体臭を消す食べ物はある?体臭対策に役立つ食べ物と成分

体臭を消すには、毎日の食事に気をつけることも重要なポイントです。裏を返せば、食生活が乱れていると体臭がきつくなるということになります。 では実際にどのような食品をとれば良いのか、体臭対策に役立つ食べ物や成分をご紹介していきます。体臭と食生活の関係や体臭を消す食べ物を知り、におい予防につなげてください。

体臭と食生活の関係

まず、食生活が体臭に反映されるメカニズムについて、主な原因別にチェックしていきましょう。

食生活の乱れによる腸の不調もにおいの原因になる

栄養バランスの悪い食事が多いなど、食生活が乱れていると便秘など腸の不調を引き起こし、体臭の一因となってしまいます。

便秘になると、腸内に蓄積された老廃物からアンモニアやインドール、硫化水素といった悪臭物質が発生します。それらが血液中に混ざって全身にまわると、汗と一緒に不快な体臭として放出されるのです。

腸内環境を乱して悪臭を放つ悪玉菌は、動物性タンパク質をエサにして増殖するので、日頃から肉ばかり食べている人は要注意。また、野菜をあまり食べない方や水分の摂取量が少ない方、少食の方も腸に不調を起こしやすいです。

脂ものが多い食事は皮脂量が増えにおいの原因になる

脂の乗ったお肉や揚げ物などの脂っこい食事は、皮膚から分泌される皮脂量を増加させて体臭を発生させます。

脂肪分の多い食事は皮下脂肪や内臓脂肪につながるだけではなく、ベタベタした皮脂も増やしてしまいます。そして、皮膚上に出てきた皮脂は時間と共に酸化して、独特のにおいを放つようになります。 バターや生クリームたっぷりのスイーツ類や、スナック菓子にも脂質は多く含まれているので、間食が多い方は皮脂の酸化臭に注意が必要です。

タンパク質の多い食事はアンモニア臭の原因になる

タンパク質に偏った食生活が続くと、ツンとくるようなアンモニア臭がする体臭になりやすいと言われています。 先ほど、動物性タンパク質は悪玉菌のエサになることをお伝えしましたが、タンパク質は分解されるとアンモニアや硫化水素といったにおいの強いガスを大量に発生させます。 つまり、肉類やチーズなどの乳製品をたくさん食べれば食べるほど、悪臭物質が多く生成され、アンモニアのにおいがする体臭を強めてしまうのです。特に、和食より洋食を好んで食べる方は、動物性タンパク質過多になりやすいので注意しましょう。

体臭を消すためにとりたい食べ物(1)腸内環境を整える食品

ここからは、体臭を消すために取り入れたい食品をご紹介していきます。 腸の不調が原因で体臭が強くなっている場合は、腸内環境を整える栄養素が多く含まれる食品を食べましょう。

食物繊維やオリゴ糖が腸内環境を整える

腸内環境を整えるのに効果的な主な栄養素は、食物繊維やオリゴ糖などです。

食物繊維は、腸内環境を健全な状態にする善玉菌のエサとなる他、便のかさ増しにもなり腸壁を刺激してスムーズな排便を促します。オリゴ糖も善玉菌のエサとなって善玉菌を増やすことができます。

また、善玉菌のひとつである乳酸菌を含む食品もおすすめです。 腸内細菌は、善玉菌に分類されるものと悪玉菌に分類されるものに大別され、どちらが優位になるかによって腸内環境の良し悪しが左右されます。 便秘などの不調は悪玉菌が優位な状態になっていることが考えられるため、善玉菌を増やす作用のある食物繊維やオリゴ糖などを積極的に摂取すれば腸内環境の改善が期待できます。

腸内環境を整える食べ物の例

腸内環境を整えるには、以下のような食品を摂取しましょう。

・食物繊維が豊富:玄米などの穀類、豆類、キノコ類、海草類、根菜類など

・オリゴ糖が豊富:大豆、きな粉、りんご、タマネギ、ゴボウなど

・乳酸菌が豊富:ヨーグルト、チーズ、味噌、キムチ、塩麹など

効果のある食べ物が少なければ毎日摂取するのは難しいかもしれませんが、腸内環境の改善に役立つ食品は多岐にわたります。いつもの食事にヨーグルトを加えたり、ごはんを玄米に置き換えたりするなどちょっとした心がけで摂取できるので、毎日少しずつプラスしてみてください。

 

体臭を消すためにとりたい食べ物(2)抗酸化食品

抗酸化作用のある食品は、皮脂の酸化が原因の体臭を消すのに役立ちます。

タンパク質や皮脂の酸化を抑えてにおいを抑制

抗酸化食品は、摂取したタンパク質や脂質の酸化や体の表面に出てきた皮脂の酸化を抑制し、嫌な酸化臭を防いでくれます。 抗酸化作用が期待できる成分を以下に挙げます。

・ ビタミンC

・ ビタミンE

・ βカロテン

・ リコピン

・ カテキン

・ ポリフェノール

このような成分を多く含む食べ物を摂取すれば、独特の酸化臭の原因となる脂肪酸を軽減できます。また、体の酸化を促進させる、飲酒や睡眠不足などによる活性酸素を抑える効果もあります。

抗酸化食品の例

酸化臭を引き起こす、脂肪酸や活性酸素の発生を防ぐ効果が高い食品をご紹介しましょう。

・ 果物(キウイ、イチゴ、ブルーベリーなど)

・ 緑黄色野菜(ピーマン、ブロッコリー、かぼちゃなど)

・トマト

・玄米

・ナッツ類

・アボカド

・赤ワイン

・緑茶

・コーヒー

果物や緑黄色野菜はビタミンCが豊富ですが、熱に弱い成分なので可能なものは加熱せず生で食べる方が効率的です。玄米やナッツ類、アボカドに多く含まれるビタミンEは、食べ過ぎると血液が固まりやすくなるので注意しましょう。 また、上記のうち、赤ワイン・緑茶・コーヒーは、抗酸化パワーの強いポリフェノールの含有量が多い代表的な食品です。

 

体臭を消すためにとりたい食べ物(3)アルカリ食品

体臭を消すにはアルカリ性の食品を意識的に摂取するのもおすすめです。

においの原因となるケトン体の働きを抑える

アルカリ性の食品には、体臭を引き起こすケトン体という物質の働きを抑える作用があると言われています。

食べ物や体内で生成される物質には、体を酸性に傾けるものやアルカリ性に傾けるものがあり、ケトン体は酸性の物質です。ケトン体とは、タンパク質に含有されるアミノ酸や、脂質に含有される脂肪酸が分解される際に作られる物質で、甘酸っぱいにおいがします。

ケトン体は糖質制限をしている方の体内で増える傾向があるため、ダイエットのためにごはんやパンなどの炭水化物を極端に制限している方は要注意です。 ケトン体によって甘酸っぱい体臭が気になる場合は、アルカリ性の食品を摂取することで酸性に傾いた体を中和させ、においを軽減できる可能性があります。

アルカリ食品の例

ケトン体の影響による体臭を抑えることができるアルカリ食品は以下のとおりです。

・ 野菜

・ 果物

・ 大豆製品

・海草類

・牛乳

・梅干し

・ お酢

ダイエット中でも取り入れやすいヘルシーな食品が多いので、無理なく摂取できるのではないでしょうか。 また、アルカリ性の食品は、疲労やストレスによって増える乳酸というにおい物質の産生を抑える働きもあります。ケトン臭いだけではなく、現代人に多い疲労臭も軽減できるので、ご紹介した食品を上手に取り入れましょう。

まとめ

体臭が発生する原因は色々ありますが、食生活も体臭を左右する要因のひとつです。

食事によって体臭が強くなるのは、動物性タンパク質の食べ過ぎによる腸内環境の悪化をはじめ、脂っこい食事の影響による皮脂量の増加などが問題点として挙げられます。食生活が乱れてくると、皮脂量が増えて脂が酸化したようなにおいやツンとくるようなアンモニア臭が体から漂い、周りに不快感を与えることも。 そのため、心当たりのある方は食生活を改善するようにしましょう。

具体的には、腸内環境を整える食物繊維やオリゴ糖、体の酸化を防ぐビタミンCやポリフェノールなどが多く含まれる食品を取り入れることです。糖質制限をしている方は、ケトン体による体臭が強まることがあるので、アルカリ性の食品が効果的です。 ご紹介した体臭を消す食べ物は割と身近なものばかりなので、いつもの食事にも無理なくプラスできるのではないでしょうか。