メンズ脱毛の回数は部位・脱毛方法で違う!知っておきたいヒゲ・足・全身脱毛の回数

メンズ脱毛を考えている人にとって、サロンやクリニックに何度くらい通えば脱毛できるのかと、とても気になるのではないでしょうか?回数が増えれば必然的に期間が長くなるし、支払う金額も高額になっていきます。そこで、メンズ脱毛を考える際の目安となるよう、脱毛部位や脱毛方法ごとの平均的な回数、期間についてまとめてみました。

メンズ脱毛の回数は脱毛方法で異なる

メンズ脱毛にはいくつかの方法があります。それぞれに特徴があり、必要な施術回数も違います。

メンズ脱毛の種類

メンズ脱毛には、「フラッシュ(光)脱毛」「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」という3つの方法があります。

フラッシュ脱毛とニードル脱毛は医療機関以外の脱毛サロンなどでも行える方法です。フラッシュ脱毛はメラニンに反応する光を毛根に当てて、毛根にダメージを与えます。レーザー脱毛に比べて光のパワーが弱いので、脱毛効果は低くなりますが、その分痛みも少ないのが特徴です。また、光を広範囲に当てることができるので、施術時間が短くて済みます。

一方、ニードル脱毛は、毛根に針を差し込んで電気を流し、毛根を焼くという方法です。一本ずつ焼いていくので時間はかかりますが、確実にムダ毛を脱毛できます。ただし、相当な痛みを伴うので、施術できる部位や範囲は限られてきます。

レーザー脱毛は医師のいる病院やクリニックでしか施術できない方法です。毛根にレーザーを当てて破壊することで、ムダ毛が生えないようにします。ハイパワーのレーザーを使用するので脱毛効果が高い反面、痛みが強いのが難点です。レーザーには黒い毛によく反応するタイプ、白髪や産毛に反応しやすいタイプなど、さまざまな種類があります。

脱毛回数を抑えられる脱毛方法は

前の項で解説したように、脱毛の効果は方法によって異なります。また、完全にツルツルにするのか、ある程度ムダ毛を残して自然な状態にするのか、脱毛の度合いによっても必要な施術回数は違います。

一般に効果が高い脱毛方法なら回数を抑えることはできますが、痛みが強いなどデメリットがないわけではありません。さらに、その人のムダ毛の質や量によっても、施術回数には差が出てきます。以下の項目では、部位、施術方法ごとの平均的な施術回数や期間をご紹介しますが、上記のことを踏まえてあくまで目安と考えてください。

施術を受ける際には、事前のカウンセリングなどを通して、クリニックや脱毛サロンに、予想される施術回数について確かめておくことをおすすめします。

 

部位別・メンズ脱毛の回数・期間—ヒゲ脱毛の場合

ヒゲ脱毛はメンズ脱毛の中でも人気の部位です。脱毛すると毎日のヒゲ剃りの手間から解放されます。

フラッシュ脱毛でのヒゲ脱毛の回数・期間

ヒゲ脱毛の場合、フラッシュ脱毛は一般的な選択肢のひとつです。脱毛サロンに通う回数は平均で15回くらいです。個人差があるので、20回以上施術を受けても目指す状態にならないこともありますが、脱毛サロンでは15回をひとつの目安としているところが多く、実際に15回程度で終える人が多数派です。

ツルツルにしたい人の場合、施術は1カ月半〜3カ月空けるのが原則なので、15回の施術を終えるまでには、短くても2年弱の期間が必要です。

ニードル脱毛でのヒゲ脱毛の回数・期間

ニードル脱毛はとても効果の高い脱毛方法です。脱毛を終えれば、再びムダ毛が生えてくるということは、ほとんどないといってもよいでしょう。ヒゲ脱毛の場合、3回前後が施術回数の目安となります。施術と施術の間は2週間〜1カ月空けるのが原則なので、2〜3カ月で脱毛が完了します。

しかし、一本ずつ手間をかけて施術を行うので価格が高く、強い痛みを伴います。このため、現在ではニードル脱毛でヒゲ脱毛をする人は少数派です。

レーザー脱毛でのヒゲ脱毛の回数・期間

ヒゲ脱毛を希望する人にとって、レーザー脱毛は一般的な選択肢のひとつです。光脱毛より強力な医療用レーザーを使うので、脱毛効果は高く、10回程度で脱毛が完了するというのがひとつの目安です。クリニックでは5回コースを設定しているところが多いので、2セットで完了というのが平均的です。

光脱毛と同様、ツルツルにするなら1カ月半〜3カ月に一度の施術が原則になるので、短くても1年半程度、長い場合は2年以上の期間が必要です

 

部位別・メンズ脱毛の回数・期間—足脱毛の場合

足脱毛は、メンズ脱毛の中でもヒゲ脱毛と並んで人気の部位です。ツルツルにはせず、薄くして自然な感じに仕上げる人も多いようです。

フラッシュ脱毛での足脱毛の回数・期間

足脱毛を考えているなら、フラッシュ脱毛はおすすめの脱毛法といえます。すねは脱毛効果が現れやすい部位なので、パワーの弱いフラッシュ脱毛でも高い効果が期待できます。また、すねは体の部位の中でも特に痛みを感じやすいので、痛みを感じにくいフラッシュ脱毛がおすすめです。

施術回数の目安は8~15回。施術の間隔は1カ月半〜3カ月なので、早い人なら1年程度で脱毛を終えられることもあるようです。

ニードル脱毛での足脱毛の回数・期間

ニードル脱毛では、ムダ毛を一本ずつ処理していきます。このため、毛の本数が多い足脱毛を行うためには、かなりの手間がかかります。ニードル脱毛の場合、施術本数で価格が決まるので、費用も高くなります。また、強い痛みを伴うので、痛みを感じやすいすねの脱毛にはあまりおすすめできない脱毛法といってよいでしょう。

レーザー脱毛での足脱毛の回数・期間

ハイパワーの医療用レーザーを用いるレーザー脱毛なら、フラッシュ脱毛より少ない施術回数で脱毛を終えることが可能です。すね毛の濃さや毛の質によって差はありますが、必要な施術回数の目安は5回~8回。1カ月半に一度の施術なら1年未満、3カ月に一度でも2年程度で脱毛が完了します。

 

部位別・メンズ脱毛の回数・期間—全身脱毛の場合

複数部位の脱毛を考えているなら、全身脱毛を検討してもよいでしょう。脱毛部位によってムダ毛の濃さや毛の質が異なり、目指す状態も部位によって異なることが多いため、回数や期間に差が出やすいのが特徴です。

フラッシュ脱毛での全身脱毛の回数・期間

全身脱毛の場合、脱毛の範囲が広く、必然的に施術の回数も多くなります。フラッシュ脱毛の場合、光のパワーがそれほど強くなく、脱毛の効果もマイルド。施術回数がどうしても多くなってしまうので、全身脱毛にはあまり適していない方法といえます。特にムダ毛が剛毛の人は、さらに多くの施術が必要となります。

ただし、出力が弱く、痛みが少ないので、痛みに敏感なすね毛や顔、デリケートゾーンの脱毛にはおすすめです。回数の目安はツルツル状態になるまでには18回程度の施術が必要で、およそ3年の期間が必要です。

ニードル脱毛での全身脱毛の回数・期間

ニードル脱毛はムダ毛を一本ずつ施術していくので、確実な脱毛効果が得られますが。他の脱毛方法に比べて時間と手間がかかります。このため、広範囲の脱毛が必要な全身脱毛に適した脱毛方法とはいえません。

また、痛みがかなり強いので、痛みに敏感な部位の脱毛には向きまません。施術に必要な時間は、アゴ全体で5〜20時間、脇の下で8〜20時間、ビキニラインで8〜30時間が目安です。

レーザー脱毛での全身脱毛の回数・期間

ハイパワーの医療用レーザーを使うレーザー脱毛は、広範囲の脱毛が必要な全身脱毛に適した脱毛方法です。ツルツルになるまでに必要な施術回数の目安は10回。施術期間は2年程度と考えてよいでしょう。ただし、効果が高い分、痛みが強く、刺激に敏感の部位の施術にはかなりの痛みを伴います。

 

 

まとめ

メンズ脱毛には「フラッシュ(光)脱毛」「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」という3タイプの方法があります。このうち、最も短い施術期間で脱毛を終了できるのは、ハイパワーの医療用レーザーを使用するレーザー脱毛。ただし、施術時の痛みが強いのが難点です。痛みに敏感な部位の脱毛には、出力が低くレーザー脱毛ほどの効果は期待できないものの、痛みが少なめのフラッシュ脱毛が適しています。一方、ニードル脱毛はムダ毛を一本ずつ処理するので、確実な効果が期待できますが、他の脱毛方法と比べて時間がかかります。また、痛みが相当強いので、施術に適した部位は限られています。