体臭・口臭がわからない…本当に臭いか確認する方法

体臭や口臭を周りの人に指摘されたけれど、自分ではわからないケースがあります。これは、周りの人が嘘をついているのではなく、自分のにおいに気づけていないだけの可能性があるのです。体臭や口臭は人間関係や仕事などに支障をきたすこともあるため、自分のにおいを知って対策することが大切です。ここでは、自分の体臭や口臭を確認する方法をご紹介します。

自分の体臭・口臭はわかりにくい?

体臭や口臭が強い方が、においを気にしている素振りを見せない場合は、自分のにおいに気づいてないだけの可能性があります。気づけないはずはないと思うかもしれませんが、実際に自分のにおいに気づけない方は多いのです。

自分の体臭・口臭がわからないのはなぜか

自分の体臭や口臭に気づけないのは、嗅覚がにおいに順応してしまうためだと考えられています。

順応は、いわゆる「慣れ」というもので、嗅覚以外にも起こります。例えば、痛みに慣れる、味に慣れるといったことが挙げられますが、これと同じことが嗅覚にも起こっているのです。

嗅覚は、命の危険から身を守るために必要な機能と言えます。有毒なガスが発生した場合、変なにおいがするということで、その場から離れる方がほとんどでしょう。体臭や口臭は自分にとって無害であるため、変なにおいを感じとったとしても対策しようとは思えず、気がついたときにはにおいに慣れてしまっているのです。

 

気になるけどわからない!自分の体臭を確認する方法

自分では気づいていないけれど、周りの人から体臭を指摘されたため気になるという方もいるでしょう。自分の体臭は、次のような方法で確認できます。

服のにおいをかぐ

においの原因は、汗に含まれるアミノ酸やタンパク質などが皮膚の常在菌に分解されることです。そのため、自分が着ている服にもにおいがついてしまうのです。

自分の肌を直接嗅いでも臭くないのであれば、服のにおいをチェックしましょう。肌は臭くなくても、服は臭く感じることがあります。汗が原因となるので、少し汗ばむ程度の運動をした後に服を脱いで確認するといいでしょう。

ティッシュやラップにこすりつけてかぐ

冬場は、あまり汗をかかないため、服ににおいが移らない可能性があります。雑菌は、汗だけではなく、肌の表面にある皮脂も分解してにおいを発生させるため、ティッシュやラップを肌にこすりつけて、においを嗅ぐことで体臭を確認できます。軽くこすっただけでは皮脂を付着させることはできないので、ティッシュやラップを数分間は肌にこすりつけるようにしましょう。 ティッシュは肌を摩擦してトラブルを招く可能性があるため、ラップを使った方がいいかもしれません。

寝具のにおいをかぐ

寝ている間は汗をかくことがあるため、寝具のにおいを嗅ぐことで体臭に気づける可能性があります。睡眠中は、次のような原因で汗をかきます。

(1)生理的発汗

体温が下がることで快適な睡眠を得られます。体温を下げるのに必要なのが汗です。そのため、多くの人は睡眠中に汗をかいているのです。汗と一緒に皮脂や雑菌が寝具につくため、寝具を嗅ぐことで体臭を確認できます。

(2)精神性発汗

悪い夢を見るなど精神的な不安やうつなどが原因で汗をかくことがあります。悪い夢を見やすい方は、寝具ににおいが移りやすいと言えるでしょう。

体臭が気になる方は、普段から使っている枕やシーツ、掛け布団などのにおいを嗅いでみてください。

 

気になるけどわからない!自分の口臭を確認する方法

口臭は、体臭と同じく自分では気づくことが難しいため、セルフチェックすることが大切です。口臭は、いくつかの種類に分けられ、臭いタイミングが異なります。そのため、様々な方法で口臭を確認する必要があるのです。

コップのにおいをかぐ

コップには、口臭の原因となる物質が付着するため、コップを嗅ぐことで口臭を確認できます。

口臭の1つに生理的口臭があります。生理的口臭は誰にでもあるため、特に気にする必要はありません。起床時や空腹時、緊張時は口臭が強くなります。これは、細菌の増殖を抑える唾液の分泌が少なくなり、細菌が増えることで口臭の原因物質が大量に作られるためです。歯磨きをしたり、食事や水分を摂ったりすれば、においは少なくなります。

ただし、生理的口臭は次のような特徴を持つため、完全に対処することは難しいでしょう。

(1)通常の会話では気づかれにくい

生理的口臭は強いにおいではなく、通常の会話で気づかれにくくなっています。大体、30cm以内まで近づかなければ気づかないため、自分の口臭に気づくのが遅れがちです。

(2)心身のコンディションでにおいの強さが変わる

精神状態やストレス、生活習慣、会話条件など様々な要因によって、口臭の強さが代わります。そのため、口臭が消えたと思っていても、忘れた頃に口臭が強くなり、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうことがあるのです。

毎日、コップのにおいを嗅いで、口臭が強いかどうか確認しておくといいでしょう。

舌のにおいをかぐ

舌の表面に、舌苔(ぜったい)と呼ばれる細菌の固まりがあると、口臭が発生します。舌を出したときに、舌からにおいが上がってきた場合は、舌苔がついている可能性があるので鏡で確認しましょう。

また、歯周病や虫歯、歯垢、歯石などの原因でにおいが発生します。口臭が気になる場合は、一度歯科で口内環境を診てもらうといいかもしれません。虫歯や歯周病などの治療を受け、歯垢や歯石を除去すれば、口臭が改善するかもしれません。

デンタルフロスのにおいをかぐ

デンタルフロスは、歯と歯の間に挟まっている歯垢を取り除くためのケア用品です。歯垢には、大量の細菌が生息しているため、においの原因となります。デンタルフロスを歯と歯の間に通した後ににおいを嗅ぐことで、どれぐらいの口臭があるのか確認できます。デンタルフロスでケアを続けて歯垢を徹底的に除去すれば、口臭が改善されるかもしれません。

ただし、歯と歯の間に歯垢がかなり溜まっている場合は、他のところにも歯垢が溜まっており、歯磨きが不十分な可能性があります。 そうなると、歯磨きも徹底的に行わなければ、口臭を改善することは難しくなるでしょう。定期的に歯科医院でブラッシング指導を受け、歯をクリーニングしてもらうことで、口臭を抑えられるかもしれません。

 

自分のにおいを知ることが大切な理由

自分のにおいを知ることは、周りの人を不快な気持ちにさせないことに繋がります。口臭を自覚できれば、口臭を感じにくい距離で会話したり、人と会う日は普段よりも入念に口腔ケアをしたりできるのです。逆に、体臭や口臭に気づけないでいると、対処することができず、周りの人が自分から遠ざかっていくことも考えられます。自分のためにも、体臭や口臭について知っておくことが大切です。

体臭で健康状態の悪化がわかることも

体臭は、身体の健康状態を示しているといわれています。たとば、皮脂をエサに過剰に増えた真菌によって引き起こされる脂漏性皮膚炎は、あぶらっぽいにおいがします。また、糖尿病になると、糖がうまく分解されないことで、甘酸っぱいにおいがするとの見解もあるのです。においだけで病気と判断することはできませんが、他にも身体に異常が現れているのであれば、一度医師に相談した方がいいかもしれません。

 

まとめ

口臭や体臭は、気づくことが難しいため、周りの人から影で噂されるようなこともあります。自分にとっても周りの人にとっても良いことではないため、口臭や体臭をチェックすることが大切です。

口臭は、歯磨きやデンタルフロスでのケアを続けることで改善が期待できます。体臭は、汗をこまめに拭いたり、生活習慣を整えたりすることで和らぐ可能性があります。自分で十分に対処できない場合は、医師に相談することをおすすめします。