体臭はどこからにおう? 部位別の原因と対策

一口に体臭といっても、体のいたるところから臭います。どこからにおうかによって、原因が違います。原因が違えば、当然のことながら対策も異なってきます。もしかすると、体臭予防に良いと思っていることが、部位や原因に合っていないかもしれません。そこで、体臭が発生しやすい部位をピックアップして、それぞれの原因と原因に見合った対策を解説します。

わきからにおう場合の原因と対策

「体臭」というと、真っ先にわきのにおいをイメージする人が多いのではないでしょうか。

わきのにおいの原因

わきは多くの人が体臭を気にしたり、わきがを心配したりする部位です。たしかに発汗量が多い部位ですが、たくさん汗をかくからといって体臭が発生するとは限りません。

汗を出す汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。このうちエクリン腺は、体のさまざまな部位にあって、暑いときやスポーツをした時などに、体温調節のために汗を出します。この汗は成分の99%が水分なのでほとんどにおいはありませんが、皮膚にいる常在菌と結びつくと菌が繁殖して「汗臭い」と形容されるにおいを出します。

一方、脇や性器の周辺など、限られた部位だけにあるのがアポクリン腺です。アポクリン腺からは気温や運動に関わらず、常に一定の汗が出ています。この汗はたんぱく質や脂質を含み、汗そのものに鼻をつくようなにおいがあります。アポクリン腺の数には個人差があり、遺伝などにより決まっています。アポクリン腺が多いと汗の量も多くなり、においも強烈になります。これがわきがの状態です。

単なる脇汗のにおいも、わきがのにおいも、同じわきから発生しますが、その原因はまったく違います。

わきのにおいの対策

エクリン腺からの発汗でわきが汗臭いという場合は、発汗を抑えること、常在菌と結びつかないようにすることが大切です。制汗剤を使って発汗を抑えるのは最も手軽な対策です。

制汗剤にはさまざまなタイプがあり、高い効果を期待するならクリームタイプ、使いやすさを優先するならスティックタイプやロールオンタイプがおすすめです。スプレータイプは清涼感がありますが、たくさん汗をかくと流れてしまいます。常在菌と結びつかないようにするには、汗をかいたら濡らしたタオルや市販の汗拭きシートなどでこまめに拭き取ってください。仕事中などで拭き取れない場合は、わき汗用パッドなどを使ってみるのも良いでしょう。

アポクリン腺からの発汗が原因で強い体臭がある場合も、対策はエクリン腺からの発汗と基本的に同様です。ただし、効果が期待できない可能性が高く、病院で手術を受ける、発汗のブロック注射を打つといった医療的な対策が必要となるケースもあります。

 

頭からにおう場合の原因と対策

頭のにおいが気になる場合は、加齢による体質の変化と皮膚のトラブルという2つの原因が考えられます。

頭のにおいの原因

加齢に伴う体質の変化によって発生するのが「ミドル脂臭」です。

30代半ば〜50代半ばの男性は、わきよりもむしろ後頭部から首の後ろにかけてよく汗をかきます。また、頭皮の皮脂が「頭皮脂」と呼ばれるねっとりとしたものに変化します。ミドル脂臭はこうした中年男性の頭頂部、後頭部、うなじを中心ににおう体臭です。汗に含まれる乳酸が皮膚の常在菌によって分解されることで発生し、頭皮脂に溜まって古くなった油のようなにおいを出します。

一方、頭の体臭の原因になりやすい皮膚トラブルの代表が脂漏性湿疹です。原因は、頭皮の過剰な皮脂分泌や細菌感染。発症すると皮膚が赤くただれ、粉を吹いたようにカサカサになって、大量のフケが出ます。頭のにおいも強くなります。シャンプーが不十分と自己判断してゴシゴシ洗髪すると、症状が悪化する場合があります。

頭のにおいの対策

頭を中心に発生するミドル脂臭を改善するためには、正しくシャンプーすることが大切です。シャンプーはにおいの元となる細菌を抑え、頭皮脂をきれいに落とせる高い洗浄力を持ったものを選びましょう。ドラッグストアなどで「ミドル脂臭対策用」と表示されたシャンプーが市販されています。洗い方の手順は次の通りです。

1.ブラッシング

シャンプーの前にブラッシングをすることで、髪や頭皮についた汚れが浮き上がって洗い流しやすくなります。

2.ぬるま湯で丁寧に洗う

まずはシャンプーを使わずに、頭全体にシャワーを当てて汚れを丁寧に洗い流します。こうすることで、ねっとりとした頭皮脂が落としやすくなります。

3.シャンプーをよく泡立てる

シャンプーは直接頭につけず、手のひらでよく泡立ててから頭につけます。

4.頭皮をマッサージするように洗う

指の腹で頭皮をマッサージするように、襟足、もみあげ、額の生え際周辺、後頭部、頭頂部の順に洗います。爪は立てないように注意してください。

5.しっかりと洗い流す

シャンプーの成分が残らないようにたっぷりのぬるま湯を使って、丁寧にすすぎます。

6.優しくタオルドライ

清潔なタオルで包んで、髪の毛に残った水気をタオルに移します。ゴシゴシとこするのではなく、タオルを指で押して地肌を優しく拭くのがポイントです。

シャンプーの泡立ちが悪い場合は汚れがたまっていると考えられるので、5まで済んだら3〜5をもう一度繰り返して2度洗いすることをおすすめします。一方、脂漏性湿疹が疑わしい症状が見られる場合は、シャンプーにより悪化することも考えられるので、早めに皮膚科に相談しましょう。

 

足からにおう場合の原因と対策

足のにおいは、靴の中が蒸れやすい時季のものと思われがちです。しかし最近は、暖房やブーツの影響で、寒い季節も足のにおいを気にする人が多くなっています。

足のにおいの原因

足の裏は汗腺が集中している部位です。また、靴や靴下を履いていると発汗量も多くなります。足の裏の汗腺は、においのほとんどない汗を出すエクリン腺ですが、かいたままにしていると皮膚の細菌と結びついて、不快なにおいが発生します。

靴や靴下の中は高温多湿で、細菌が好む環境です。さらに、汚れやアカといった細菌のエサもあり、細菌が繁殖しやすい条件がそろっています。

足のにおいの対策

足のにおいを抑えるためには、汗と細菌が結びつきやすい状態、細菌が繁殖しやすい状態を改善することが必要です。入浴時には指の間まで石けんで丁寧に洗って足を清潔に保つこと。蒸れにくい素材の靴下を選び、汗をかきやすい人は外出時に替えの靴下を携帯しましょう。

履き替える際に、足の裏や指の間を汗拭きシートなどで拭くと一層効果的です。靴もできれば通気性に優れたものを選んでください。

また、湿気がこもらないように、同じ靴を続けて履かないようにしましょう。一日履いた靴は陰干ししてしっかり乾燥させること。除菌シートで拭いておくと雑菌の繁殖を防げます。

 

胸や背中からにおう場合の原因と対策

胸や背中がにおう場合、考えられるのは加齢に伴って発生する体臭か、汗をたくさんかいたことで発生した単純な汗のにおいです。

胸や背中のにおいの原因

50代の半ばから増えるのが「加齢臭」です。胸や背中を中心に発生して、枯れ草を思わせるようなにおいがします。私たちの皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺があり、肌のうるおいを保つなどの役割を持っています。

しかし、50代半ば以降になると皮脂が増加し、増え過ぎた皮脂が酸化されて加齢臭の元となるノネナールという物質が作られます。加齢臭というと中高年男性の体臭と思われがちですが、皮脂の増加・酸化が女性にも見られ、決して男性だけのものではありません。

一方、かいた汗が皮膚の常在菌と結びついて汗臭いにおいがするのは、ごく自然なことで、誰にでも見られる現象です。

胸や背中のにおいの対策

単に汗臭いというだけなら、汗をかいた時に着替えたり、汗を拭き取ったりするだけで予防できます。

一方、加齢臭は常在菌の働きではなく、皮脂の酸化によって発生するので、皮脂の洗浄効果と消臭効果が期待できる石けんやボディシャンプーで、においが発生しやすい胸や背中は特に丁寧に洗いましょう。

また、衣服ににおいがつくので、できるだけこまめに洗濯。頻繁に洗えないジャケットなどは、消臭スプレーを使うと良いでしょう。

 

まとめ

体臭は体のさまざまな部位で発生します。また、同じ部位で発生しても、原因が異なることがあり、対処法も違います。効果的な体臭対策を行うためには、対象が発生している部位とその原因を知り、それぞれに適した方法で対策を実践することが大切です。