脱毛症の治療について~脱毛症の種類別の治療法・費用

脱毛症には、男性型脱毛症や円形脱毛症、脂漏性皮膚炎による脱毛症など様々な種類があります。治療は、皮膚科や専門クリニック、心療内科で受けることになります。症状や脱毛症の種類によって異なるため、確認しておくことが大切です。ここでは、脱毛症の種類や治療法、費用などについて詳しく解説します。

男性に多い男性型脱毛症(AGA)の治療法

男性型脱毛症(AGA)は、男性にみられることが多い脱毛症です。皮膚科や専門クリニックで治療を受けます。それぞれ受けられる治療法が異なります。

男性型脱毛症の治療(1)薬での治療

男性型脱毛症の治療は、男性型脱毛症の治療ガイドラインにおいて推奨度が定められています。推奨度が最も高いのが、プロペシアやミノキシジルなどの薬による治療法です。

プロペシアは、フィナステリドを主成分とするAGA治療薬で、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼII型という酵素を阻害します。5αリダクターゼII型は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生産に関わっています。そして、ジヒドロテストステロンは髪の成長期を短縮することで薄毛を引き起こします。つまり、5αリダクターゼII型を阻害することは、ジヒドロテストステロンの生産を防ぐことに繋がるため、プロペシアが男性型脱毛症を改善へと導くのです。

ミノキシジルは、髪を生み出す毛母細胞を活性化し、髪の成長を促す薬です。男性型脱毛症の原因にアプローチするわけではありませんが、髪の成長を促せるため、薄毛の改善が期待できます。

男性型脱毛症の治療(2)HARG療法

HARG療法は、毛髪再生療法の1つです。HARGカクテルという薬剤を頭皮に注入し、毛髪の再生へと導きます。HARGカクテルには、成長因子という細胞の成長を促す成分が含まれています。さらに、ビタミン類や亜鉛など、髪の生成に深く関わる栄養も含まれているのです。1クールの治療を受けることで、自然に髪が生えるようになる可能性があります。

男性型脱毛症の治療(3)植毛

植毛は、髪を薄毛の部分に植えることで髪のボリュームアップを狙う方法です。人工の毛を植える人工毛植毛と、自分の後頭部や側頭部の髪を移植する自毛植毛があります。

人工毛植毛は、拒否反応によって脱落したり頭皮に炎症が起きたりすることがあるため、現在ほとんど行われていません。そのため、一般的に「植毛」は自毛植毛を指します。自分の髪を移植するため、拒否反応が起こる心配がほとんどなく、生着さえすればカラーやパーマもできます。

男性型脱毛症の治療費は?保険は効く?

男性型脱毛症は、健康に支障をきたす病気ではないため、保険は適用されません。そのため、医療機関によって治療費が大きく異なります。

1ヶ月あたりの費用は、プロペシアが約6,000~7,000円、ミノキシジルが約3,000~7,000円が相場ですが、相場から大きく離れた費用がかかる場合もあります。HARG療法は、20万~30万円、自毛植毛は基本料金が20万~30万円で、移植する毛髪の数で料金が変わります。 自毛植毛は、場合によっては100万円以上の費用がかかる治療法です。

 

若い男性にも見られる円形脱毛症の治療法

脱毛症と言えば、男性型脱毛症よりも円形脱毛症の方を思い浮かべる方もいるでしょう。ある程度の年齢になるとリスクが高まると思われがちですが、実は若い男性にも起こることがあります。医療機関では、円形脱毛症をどのように治療するのでしょうか。

円形脱毛症の治療方法(1)ステロイド局注療法

ステロイド局注療法は、円形脱毛症に対して効果が認められている治療法です。ステロイド剤を円形脱毛症が起きているところに注入することで、改善へと導きます。ただ、円形脱毛症の治療の効果には個人差があり、ステロイド局注療法では十分な効果がみられないこともあります。

円形脱毛症の治療方法(2)局所免疫療法

局所免疫療法は、人工的に軽い炎症を引き起こし、自分の免疫で回復させることで円形脱毛症の原因にアプローチする方法です。円形脱毛症は、自分の免疫が炎症を引き起こす自己免疫によるもので、局所免疫療法で自己免疫の影響を改善できる可能性があります。

円形脱毛症の治療費は?保険は効く?

円形脱毛症は、自己免疫によって引き起こされた健康を脅かす可能性がある病気であるため、保険適用となります。そのため、治療にかかる費用はどの医療機関でもほぼ同じです。初診料や再診料は医療機関によって異なるため、総費用には差が出ます。

 

その他の脱毛症の治療法

脱毛症には、他にも脂漏性皮膚炎による脱毛や抜毛症などがあります。そのため、薄毛になったから男性型脱毛症と判断せず、まずは医療機関を受診することが大切です。

脂漏性皮膚炎による脱毛の治療

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌によって頭皮に炎症が起きた状態です。かゆみやフケを伴い、進行すると炎症が広範囲に拡がります。やがて、かさぶた状となり、髪が抜けおちてしまうのです。

マラセチア菌に対処するために、抗真菌薬を使用します。また、炎症を抑えることを目的として、ステロイド外用薬、かゆみを抑えるために抗ヒスタミン薬も必要に応じて使うことになるでしょう。さらに、皮膚の過剰分泌がマラセチア菌を増やす原因であるため、皮脂の分泌を整えることを目的として、ビタミン剤が処方されることがあります。

抜毛症の治療

抜毛症は、気がつかないうちに髪の毛を自分で抜いてしまう状態です。ストレスなどによって気持ちが落ち着かなくなると、無意識に髪の毛を抜いてしまいます。気がつくと、自分の周りに大量の髪が落ちており、同じところから髪を抜くことで部分的な薄毛になります。

根本の原因はストレスであるため、ストレスの原因を突き止めて対処することが大切です。薬などでの治療はできないため、心療内科などでカウンセリングを受け、ストレス解消のサポートを受ける必要があります。

 

脱毛症の治療はどこで受けられる?

脱毛症の治療を受けられるのは、皮膚科や心療内科、専門クリニックなどです。それぞれ、どのような違いがあるのかを確認しておき、自分に合った医療機関を受診しましょう。

皮膚科

皮膚科では、主に円形脱毛症や脂漏性皮膚炎による脱毛症の治療を行っています。男性型脱毛症の治療を行っている皮膚科も多いのですが、扱っているのはプロペシアやミノキシジルのみの場合が多いのです。そのため、植毛やHARG療法などの治療を受けたい方には向いていません。

心療内科

心療内科では、ストレスが原因で引き起こされる脱毛症の治療を受けます。円形脱毛症の原因は解明されていませんが、ストレスが発症の一因になっているとの意見もあるため、メンタルケアも必要に応じて受けた方がいいでしょう。

また、抜毛症は身内の死亡やショッキングな出来事などをきっかけに起こることもあるため、心療内科でカウンセリングを受けることで改善が期待できます。

専門クリニック

男性型脱毛症の専門クリニックでは、プロペシアやミノキシジルの他にも、ザガーロや様々なジェネリック医薬品による治療を受けられます。また、HARG療法や自毛植毛、メソセラピーなど一歩踏み込んだ治療も受けられるのです。そのため、できるだけ早く男性型脱毛症を改善したい方に向いています。血液検査に20,000円程度かかることもあるなど、皮膚科を受診するよりも費用が高くなる傾向があります。

 

まとめ

脱毛症といっても、男性型脱毛症や円形脱毛症、脂漏性皮膚炎による脱毛など様々な種類があるため、自分がどの医療機関を受診すればいいのか確認しておくことが大切です。

男性型脱毛症をできるだけ早く治療したい場合は、専門クリニックを受診するといいでしょう。円形脱毛症と脂漏性皮膚炎による脱毛は皮膚科、抜毛症は心療内科を受診してください。

脱毛症は、長引くと精神的な負担が大きくなるため、できるだけ早く治療を始めることが大切です。