抜け毛対策法まとめ!食べ物・シャンプーで薄毛回避

「薄毛にはなりたくない」という気持ちはどの男性も持っているでしょう。そうした気持ちに応えるために、この記事では抜け毛対策の情報をまとめてみました。食べ物やシャンプーの仕方に気をつけるだけで、薄毛になりにくい状態を作ることはできます。早めに対策して豊かな毛髪を長くキープできるようにしてみましょう。

抜け毛対策っていつから必要?

「薄毛になるのは嫌だから抜け毛対策はしっかりしたいけど、いつから始めたらいいだろう」と考えている人は多いと思います。見た目がふさふさしているうちは、まだ早いかもしれないという気持ちはわかります。AGAが発症する時期は個人差があるので、一概にいつから対策を始めてくださいと言えないのが難しいところではありますが、AGAの発症が増える年代や抜け毛の特徴を覚えておくことが早期対策に繋がります。

男性に多いAGAは20代からでも対策を

男性の薄毛は9割以上がAGAによるものといわれています。AGAは生活習慣やストレスによっても引き起こされますが、最大の原因は男性ホルモンによるものです。ホルモンの分泌が盛んな思春期を過ぎて、20代に入ってからはAGAの対策を真剣に考えたほうがよいでしょう。

AGAの抜け毛には特徴があるので、自分の髪の毛の様子を日頃からよく観察することが大切です。少しでも疑わしい兆候が現れたらすぐに対策を始めましょう。

抜け毛対策が必要な抜け毛の特徴

抜け毛の量が増えたり、毛髪に張りやコシがなくなってきたりしたら対策が必要だといえます。

髪の毛には毛周期と呼ばれるものがあります。毛周期では「成長期」「退行期」「休止期」という状態を順番に繰り返します。成長期で髪の毛は育っていき、退行期で成長が止まります。休止期になると古くなった髪の毛は抜けてしまい、新しい髪の毛が生まれるのを待ちます。まるで植物のようですね。髪の毛の一生も植物と同じようなものだとイメージすればよいでしょう。 この毛周期により、健康的な頭髪でも一日100本ほどは自然に抜けていますので、少しくらいの抜け毛があっても自然なことであり、気にする必要はありません。

以前と比較して明らかに抜け毛が増えてきたと感じたら、それはAGAの兆候かもしれません。早めに対策を考えましょう。 また髪の毛にコシや張りがなくなってきた場合、毛周期の内の成長期が短くなっている疑いがあります。これもAGAの特徴です。早急に抜け毛対策をすることをおすすめします。

 

今日からできる抜け毛対策~食事編

食事の内容や質は、健康な体を作るためにしっかり考えなければならない要素です。髪の毛も体の一部です。良い食事と悪い食事の違いを知って、健康な髪の毛を維持できるように努めましょう。

抜け毛と食事の関係

抜け毛と食事についての関係は、食べ物に含まれている特定の成分が髪に良いとされているだけで、間接的なものでしかありません。医学的に効果が認められているわけではないので、直接的に抜け毛の原因へ働きかけるということがない事実をまず覚えておきましょう。

その上で言うならば、体質改善や体内環境を整えるサポートとしての役割は食べ物が果たしてくれます。健康的な髪の毛を作るためには毛髪や頭皮に必要な栄養が与えられなければなりません。抜け毛の減少や発毛をはっきりと実感できる劇的な変化がすぐに現れるわけではありませんが、他の発毛・育毛対策や治療の効果を高めるためにも髪に良い栄養が含まれる食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。

抜け毛対策に必要な栄養素とは

先述しましたように、食べ物は健康な髪を生やすために頭皮環境を整えるサポートをします。その際、大切な役割を果たす栄養素は亜鉛とタンパク質です。 亜鉛とタンパク質が不足して重症化すると脱毛してしまうことがあります。この脱毛は重症の栄養不足であり、AGAとは異なるメカニズムの病気ですが、それくらい亜鉛とタンパク質は毛髪と密接な関係があるということです。

タンパク質は髪の毛を形作る主成分、亜鉛はタンパク質の合成を助ける栄養素です。これらに加えてタンパク質の代謝をするビタミンB群も摂取するように心がけましょう。

抜け毛対策で注意したい食べ物とは

抜け毛対策で注意したい食べ物とは、頭皮環境を悪化させて抜け毛リスクを高めるものになります。では、頭皮環境に悪影響を与える恐れがある食べ物とは何でしょうか。それは脂肪分やカロリーが高い食べ物です。とくに脂肪分のとりすぎはよくありません。脂肪分を取りすぎると皮脂の分泌が増え、髪を健康に保てる皮脂の量を超えてしまいます。脂ぎった頭皮は脂漏性脱毛のリスクを高めてしまいます。

また交感神経を刺激する飲み物もおすすめできません。 抜け毛が増えてしまう頭皮環境にしないためには、ステーキなどはほどほどに、激辛料理やコーヒーは控えるという食生活を目指したほうがよさそうです。

 

今日からできる抜け毛対策~シャンプー編

シャンプーは直接髪の毛に関係していますし、すぐに行動に移せる抜け毛対策なのでぜひやってみてください。シャンプー剤の選び方と洗い方に気をつけるだけなので、ぜひ覚えておいてください。

抜け毛対策のためのシャンプーのポイント

抜け毛対策のためには、正しい方法でシャンプーすることをおすすめします。「毎日シャンプーして清潔にしていればいいのでは」と思うかもしれませんが、間違った方法でシャンプーしてしまうと頭皮を傷つけて悪影響を与えてしまいます。ただシャンプーをしていればいいというわけではありませんので、以下の手順を守って髪の毛をいたわってあげましょう。

1.始めにしっかりとブラッシングして、埃や汚れを落とすことでシャンプーの下準備をします。

2.地肌までお湯が届くように頭全体を濡らします。このとき、お湯は熱すぎないように温度に気をつけます。

3.シャンプー剤は直接頭にかけず、一旦手のひらに出して泡立ててから髪の毛につけるようにします。

4.爪を使ってこすり洗いするのは厳禁です。マッサージしてあげるような感覚で、指の腹を使って優しく洗います。

5.髪の毛や地肌にシャンプー剤が残らないように、しっかりとゆすいで洗い流しましょう。

抜け毛対策によい市販のシャンプーはあるか?

「シャンプー剤そのものに抜け毛対策できるものはないの?」と思う人もいるかもしれませんが、医学的に抜け毛への効果が証明された市販品はありません。脱毛ではなく、発毛・育毛対策としてはケトコナゾールという成分が含まれたシャンプーで効果が認められたとAGAガイドラインには書かれています。しかしこれについても市販品は存在せず、現実的には市販品のシャンプー剤で薄毛への対策はできないと思ってよいでしょう。

逆に「抜け毛が増える」と言われているのがノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーは泡立ちにくいものが多く、洗ったときに髪の毛が縮まってしまい抜け毛に繋がっていきます。良いイメージを持たれていて人気のあるノンシリコンシャンプーですが、抜け毛を気にする人には向いていない商品なので、抜け毛対策を考えているならばシリコンシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

今日からできる抜け毛対策~運動編

髪の毛のためには運動することも必要です。「運動が苦手なので辛いな」と思う人もいるかもしれませんが、抜け毛対策のための運動はとくに体力を必要としないライトなものばかりです。なぜ運動が髪の毛に良いのかを理解して、おすすめの運動を習慣化するように心がけてみてください。

抜け毛と運動の関係

運動不足による血行不良が抜け毛に繋がることがあります。髪の毛を健康に成長させるには、頭皮に充分な栄養と酸素が行き渡らなくてはなりません。栄養や酸素が不足した頭皮環境では、髪の毛は細く弱々しいものになってしまい、抜けやすい状態になります。そうならないためには、運動で血行をよくしてあげましょう。

運動の中でも有酸素運動は効果的で、頭皮の毛細血管に栄養と酸素を行き渡らせてくれます。 またストレスも抜け毛の原因の一つとされていますが、有酸素運動はストレスを緩和してくれる体内のセロトニンを活性化させてくれるので、精神面からも抜け毛対策に繋がると言えるでしょう。

抜け毛予防のために禁煙をしよう

タバコに含まれるニコチンには、毛細血管を収縮させる作用があります。毛細血管が収縮すると、頭皮から毛母細胞に十分な栄養が届けられず、抜け毛の原因になるおそれがあります。髪と頭皮を良い状態に保つためには、喫煙を控えて、できるなら禁煙することをおすすめします。

抜け毛予防におすすめの運動とは

有酸素運動は頭皮環境を改善し、抜け毛予防に期待できます。体に負荷がかかりすぎない程度の軽めの有酸素運動は、運動が苦手な人でも無理なく続けられます。 おすすめはジョギング、ウォーキング、水泳、ヨガ、ラジオ体操です。いずれも特別な用具を用意する必要はなく、すぐにでも始められるものばかりではないでしょうか。

髪の毛だけではなく体の健康にも良い運動ばかりなので、ぜひこれらの運動を生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

さまざまな抜け毛対策法をご紹介してきました。食べ物やシャンプー、運動などがメインでとくに難しいものはなかったはずです。いずれも昔から健康のために良いと言われていることで、髪の毛に対しても同様に良い効果をもたらすことがわかりました。生活改善は時間がかかるものですが、長く続けることで必ず結果はついてきます。明日と言わず今日からでも始められるものばかりなので、ぜひこの記事を参考にしてご自分の生活に取り入れてみてください。

無料相談はこちらからどうぞ