体臭はお風呂の入り方で変わる!

お風呂の入り方によっては体臭予防効果が高まるのをご存知ですか?入浴で体を清潔に保つことが大切なのは当然ですが、入浴方法で体臭が変わるというのは一体どういうことでしょうか。 そこで今回は、体臭予防につながるお風呂の入り方や体の洗い方についてご紹介していきます。すぐに実践できる方法ばかりなので、体臭が気になる方はぜひ参考にしてください。

体臭予防にはお風呂に入ることが必要不可欠

何日もお風呂に入らないと体が臭くなるのは当たり前のことですが、なぜ入浴が体臭予防になるのかをきちんと説明するのは案外難しいのではないでしょうか。 体臭予防に役立つ入浴方法を見ていく前に、入浴の重要性について確認しておきましょう。

なぜ入浴が重要なのか

体臭予防のために入浴が重要なのは、においの元となる汗や皮脂を洗い流すというだけではなく、体内に溜まった乳酸を除去する効果もあるからです。 全身の汗や皮脂を洗い流すとにおいが軽減されるのは、みなさんも経験上理解しやすいと思います。でも、入浴が大切なのはそれだけが理由なのではありません。 仕事でも遊びでも、1日活動すると私たちの体には乳酸という疲労物質が溜まり、同時にアンモニアも生成されます。このアンモニアはツンとくる体臭の原因となり、乳酸が増えれば増えるほどアンモニアも増加します。 そこで、1日の終わりにお風呂に入れば血行が促進され、新陳代謝が高まるため、溜まった乳酸も排出されやすくなります。乳酸が除去されればアンモニア量も減少するので、体臭を防ぐことができるのです。 逆に言うと、入浴を怠れば体内からうまく乳酸を排出できなくなり、体臭を強めてしまいます。

 

体臭を防ぐには湯船につかることが大切

体臭を防ぐための入浴方法として基本となるのは、湯船につかることです。

いい汗は無臭、悪い汗はにおう

湯船につかると、無臭の「いい汗」をかきやすいと言われています。「いい汗」というのは、においの元となる成分が含まれないサラサラとした汗で、汗をかいてもほとんどにおいません。 一方、「悪い汗」には塩分やミネラルが含まれていてベタつきがあります。悪い汗が皮膚に付いたままにしていると、雑菌が繁殖してにおいが発生しやすくなります。また、粘性があるため蒸発しにくく、熱がこもってさらに汗が出るという悪循環に陥りやすいです。

湯船につかって汗腺を鍛える

なぜ、湯船につかれば無臭のいい汗をかけるようになるかというと、汗腺の機能がしっかり働くようになるからです。反対に、汗腺がうまく働いていないとベタベタした悪い汗になりやすいと言われています。

汗腺は、普段ほとんど汗をかかないでいると衰えてしまいます。そのため、あまり運動をしない人やエアコンの効いた室内で過ごすことが多い人は、汗腺の機能が低下して、ベタベタした悪い汗になりやすいです。

そこでおすすめしたいのが、汗腺を鍛える入浴方法です。まず、浴槽に42〜43度の熱めのお湯を少なくはり、ひじ下とひざ下をつけます(風呂用のイスに座るとラク)。そのまま10〜15分くらい待つのですが、5分くらい経つと汗が流れ出るはずです。そして、15分程度経ったらそこにぬるま湯を足し、全身をつかりましょう。 この方法は汗腺トレーニングと呼ばれ、全身の汗腺の機能を高めることができます。

 

体を洗う時の注意点

体臭を効果的に防ぎたいなら、体の洗い方にも気を付けましょう。

ゴシゴシ強くこすらない

まず、ゴシゴシと強くこするように体を洗うのはNGです。体の汚れを落とそうとすると、つい力を入れてしまいがちですが、ゴシゴシ洗うと逆に体臭を強めてしまいます。

体臭を左右する要因のひとつは、皮膚で汗や皮脂などを分解する細菌です。皮膚の上にいる細菌には、いいにおいを出す表皮ブドウ球菌の他、悪臭を出す黄色ブドウ球菌やジフテロイド菌などが生息しています。 表皮ブドウ球菌には皮膚を健康な酸性の状態に保つ役割があり、汗や皮脂をエサとしています。そのため、洗浄力の高いボディソープなどでゴシゴシ洗うと皮膚に必要な細菌も洗い流され、エサとなる皮脂膜もなくなってしまいます。 そうすると、悪臭を出す細菌が優位な状態になり、アンモニアや硫化水素などのにおいが強まってしまうのです。

体を洗うときは除去力の高いナイロンタオルなどは避け、天然素材の柔らかいボディタオルでやさしく洗いましょう。ボディソープや石鹸の泡を手にとってなでるように洗うのもおすすめです。

洗い残ししやすい部位とは

洗い残ししやすく体臭につながりやすい部位は、背中や耳の後ろ付近です。 体臭が気になる部位としては、腋の下や頭皮、デリケートゾーンなどが挙げられますが、手が届きにくい背中や自分では見えない耳の後ろは盲点になりやすいので要注意です。 背中や耳の後ろも皮脂の分泌量が多く、体臭が発生しやすい部分なので意識的に洗うようにしましょう。

 

お湯にプラスで体臭予防効果

お風呂の湯船に加えると、体臭を予防する効果が高まるアイテムをご紹介しましょう。

重曹風呂

アルカリ性の重曹には毛穴に溜まった汚れをソフトに除去する効果があるので、体臭の軽減にもつながります。汚れが溜まった皮膚は酸性に傾きますが、アルカリ性の重曹風呂につかると古い角質や角栓が柔らかくなって取れやすくなります。

湯船に入れる重曹の目安量は、お湯200リットルに対して40グラム程度です。市販の重曹には色々なグレードのものがありますが、食用グレードであれば口に入っても安全です。よくかき混ぜてから入浴しましょう。

クエン酸風呂

体臭予防には、お酢を加えたクエン酸風呂もおすすめです。お酢を入れた湯船に入ると、皮膚が弱酸性に保たれて悪臭を放つ細菌の繁殖を抑えてくれます。また、汗腺からお酢の成分であるクエン酸が吸収されると、においの元となるアンモニアや乳酸の生成を防ぐ効果もあります。

クエン酸風呂にするには、200リットル程度の湯船にお酢をコップ1杯程度もしくはクエン酸の粉末を大さじ2〜3杯程度入れればOKです。

ミョウバン風呂

ミョウバンには消臭作用や制汗作用があり、粉末を湯船に入れると体臭予防につながります。ミョウバンがなぜにおいを抑えるかというと、水に溶けると酸性になる性質があり、におい成分を中和したり皮膚の上で雑菌が繁殖するのを防いでくれたりするからです。

ミョウバン風呂を作るには、まずミョウバン水を用意します。1.5リットルのペットボトルに水を入れ、市販の焼きミョウバン50グラムを加えてよく振ります。ミョウバンはすぐ溶けないので濁っていますが、冷暗所に1日置いておけば透明になります。 このミョウバン水を、たっぷりはった湯船に50ml程度入れればミョウバン風呂になります。ただし、敏感肌の方が濃度の高いミョウバン風呂に入ると肌荒れすることがあるため、デリケートな肌質の方は少量から始めましょう。

 

まとめ

毎日の入浴は、体の汚れを除去するだけではなく、アンモニア臭の元となる乳酸が体内に蓄積されるのを防ぐなど体臭予防効果もあります。 体臭を予防する効果を高めるには、シャワーだけで済ませず、湯船につかって汗腺を鍛えるのがおすすめです。汗腺の機能を高めれば、悪臭を放つベタベタの「悪い汗」ではなく、サラサラで無臭の「いい汗」が出やすくなります。

また、体をゴシゴシと強くこするとかえって体臭がきつくなるため、体を洗う際はソフトな素材のボディタオルを使うか、手に泡をとってなでるように洗いましょう。背中や耳の後ろなど、洗い残ししやすい部位も丁寧に洗浄してください。

さらに、湯船に重曹やクエン酸など、体臭予防につながるものを入れるのも効果的です。 ちょっとした工夫ですが、ご紹介したような方法を実践すれば、気になる体臭が軽減される可能性が高まります。できることから始めて、体のにおいを除去しましょう。