体臭・口臭予防サプリの選び方

体臭や口臭を予防するサプリメントは、自分に合っているものを適切に選んでいますか?体臭や口臭が発生する原因は加齢臭や疲労臭などにおいのタイプによって異なるため、対応するサプリも違ってくるんですよ。 そこで今回は、においのタイプ別の発生メカニズムや、適切なサプリを選ぶポイントをお伝えしていきます。

体臭予防サプリの選び方(1)加齢臭の場合

まず、中高年特有の体臭として知られる加齢臭を予防したい場合は、ノネナールや活性酸素がキーワードとなります。

加齢臭が発生するメカニズム

汗臭が強い方やわきが体質の方は、腋の下のアポクリン腺の数が多い傾向があります。人にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があり、前者は粘り気のない水分の多い汗を出し、後者は粘り気があり脂肪やたんぱく質を含んだ汗を出します。

汗そのものは無臭ですが、アポクリン腺から出る汗は皮膚に生息している細菌(皮膚常在菌)の影響を受けるとにおいを発生させやすい性質があります。そのため、アポクリン腺の量が多い方は汗臭やわきがが強まりやすいのです。

また、汗と雑菌に加えて皮脂腺から分泌される皮脂も混ざり合うと、汗やわきのにおいはさらに強くなります。

加齢臭予防におすすめのサプリ・成分

加齢臭を予防するには、活性酸素を減らしたり活性酸素の発生を抑えたりする抗酸化作用の高い成分を摂取するのがおすすめです。 抗酸化作用が高い成分は以下のとおりです。

・ビタミンC

・ビタミンE

・ポリフェノール

・カテキン

・イソフラボン

これらの成分は、野菜や果物、穀類や魚介類、大豆製品など幅広い食品をバランス良く食べていれば摂取することができます。でも、毎日たくさんの種類の食品をきちんと摂取するのが難しい場合は、サプリなどの健康食品で不足分を補えば、活性酸素を減らして加齢臭を軽減できる可能性があります。

ご自身の食生活を振り返り、どの栄養素が不足しているかを確認して必要なサプリを取り入れましょう。

 

体臭予防サプリの選び方(2)汗臭・わきがの場合

汗臭やわきがが気になる場合は、皮膚にいる雑菌の影響が大きいです。汗やわきのにおいが特に強くなるのは生まれつきの体質のひとつですが、メカニズムを知れば適切に予防できるようになります。

汗臭・わきが臭が発生するメカニズム

汗臭が強い方やわきが体質の方は、腋の下のアポクリン腺の数が多い傾向があります。人にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があり、前者は粘り気のない水分の多い汗を出し、後者は粘り気があり脂肪やたんぱく質を含んだ汗を出します。

汗そのものは無臭ですが、アポクリン腺から出る汗は皮膚に生息している細菌(皮膚常在菌)の影響を受けるとにおいを発生させやすい性質があります。そのため、アポクリン腺の量が多い方は汗臭やわきがが強まりやすいのです。

また、汗と雑菌に加えて皮脂腺から分泌される皮脂も混ざり合うと、汗やわきのにおいはさらに強くなります。

汗臭・わきが臭予防におすすめのサプリ・成分

強い汗臭やわきがを抑えたい場合は、雑菌の繁殖を抑える作用のあるクエン酸やショウガオールといった成分が効果的だと言われています。 クエン酸は梅干しやお酢に含まれる成分で、ショウガオールはショウガに含有されています。これらは汗のにおいを強める雑菌を減らす作用が期待でき、皮膚表面で発生する悪臭を軽減してくれるので、食品が苦手な方はサプリを活用しましょう。

また、消臭作用のある柿渋エキスや緑茶エキスなどが含まれているサプリもおすすめです。 わきがの根本的な原因であるアポクリン腺自体をサプリで減らすことはできません。でも、殺菌作用や消臭作用のある成分を摂取すれば、ある程度においの発生を抑えることは可能です。

 

体臭予防サプリの選び方(3)疲労臭の場合

加齢臭と共に現代人に多い体臭のひとつである疲労臭は、ツンとくる独特のにおいが発生します。そのにおいはある物質が原因となっているようです。

疲労臭が発生するメカニズム

疲労臭を発生させる主な原因物質は、体内から出てくるアンモニアだと考えられています。

アンモニアは、筋肉疲労から回復する過程などタンパク質が分解されるときに生成され、通常は肝臓で尿素に分解されて尿と共に排出されます。 でも、疲労やストレスが蓄積していると、肝臓の働きが低下してアンモニアを分解しきれなくなり、そのまま血液に混ざって全身にまわります。そうすると、汗や皮脂と一緒に毛穴から排出され、鼻に付くようなアンモニア臭がするのです。

疲労臭予防におすすめのサプリ・成分

疲労臭を予防するために取り入れたい成分は、オルニチンやクエン酸です。

オルニチンはアンモニアを肝臓で分解する際に必要な成分で、有毒なアンモニアを尿素に変換するのをサポートします。オルニチンはシジミやチーズなどに多く含まれていて、疲れを取る効果もあります。

クエン酸は疲労回復に作用する成分としてよく知られていて、梅干しや柑橘類、黒酢などで摂取できます。クエン酸はすっぱい食品に多く含まれているため、酸味が苦手な方はサプリで補給しましょう。

 

口臭対策にも!腸内環境を整えるサプリ

腸内環境を整えることは、体臭だけではなく口臭の予防にもつながると考えられています。腸内環境と体臭・口臭にはどのような関連性があるのでしょうか。

体臭・口臭と腸内環境の関係

便秘など腸内環境が乱れていると、悪臭を放つ有害物質が発生して腸壁に吸収され、血液に乗って全身を巡ることで体臭や口臭につながります。

悪臭の元となる有害物質としてはインドールやアンモニアなどがあり、腸内に長時間溜まっていた食べ物が腐敗することによって増加します。 また、腸内に生息している細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見(ひよりみ)菌という3種類に分類できますが、このうち悪玉菌が増えると有害物質の発生を促進させてしまいます。

悪玉菌は生活習慣や食生活が乱れると増え、便秘などを引き起こしやすくするため、腸内細菌のバランスを保つことが大切です。

腸内環境を整えるのにおすすめのサプリ・成分

乳酸菌やオリゴ糖、セルロースなど腸内環境を整えるのに役立つ成分を摂取すれば、体臭や口臭の原因物質を抑制することができます。

乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれていることでも知られる成分で、善玉菌の一種なので腸内環境のバランスを改善するのに役立ちます。

オリゴ糖は善玉菌のエサになるため、善玉菌を効率的に増やすことができます。 また、セルロースは不溶性食物繊維の一種です。不溶性食物繊維を摂取すると便の量を増やすことができ、それにより腸壁が刺激されて排便を促しやすくしてくれます。

お腹の調子が悪く、なおかつ体臭や口臭も強くなってきたという方は腸内環境を改善できるサプリを活用すれば解消できるかもしれません。

 

まとめ

体臭や口臭を予防するためのサプリメント類は手軽で便利です。でも、においのタイプに合うものを選ばなければ効果が得られなくなってしまいます。

適切な防臭サプリを選ぶには、まずご自身が気になっている体臭や口臭の原因を考え、それに対応した成分が含まれるサプリを選ぶことが大切です。 例えば、加齢臭の原因となるノネナールは体内で活性酸素が増えると発生しやすくなるため、ビタミンCやポリフェノールなど抗酸化作用の高い成分がおすすめです。 汗やわきのにおいが強い場合は、汗と反応する雑菌を減らすことが効果的なので、ショウガオールなどの殺菌成分や柿渋エキスなどの消臭成分が効果的です。また、ツンとくる疲労臭には、オルニチンやクエン酸が役立つでしょう。

サプリメントは薬ではないため、飲めばすぐににおいが消えるわけではありません。とはいえ、栄養を補うことで原因物質を発生しにくくしたり、においを抑えられたりする場合があります。上手に取り入れて、体臭や口臭の悩みを軽減してください。