agaに効果的な育毛剤とは?市販の育毛剤の選び方

AGAの治療方法といえば、病院で処方される治療薬の服用が基本です。ただ、「AGAは治したいけど、病院へいく時間がない」という方も多いはず。そんな方は、まず市販の育毛剤を利用してみてはいかがでしょうか。市販の育毛剤には、AGAの改善に役立つものがあります。どのような育毛剤がAGAに効果的なのか、詳しく見ていきましょう。

agaに効く育毛剤は「ミノキシジル」配合のもの

aga治療にも使われるミノキシジル配合育毛剤

数ある育毛剤の中で、とりわけAGA改善に有効とされているのが「ミノキシジル」配合の育毛剤です。ミノキシジル配合育毛剤は医薬品であり、AGA専門クリニックにおいても治療に用いられています。

ミノキシジルは、発毛・育毛効果が認められた成分です。降圧剤(血圧を下げる薬)として開発され、臨床試験中に発毛効果が発見されたことから発毛剤へと転用されました。 ミノキシジル配合育毛剤の販売がはじまったのは、1980年代のことです。開発元のアップジョン社(現ファイザー)が「ロゲイン」の名称で発売し、一躍ヒット商品となりました。日本においては、1999年に市販のミノキシジル配合育毛剤が発売され、やはり大ヒットを記録しています。

市販薬として有名になったミノキシジル配合育毛剤は、従来の育毛剤と混同されがちです。しかしながら、医薬品として認可されている市販育毛剤は、ミノキシジルが配合されているものだけ。この点でミノキシジル配合育毛剤は、そのほかの育毛成分と一線を画しています。

ミノキシジル配合育毛剤がagaに効くメカニズム

ミノキシジル配合育毛剤は、ヘアサイクルを正常化させることによりAGAの改善を目指す医薬品です。ヘアサイクルとは、髪の生え替わりの周期のこと。ミノキシジルがもつ以下の3つの作用には、AGAにより乱れたヘアサイクルの正常化に役立ちます。

・頭皮の血流を改善する

・毛母細胞の分裂を促進させる

・毛母細胞の退行を遅らせる

先に解説したとおり、ミノキシジルは降圧剤として作られた医薬品です。降圧剤とは、血管を拡張させて血圧を下げる薬のこと。ミノキシジルの血管拡張作用には、頭皮の血管を広げて血流量をアップさせる効果があります。 血液は、髪に栄養と酸素を運ぶ重要な存在。頭皮の血流量がアップすると、髪への栄養供給量があがり、ヘアサイクルの正常化につながると考えられています。

「毛母細胞」の分裂促進も、ミノキシジルのもつ作用の1つ。毛母細胞とは、髪のもとになる細胞です。ミノキシジルには毛母細胞の分裂を促進させる効果があり、髪を太く成長させると考えられています。

ミノキシジルのもつ3つ目の作用が、毛母細胞の退行を遅らせる働きです。健康な頭皮とくらべて、AGAの患部では毛母細胞の退行が早くはじまります。 このため、髪の生え際や頭頂部といったAGAの発症箇所では、髪が長く育ちません。ミノキシジルには、毛母細胞の退行を抑制して、髪が成長する時期を長くする効果があると考えられています。

以上3つの作用によりヘアサイクルを正常化させるのが、ミノキシジルのもつAGA改善メカニズムです。なお、ミノキシジル配合育毛剤の効果は、プロペシアに代表されるAGA治療薬と組み合わせることにより、最大限に発揮されます。

ミノキシジル配合育毛剤の種類

ミノキシジル配合育毛剤は、病院で処方されるものと、市販のものに大別できます。市販されているミノキシジル配合育毛剤は、大正製薬の「リアップシリーズ」と、アンファーの「メディカルミノキ5」の2種類です。

リアップシリーズは、1999年に登場した育毛剤。ミノキシジル1%の「リアップ」が最初に登場し、2009年にミノキシジル5%の「リアップX5」が発売されました。

メディカルミノキ5は、2018年8月に発売された育毛剤です。発売元のアンファーは、「スカルプD」シリーズで有名なメーカー。第2のミノキシジル配合育毛剤として登場して以来、メディカルミノキは30〜40代男性を中心に人気を集めています。

なお、リアップX5とメディカルミノキ5に期待できるAGA改善効果は、基本的に同じです。どちらを購入するかは、販売価格や添加物の違いを考慮して決めるとよいでしょう。

 

ミノキシジル配合以外の育毛剤はagaに効かない?

前節で触れたとおり、AGA専門クリニックではミノキシジル配合育毛剤を治療に用いています。一方、ミノキシジルを配合していない市販育毛剤がAGA治療に使われることは、ほとんどありません。 では、ミノキシジルを配合しない育毛剤は、AGAには効かないのでしょうか。医薬品として扱われない市販育毛剤について、詳しく解説します。

ミノキシジル配合以外の市販の育毛剤は多くが医薬部外品

ミノキシジル配合育毛剤を除く市販育毛剤の多くは、「医薬部外品」に該当します。医薬部外品とは、化粧品と医薬品の中間的に位置する製品です。治療を目的とする医薬品とは異なり、医薬部外品は予防を目的として作られています。 つまり、医薬部外品にあたる育毛剤には、ミノキシジル配合育毛剤と同等のAGA改善効果は期待できません。とはいうものの、医薬部外品も一定の効果が認められた製品であり、薄毛の予防には役立つと考えてよいでしょう。

なお、医薬部外品に該当しない育毛剤は、化粧品として販売されています。こうした育毛剤は髪の健康維持を目的とするものであり、AGAやその他の薄毛を予防・改善する効果は期待できません。

ミノキシジル以外のaga用育毛剤の成分

医薬部外品にあたるAGA用育毛剤の成分には、以下のようなものがあげられます。

・t-フラバノン

・アデノシン

・塩化カルプロニウム

・サイトプリン

・ペンタデカン

・セファランチン

「t-フラバノン」は、花王株式会社が開発した育毛有効成分。生薬にヒントを得てつくられた成分であり、ヘアサイクルの乱れを引き起こすタンパク質「TGF-β」の活性を抑制する効果があるとされています。

「アデノシン」は、人体の中にも存在する成分。資生堂の研究により、育毛促進因子である「FGF-7」を産生する働きや、血行を促進させる効果が確認されています。

「塩化カルプロニウム」は、胃腸薬にも含まれる成分。血管拡張作用があり、頭皮に塗布することにより育毛効果が得られると考えられています。

「サイトプリン」は、ライオン株式会社の育毛剤に含まれている成分。毛髪の成長を促すタンパク質「BMP」と「エフリン」の産生を促進し、強く抜けにくい髪を育てる作用があるとされています。

「ペンタデカン」は、ライオン株式会社が独自に開発した育毛成分。ケラチン(髪のもとになるタンパク質)の合成に必要となるエネルギーを供給し、毛髪の成長を促進させる効果があると考えられています。

「セファランチン」は、ツヅラフジ科の植物から抽出されるアルカロイド。成長因子「IGF-ImRNA」の産生を促進させ、毛髪の成長を促す効果があるとされています。

ミノキシジル配合以外の育毛剤のagaの効果

先に解説したとおり、ミノキシジルを配合しない育毛剤は医薬部外品であり、基本的には薄毛予防を目的につくられています。とはいえ、ミノキシジルを含まない育毛剤がAGAにまったく効かないのかというと、そうとは言い切れません。 「ランクB」あるいは「ランクC1」に該当する成分を含む育毛剤であれば、AGA改善のために利用してみる価値はあります。

ここでいう「ランク」とは、日本皮膚科学会の2017年版ガイドラインに記載されている、推奨度別に分けたAGA治療方法のランクです。 上記ガイドラインでは、(AGA治療法として)行うよう勧めるものを「ランクB」、行ってもよいものを「ランクC1」としています。ランクづけの基準は、効果についてのエビデンス(根拠)の有無、および安全性です。

先ほど解説した育毛成分のうち、アデノシンがランクBに、t-フラバノン、サイトプリン、ペンタデカン、塩化カルプロニウムの4つがランクC1に分類されています。 アデノシンについては、2010年版のガイドラインではランクC1に分類されていました。しかしながら、臨床実験において発毛効果を示す十分な根拠が得られたため、2017年版ガイドラインではランクBに指定されています。 ランクC1に分類される成分については、十分なエビデンスが示されていません。とはいえ、偽薬よりは効果があり、かつ副作用が少ないことから、治療に用いてもよいと判断されています。

もし、ミノキシジルを配合しない育毛剤をAGA改善に活かすなら、成分にアデノシンを含むものを探すとよいでしょう。ランクC1にあたる成分を含む育毛剤も、試す価値はあります。

 

aga対策のための育毛剤の効果的な使い方

AGA対策に育毛剤を用いるなら、その効果がしっかり出る使い方をしたいところ。育毛剤の効果的な使い方をチェックしてみましょう。

用法・用量を必ず守る

育毛剤の中でも、ミノキシジル配合のものには副作用があります。このため、効果的かつ安全にミノキシジル配合育毛剤を使用するには、用法・用量を守ることが肝要です。

たとえば「リアップ」の場合だと、1回の使用量として1mLが指定されています。脱毛範囲が広い場合も、1回の使用量が1mLを超えないようにしましょう。リアップシリーズのボトルは、正確に1mLを塗布できるように設計されています。説明書どおりに使用すれば、過剰な量を塗布してしまうことはありません。

リアップ以外の育毛剤についても、説明書どおりの使用を心がけてください。また、どのような育毛剤も、6ヶ月程度は使用を続けましょう。短期間の使用では、育毛剤の効果は発揮されません。

育毛剤を使用しつつaga改善によい生活を送る

生活習慣を見直すことにより、育毛剤の効果はアップします。具体的には、食事と運動、および睡眠を見直すと効果的です。

食事は、栄養バランスを考慮して摂りましょう。「主食」「副菜」「主菜」「乳製品」「果物」の5つを中心にして、栄養が偏らない食事を心がけてください。 運動は血行を促進させ、頭皮の状態をよくしてくれます。運動習慣のない方は、ストレッチやウォーキングといった軽めの運動を生活に取り入れてみてください。

良質な睡眠は、髪の成長を助けてくれます。夜更かししがちな方は、少し早い時間に就寝するよう心がけてみてください。

 

まとめ

市販の育毛剤は、AGA改善に役立ちます。ただ、冒頭で述べたように、AGA対策の基本は治療薬の服用です。育毛剤だけでは、AGAを根本から治すことはできません。可能であれば、機会を見つけて医師のカウンセリングを受けてみてください。病院での治療と育毛剤との組み合わせにより、AGA改善が早まるはずです。