メンズ脱毛は痛い?特に痛い部位と痛みを和らげる方法

毛深さで悩んでいるものの、メンズ脱毛は痛そうで不安を感じている男性は多いのではないでしょうか。不安を煽るようで申し訳ないのですが、実際に脱毛は痛い施術です。この記事ではそんな不安を乗り越えてもらうために、脱毛施術の痛みに関する情報をお届けします。強い痛みを感じる部位や施術方法、痛みを和らげる方法について学びましょう。

メンズ脱毛の痛みは脱毛方法・部位で異なる

脱毛するときはどうしても痛みが伴うものですが、痛みの程度は脱毛方法や処理をする部位で異なります。特に痛い方法や部位がありますので、それがどのようなものかを知っておくことが大切です。脱毛方法によって一長一短がありますので、体のどの部位にあるムダ毛を処理したいかとの兼ね合いを考えて、少しでも痛みの少ない脱毛を受けられるようにしましょう。

メンズ脱毛で特に痛い脱毛方法は

メンズ脱毛では、脱毛効果が高い施術ほど強い痛みを感じる傾向があります。

現在主流となっている脱毛の施術は3種類。フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛です。まずはいずれも痛みを感じることは覚えておきましょう。

これらのうち、比較的軽い痛みで済むのはフラッシュ脱毛とレーザー脱毛です。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、光線のエネルギーが濃い色に反応する現象を利用しています。太陽の光をレンズで集めて黒い紙を燃やす実験を、小学校の理科の時間にしませんでしたか。それと同様のことをムダ毛に対して行うとイメージすればよいでしょう。

レーザーや光が照射された瞬間に痛みを感じますが、ごく短い時間の痛みです。これを脱毛したい範囲に繰り返し行うのですが、一度に照射できる面積が広いおかげで、軽めの痛みを短時間我慢するだけで済ますことができます。しかし永久脱毛の効果は弱めで、将来的に再びムダ毛が生えてきてしまうケースもあるようです。

一方、ニードル脱毛は毛穴に針を刺し、電気を流すことで脱毛を行います。一つ一つの毛穴に対して処理を行い、毛が生える元となる毛母細胞や毛乳頭などを直接壊していくので、ほぼ確実な永久脱毛効果を期待できます。その代りに施術中は強い痛みを伴います。施術も長時間行うことになるので、その間はずっと痛みに耐えなければなりません。ニードル脱毛を選ぶときは狭い範囲のムダ毛処理にしておいたほうが無難でしょう。

メンズ脱毛で特に痛い脱毛部位は

脱毛するときに特に痛みを感じる部位は、皮膚が柔らかく神経が集まっているようなところです。また太い毛が密集している部位の脱毛も強い痛みを感じます。 具体的にはデリケートゾーンと呼ばれる性器・肛門周囲、ほほからあごの下にかけての範囲、鼻の下、眉の上が主な部位です。どの場所も軽くつねっただけで痛みを感じるので納得できますね。デリケートゾーンは想像しただけでも恥ずかしさと痛さでかなり勇気がいりそうな場所です。

痛みの程度に差こそあれ、脱毛は痛みを感じる施術であることは忘れないようにしましょう。自分がどの部位を脱毛したいのかをよく考え、特に痛みを感じる部位の脱毛が必要ならば、男として覚悟を決めるか、あらかじめ痛み対策を練っておくことをおすすめします。

 

痛いのが心配なら!痛みを抑えるメンズ脱毛もある

施術の痛みを心配するなら、痛みを抑えてくれる方法を提供している施設に行きましょう。施設によっては麻酔をオプションとして提供しているところもあります。麻酔は医療行為になるため、一般の脱毛サロンでは行ってくれませんが、医療機関ならそれが可能です。脱毛の施術でできる麻酔について詳しく見てみましょう。

クリニックのメンズ脱毛では麻酔をしてくれるところも

医療機関で脱毛をすれば、施術の痛みを緩和させるために麻酔を用いてくれることもあります。

体毛は皮膚の領域なので皮膚科で脱毛の相談はできますが、全ての医院に脱毛の設備があるわけではありません。麻酔を期待して医療機関で脱毛したいなら美容外科や脱毛専門クリニックの方が確実です。 脱毛専門だからといって脱毛サロンと間違えてはいけません。脱毛サロンの方で麻酔をするのは不可能だからです。麻酔は医療機関だけが使えるものです。その点はよく覚えておきましょう。

ただし麻酔は体に負担がかかるものなので、脱毛施術の痛み緩和には使用してくれない医師もいます。脱毛の契約をする前に、麻酔を使用してくれるか確認しておくことも後悔しないためには必要です。

クリニックのメンズ脱毛で使われる麻酔の例

クリニック脱毛で使用される麻酔には以下のものがあります。

・麻酔テープ

皮膚にテープを貼って行う麻酔です。テープにはリドカインを主成分とした薬剤が塗布されています。手軽にできる麻酔ですが、薬剤の量が少ないため脱毛時の痛みを充分に緩和することができません。

・麻酔クリーム

リドカイン配合のクリームを直接肌に塗って痛みを緩和させる麻酔です。効果が充分に現れるまで時間がかかり、塗ってから30分くらい待つ必要があります。これと同様にリドカインを使っている麻酔テープにもいえることですが、リドカインに対してアレルギー反応を起こす人がいるので、その点に関しては注意しなければなりません。

・笑気麻酔

亜酸化窒素を吸いこんで行う麻酔です。短時間で効果が現れ、全身の痛みが感じにくくなります。手術で使用する全身麻酔と混同する人が多いのですが、全身麻酔が完全に意識がなくなるのに対し、笑気麻酔は意識がある状態を保ちます。不安感をなくす効果もあるので安心して痛い施術を受けることができます。

・静脈麻酔

プロフォールという鎮静剤を点滴して行う麻酔です。全身麻酔になるので高い鎮痛作用が特徴です。価格は医療機関によって異なりますが、およそで1回あたり1万円から数万円かかります。激しい痛みを伴う部位の脱毛を予定している場合は静脈麻酔のぶんも予算に入れて考えるといいかもしれません。

このうち、メンズ脱毛でよく用いられているのは麻酔クリームと笑気麻酔です。もし他の麻酔を使ってほしいならば、そのクリニックで可能かどうか相談してみましょう。

 

メンズ脱毛後の痛みを和らげるには

脱毛は施術中だけではなく、家に帰ってからも痛みとの戦いになります。家でできる痛み対策は幹部へのケアが中心です。クーリングや保湿、体を温めない生活などを心がけて痛みを緩和するようにしましょう。

クーリングする

脱毛をしたあとは患部が炎症を起こして痛むことがあるので、クーリングで痛みを抑えましょう。濡れタオルや保冷剤を巻いたタオルで冷やしてあげるとだいぶ楽になります。クーリングは軽度の炎症を抑えたり、痛みを和らげたりする手段としては手軽で効果的なのでぜひ試してみてください。ただし痛みが強い時には無理をせず、医師に必ず相談するようにしましょう。

体温を上げないように注意する

体温を上げると痛みが強くなるので、施術後は激しい運動をしないようにしましょう。脱毛後の肌は施術の影響で熱を持った状態になっています。この状態でさらに体温が上がるようなことをすると、ヒリヒリとした痛みが増幅されてしまいます。激しい運動と同様にアルコールも体温が上がる原因となるので、脱毛期間中は飲酒も控えます。入浴も体温が上がる行為ですが、これはさすがに控えろとはいえません。できればシャワーで済ませ、体を洗うときは優しく洗うようにしましょう。

メンズ脱毛した部位をしっかり保湿する

脱毛した部位は乾燥状態になっており、保湿が必要となっています。乾燥している肌はバリア機能が弱まっているので外界からのダメージを受けやすくなります。その状態を放っておくと痛みはどんどん強くなるだけなので、化粧水や保湿クリームを使ってケアしてあげましょう。

 

まとめ

脱毛には痛みが伴います。自然な状態の体に手を加えるのですから痛いのは当たり前で、痛みへの対処法を理解しておくことが少しでも楽な脱毛に繋がります。強い痛みを伴う部位の脱毛をするときは、医療機関で麻酔に頼ることもできます。痛みを軽減する手段はちゃんとあるので、恐れずに脱毛にチャレンジしてみてください。

無料相談はこちらからどうぞ