脱毛症の原因を種類別に解説!男性に多い脱毛の原因とは

一言で脱毛症といっても、その原因は多岐にわたります。自分の薄毛の原因を思い込みだけで特定してしまうと、適切な対処・治療の機会を遅らせてしまうことにもなるので要注意。 そこで今回は、脱毛症の原因を主な種類別に解説していきます。男性によく見られる薄毛症状の原因についてもお伝えするので、抜け毛が気になる方はひと通りチェックしましょう。

男性に多い男性型脱毛症(AGA)の原因

男性の代表的な薄毛症状「男性型脱毛症(AGA)」の原因はどのようなものでしょうか。早速確認していきましょう。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモン

男性型脱毛症を発症する主な原因は、男性ホルモンの一種「DHT(ジヒドロテストステロン)」だと考えられています。

DHTはテストステロンという男性ホルモンが変質したもので、髪の毛を生み出す毛乳頭細胞などで発生します。 テストステロンをDHTに変化させるのは、毛乳頭細胞内に存在する酵素の一種「2型5αリダクターゼ」です。体内を巡っているテストステロンが毛乳頭細胞に入ってくると、この酵素の作用によってDHTに変質されます。さらに、DHTが「アンドロゲン受容体」という物質に取り込まれると、細胞核に移動し、髪の毛の成長を阻害するよう遺伝子に指令を出すようになります。

DHTは前頭部や頭頂部の毛根で検出されることがあり、その部分の髪の毛を細く短い状態にし、抜け毛を増やしてしまいます。

男性型脱毛症の原因には遺伝もある

男性型脱毛症には遺伝的な要因もある程度関わっていると考えられています。 遺伝によって男性型脱毛症になるメカニズムは、完全に解明されてはいませんが、発症した人の遺伝子に共通点を発見したという研究報告も出てきています。 そのため、薄毛になりやすいかどうかは生まれつきある程度決まっているのかもしれません。 ただ、父親や祖父が薄毛だったとしても、その子供も必ず薄毛になるとは限らないので、過度に心配する必要はないでしょう。

AGA治療の専門クリニックの中には遺伝子検査を実施しているところもあるので、気になる場合は男性型脱毛症になりやすい体質かどうかを確認することも可能です。

 

若い男性や子供にも見られる円形脱毛症の原因

文字どおり円形に髪の毛が抜けてしまう円形脱毛症は、年齢に関係なく若い男性や子供も発症することがある脱毛症です。一般的には「円形脱毛症=ストレスが原因」というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

円形脱毛症の原因は完全にはわかっていない

円形脱毛症の原因やメカニズムはまだ解明されておらず、世界中で研究が進められている段階です。

現段階で有力だと考えられている原因は「自己免疫疾患」という病気です。私たちに備わっている免疫機能は、本来であれば外部から侵入した細菌やウイルスを攻撃・排除するためのものです。でも、自己免疫疾患を発症すると自分自身の細胞を異物だと認識し、攻撃するようになってしまいます。 この免疫機能の誤作動が毛根の細胞に対して起こると、抜け毛が増えて円形脱毛症になると考えられています。

円形脱毛症はストレスも原因になる?

心身に強い負担を感じていない方でも円形脱毛症を突然発症することがあるため、現在ではストレスが直接的な原因になるとは考えられていません。 ただ、精神的・身体的なストレスは自律神経やホルモンのバランスを乱し、自己免疫疾患につながることがあるため、強いストレスが引き金となっている可能性はあります。

円形脱毛症につながる可能性があるのは以下のようなストレスです。

・身体的なストレス:病気による肉体的負担、過労、睡眠不足など

・精神的なストレス:人間関係、仕事、漠然とした不安感など

ストレスと円形脱毛症の関連性については色々な研究がなされていますが、人によって感じ方が異なるストレスを客観的な基準で評価するのは難しいため、医学的な根拠を示すまでには至っていません。

 

そのほか病気や不調が原因の脱毛症もある

男性が発症する主な脱毛症は、男性型脱毛症や円形脱毛症だけではなく皮膚疾患や栄養障害による不調などが原因となる場合もあります。ここでは4つの原因をご紹介するので、心当たりがないかチェックしていきましょう。

脂漏性皮膚炎が原因となる脱毛

脂漏性皮膚炎という皮膚疾患が抜け毛を増やすことがあります。脂漏性湿疹の原因はマラセチア菌という私たちの皮膚に存在する真菌で、増殖すると炎症を起こし、フケやかゆみなどの症状を引き起こします。 症状が悪化してかゆみが強くなると、頭皮をかきむしってしまったり、炎症の影響で毛根がダメージを受けたりすると髪が抜けやすくなることがあるようです。

抜毛症が原因となる脱毛

「抜毛症(ばつもうしょう)」は自分でつい髪の毛などの体毛を抜いてしまう症状で、これが原因となって頭髪が薄くなってしまうことがあります。抜毛症は小学生や思春期以降の女性に発症することが多いですが、成人男性が発症するケースもあります。

抜毛症を単なるクセと捉えるのは適切ではなく、不安・緊張・ストレスといった精神的な要因が影響していると考えられています。ストレスなどの原因から解放されれば抜毛症も自然と治るようですが、慢性化すると毛根へのダメージが蓄積されて髪の毛が細くなったり、白髪になったりすることもあるため注意が必要です。

栄養障害が原因となる脱毛

食生活の乱れなどが原因で栄養不足の状態になると、抜け毛が増えてしまう可能性があります。内臓や皮膚など、私たちの体は口から摂取する栄養によってつくられていますが、同様に髪の毛にも栄養が欠かせません。そのため、必要な栄養が不足すると毛根の元気がなくなり、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

頭皮や髪の毛の健康を保つには、以下のような栄養素が特に重要です。

・タンパク質

・亜鉛

・ビタミン類

炭水化物や脂質に偏った食事をとることが多いと、必然的にこのような栄養が不足しがちになるので、栄養バランスを意識するよう心がけましょう。

薬の副作用による脱毛

病気の治療のために服用している薬の副作用によって起こる脱毛症は、「薬剤性脱毛症」と呼ばれています。副作用によって髪が抜ける薬というと抗がん剤がよく知られていますが、以下のような薬でも抜け毛が増えることがあります。

・ ヘルペスの治療薬

・ 高脂血症の治療薬

・ 抗うつ剤

・ 胃薬

・ 血圧を下げる薬

・ 糖尿病の治療薬

・ 骨粗しょう症の治療薬

・ アレルギーの治療薬

これらの薬には色々な種類があるため、一概にすべてが抜け毛を増やすとは限りません。同じ病気・症状の薬を服用している方は、脱毛が起こる副作用があるかどうか医師や薬剤師に確認してみましょう。

 

まとめ

脱毛症を発症する原因は色々ありますが、男性に発症することが多い「男性型脱毛症(AGA)」は、DHTという男性ホルモンが引き起こしていると考えられています。DHTは、代表的な男性ホルモンであるテストステロンが特定の酵素の作用によって変質したもので、髪の毛の毛根に発生すると抜け毛につながります。

男性型脱毛症は主に中年以降の男性に発症しますが、年齢にかかわらず発症する脱毛症としては「円形脱毛症」が挙げられます。円形脱毛症の原因はまだ解明されていないものの、最近では免疫機能が誤作動して自分の細胞を攻撃してしまう「自己免疫疾患」の影響が指摘されています。

このほか、マラセチアという真菌によって頭皮が炎症を起こす「脂漏性皮膚炎」や、精神的なストレスがきっかけで髪を自分で抜いてしまう「抜毛症」など、脱毛症につながる原因は多岐にわたります。栄養不足や薬の副作用による脱毛症もあるため、食生活や服用している薬を改めてチェックしてみることも大切です。

脱毛症は自分では思いもよらないところに原因があるかもしれません。薄毛が気になる方は医療機関を受診して原因を探ってみましょう。