早めに受診するのも重要

抜け毛や薄毛は日常生活の対策でもある程度抑えることができますが、AGAの根本的な原因(DHT)に直接アプローチして改善できるわけではありません。 そのため、前頭部や頭頂部の抜け毛が増えてきたら、早めに病院を受診することも重要です。

AGA治療に力を入れている皮膚科やAGA専門クリニックでは、AGAに効果がある薬の処方をはじめ、遺伝子検査やより専門的な治療を受けることができるため、日常生活での対策以上の改善が期待できます。 AGAは一度発症したら進行し続けるので、早いうちに病院を受診することで進行を遅らせることが可能です。

AGA専門クリニックでは、カウンセリングや生活面でのアドバイスもしてもらえるところも多いので、本格的に治療したい場合は経験豊富な専門医に相談しましょう。

 

まとめ

AGAを引き起こす主な原因は、男性ホルモンの一種「DHT」です。DHTは、テストステロンが2型5αリダクターゼという酵素の作用によって変換・生成される物質で、前頭部や頭頂部の髪の毛の成長を阻害して抜けやすくする性質があります。 テストステロンからDHTに変換させる酵素の量は遺伝によって生まれつき決まっているため、もともと酵素が多い人はAGAになる可能性が高いと考えられています。

AGAによる薄毛は、栄養バランスの良い食生活や適切なシャンプーの方法を意識することでもある程度予防できるので、ご自身の生活を見直すことから始めましょう。とはいえ、食事やシャンプーだけではAGAの進行を食い止めることは難しいため、AGA治療に力を入れている病院やクリニックを受診するのもおすすめです。

AGAの原因を踏まえ、日常生活での対策や適切な治療によって薄毛の進行を遅らせましょう。

無料相談はこちらからどうぞ