抜け毛は季節の変わり目で増える?抜け毛と季節の関係

抜け毛が増える季節をご存知でしょうか。生理現象として抜け毛があるのは人間にとって当たり前のことで、適度な量が抜けている分には何の心配もいりません。しかし気候や環境の変化で抜け毛の量が増減することも確かです。この記事では季節と抜け毛の関係について解説を行っていきます。年間を通じて起こる抜け毛について正しい知識を身に着けましょう。

抜け毛が増えるとされる季節

自然な抜け毛は一年中あるものですが、年間を通じて最も抜け毛が増えるとされているのが秋です。ではどうして秋は抜け毛が増えてしまうのでしょうか。実は秋という季節は髪の毛にとってハードな季節なのです。秋に抜け毛が増える理由について詳しく見ていきましょう。

抜け毛がもっとも多くなるとされるのは秋

年間を通じてもっとも抜け毛が増えると言われているのは、秋です。秋になると抜け毛に悩まされるという人は、他の季節と比較すると3倍から4倍くらい増加するとも言われています。

ただし髪の毛には毛周期と呼ばれる生え変わりの周期があります。常に「成長が終わって古くなった毛が抜けて新しい毛と入れ替わる」という周期が繰り返され、毛が抜けること自体は自然なことでもあります。一日あたり100本程度が抜けるレベルなら心配することはありません。日頃から抜け毛の量を観察して、明らかに増えていないかどうか気をつけておきましょう。

秋に抜け毛が増える原因

秋に抜け毛が増えるのは、夏に受けたダメージが結果として現れてくる時期だからです。

髪に悪影響を与える要因の一つとして紫外線があります。夏は紫外線を大量に浴びてしまう季節なのは言うまでもないでしょう。夏に受けたダメージが積み重なっていき、ダメージに耐えきれなくなるのが秋というタイミングだとイメージすればわかりやすいかもしれません。体の部位的に一番紫外線を浴びやすいのが頭部だと考えれば、影響がはっきり現れるのも納得できます。

また夏場は蒸し暑さのせいで汗をたくさんかく季節です。毎日頭を洗っていても皮脂汚れは少しずつ毛穴に溜まっていきます。これも紫外線ダメージの積み重ねと同様に、頭皮に対して徐々に悪影響を与えていきます。 まるで「夏は抜け毛の準備期間、秋が本番」と思えるほど、一気に抜け毛が始まるのです。

 

秋以外にも!季節ごとの抜け毛

秋は、一番抜け毛が増える時期だということはわかりましたが、実は他の季節にも抜け毛を引き起こす要因はあります。季節ごとの抜け毛になる理由と、どのように対策すればよいかを見ていきましょう。

春はストレスによる抜け毛が増える?

春はストレスによる抜け毛が増える季節です。春という季節は年間を通じて抜け毛が少ない時期なのですが、心身いずれかがストレスに弱い人は抜け毛の心配をしたほうがいいでしょう。

まず身体のストレスですが、これはアレルギー体質の人に起こりやすいといえます。とくに花粉症の人は要注意で、不快な症状に悩まされては大きなストレスを感じることでしょう。このストレスが抜け毛に繋がる原因となります。

心のストレスについてはどうでしょうか。 春といえば学生や社会人をはじめ、どのような人にも生活環境の変化が起こることが多い時期です。このような変化にストレスを感じやすい人は気をつけてください。そのストレスが自律神経を乱れさせてしまい、ホルモンの分泌が影響されることによって頭皮環境が変化して抜け毛に繋がってしまいます。

ストレスが溜まらないように、好きな趣味や運動をしたり、休息をとったりしながらリラックスした生活を心がけてみましょう。

夏は冷房や紫外線の影響で抜け毛が増える?

夏は髪の毛や頭皮にとって過酷な季節だといえます。冷房や紫外線の影響で抜け毛が増える恐れがあるので気をつけましょう。 紫外線が多く、暑い夏の日差しは容赦なく頭髪を刺激します。降り注ぐ紫外線による直接的なダメージはもちろんのこと、蒸し暑い気候は皮脂の分泌を活発にし、毛穴を詰まらせてしまいます。 それを避けようと室内に避難しても、今度は冷房が悪影響を与えてきます。冷房による除湿で頭皮が乾燥してしまい抜け毛リスクを高めます。

ほかにも冷たい飲み物による体の冷え、夏バテによる食欲減退での栄養不足など、抜け毛を招く要因はたくさんあります。ヘアケアや充分な栄養を取ることを意識して過ごすようにしましょう。

冬は乾燥で抜け毛が増える?

冬の寒さや乾燥も髪の毛にとって良いものではなく、抜け毛のリスクを高くします。 湿度の低い冬場は肌にとって厳しい季節です。乾燥肌になってカサカサし、かゆみを感じる人は少なくないでしょう。これは頭皮にとっても同じです。乾燥してしまい、ひどい時には炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

頭皮にかゆみを感じ、フケの量が増えてきたら抜け毛の危険信号だと思いましょう。市販のシャンプー剤には保湿をうたっているものがあるので、そのような製品を使って対策してみてはいかがでしょうか。

冬の寒さは毛細血管を縮めてしまうので、頭皮の血行も悪くなります。健康な髪の毛を生やすためには、酸素と栄養が毛根へ充分に供給されなければいけません。血行が悪くなることで栄養や酸素が不足した毛根は機能低下してしまうのです。これも抜け毛の原因に繋がってきますので、お風呂で体をよく温め、血行を良くするように心がけましょう。

季節の変わり目も抜け毛が増えやすい

個人差もありますが、季節の変わり目も抜け毛が増えやすいタイミングです。 季節の変わり目は動物も抜け毛が目立つようになりますが、それは気温の変化に対応するために生え変わりするというものです。人間の場合は同じような生え変わりはないので、季節の変わり目での脱毛は理由が異なります。

人間の場合は、気候の変化をストレスとして受け取ることにより体内のホルモンバランスが変化してしまい、抜け毛として影響が現れます。 ストレスの原因が気候の変化なので、影響を受けない人もいれば、その時によって違うという人もいます。いずれにしても季節の変わり目は抜け毛が増えるかもしれないタイミングだということは知っておきましょう。

 

抜け毛が増えたかも…と感じたら

「季節とは関係なしに抜け毛か増えたかもしれない」と感じている人は、それ以外の原因についても探ってみましょう。日常生活でのちょっとした行動が抜け毛に結びついていることもあるからです。また抜け毛の原因が脱毛症にある場合は適切な治療を受けなければなりません。

季節以外にもある抜け毛の要因

抜け毛は季節だけではなく、生活習慣の影響を受けていることもあります。むしろさまざまな要因が重なり合って抜け毛に繋がるケースが多いので、季節以外の要因も確認しておきましょう。 季節以外の主な要因としては以下のものが考えられます。

・食生活の変化による栄養不足

・激しい運動による栄養不足

・運動不足による血流の悪化

・ダイエットによる栄養不足

・睡眠不足による成長ホルモンの減少

・ストレスによる血流の悪化

これらに共通しているのは、栄養不足と血行不良だと言えます。バランスの良い食事をして、血の巡りが良くなるように過ごすように心がけましょう。

改善されなければ医師に相談を

抜け毛の量が増えたまま改善しないようであれば、医師に相談したほうがいいでしょう。 季節ごとの抜け毛要因は一過性のものであり、日常生活の見直しや適切なヘアケアで落ち着かせてあげることが大切です。もし抜け毛の量がいつまで経っても多い状態が続くようなら、それは自然な脱毛ではなく、脱毛症になっているのかもしれません。

とくに頭頂部やひたいが薄くなってきたと感じたらAGAの疑いがあります。AGAは季節ごとの自然な抜け毛とは違い、放っておけば進行するだけで収まることはありません。しかし治療を行えば進行を食い止め、改善の方向に導くことも期待できます。気になる薄毛が続く人はクリニックへ足を運びましょう。

 

まとめ

抜け毛と季節の関係についてご理解いただけたでしょうか。季節ごとに抜け毛を誘発する要因があり、一時的なものであれば心配はいらないことがわかりました。一日100本程度の抜け毛であれば生理現象なので自然なことなのです。日頃から自分の抜け毛の量を把握しておき、変化にいち早く気づくことも早期の対策を行うためには大切です。年間を通じて、自分の抜け毛の変化についてよく知っておくようにしましょう。