体臭はアルコールで臭くなる?その原因と予防法

お酒をたくさん飲んだ翌日に、体臭がきつく感じられた経験はありませんか?体臭はアルコールの影響で強まることがあるため飲み過ぎは要注意です。 そこで今回は、アルコールによって体臭が発生するメカニズムやアルコール臭を防ぐ方法などについて解説していきます。お酒が好きな方やお酒臭さが気になる方はぜひチェックしてください。

アルコールと体臭の関係

アルコールを大量に摂取した人の体からは独特のにおいがすることがありますが、それはなぜでしょうか。

アルコールで発生する「お酒臭さ」

お酒をたくさん飲んだ後に出てくる独特のお酒臭さは、アルコール自体に強いにおいがあることが大きな要因のひとつです。 アルコールの主成分はエタノールというにおいのある成分で、体内で代謝される過程でさらにアセトアルデヒドや酢酸といった強いにおいを放つ成分に変化します。 こうしたアルコール臭の成分は、通常は肝臓で解毒されて無害な物質となって体外に排出されます。でも、分解酵素による代謝が追いつかなかったりすると、そのまま全身にまわって汗や呼気と一緒に放出され、お酒臭さにつながるのです。

なお、アセトアルデヒドが血中に溶け込むと柿が腐ったようなにおいが発生し、体臭も不快な甘ったるいにおいになってしまいます。

アルコールの発汗作用も体臭増強の原因に

お酒臭さの原因はアルコール自体のにおいにあるだけではなく、アルコールの発汗作用にもあると考えられています。

アルコールには血管を拡張して血流を促進させる働きがある他、体温調節をつかさどる中枢機能を刺激する作用もあります。そうすると連動して汗腺も活性化されるため、発汗量が急増します。 急激に増えた汗の中には、通常の汗よりにおい成分が多く含まれているため、さらに体臭がきつくなってしまうのです。

 

アルコールを摂り過ぎると出る「疲労臭」

お酒の飲み過ぎは「疲労臭」にもつながると言われています。疲労臭は、その名のとおり疲労の蓄積が原因で発生する体臭で、過労や睡眠不足など疲れを溜め込みやすい現代人に増えています。 では、アルコールを摂り過ぎるとなぜ疲労臭が出てくるのか、発生メカニズムを見ていきましょう。

疲労臭発生のメカニズム

疲労臭はツンとくるようなにおいが特徴で、その原因は体内で発生したアンモニアだと考えられています。

アンモニアは、タンパク質が体内で分解される際に発生する物質で、筋肉の疲れを回復させる過程や腸内細菌の分解作用などによって増加します。 通常、体内で生成されたアンモニアは肝臓で尿素に分解され、尿と一緒に排出されるため、悪臭につながるほど溜まってしまうことはありません。でもお酒を飲み過ぎると、許容できるアルコールの分解量をオーバーして肝臓の働きが低下してしまうことがあります。 そうすると、代謝しきれなくなったアンモニアが血液に混ざって全身を巡り、汗や呼気からアンモニア臭がするようになるのです。

アルコール以外も疲労臭の原因に

疲労臭の原因はアルコールだけではありません。肉体的な疲労や精神的なストレスもアルコールの代謝機能を低下させますし、肥満傾向の方に見受けられる脂肪肝の場合も肝臓の本来の働きを弱めてしまいます。 また、便秘気味の方もアンモニア臭に要注意。腸内に老廃物が長時間溜まったままでいると、アンモニアなどの悪臭ガスが発生して血液に乗り、ツンと鼻にくるような体臭を引き起こすことがあります。

このように、疲労臭は心身の疲れが反映される体臭なので、自分の体からアンモニア臭がする場合は休息が必要だと思った方が良いでしょう。

 

アルコールによる体臭を防ぐには

アルコールの摂り過ぎによる体臭を放置していると、周りの人からの印象も悪くなってしまいます。以下に対策方法をご紹介するので、できることから実践しましょう。

アルコールを摂り過ぎない

まず気をつけたいのが、そもそもアルコールを飲み過ぎないということです。健康に悪影響を及ぼさない1日あたりの適度な飲酒量は、ビールだと500ml程度、日本酒だと1合程度が目安とされています。 ただし、アルコールの代謝能力には個人差があるため、お酒を一口飲んだだけで酔っぱらってしまう方もいます。また、男性より小柄でアルコールを分解するスピードも遅い女性は、男性の6割程度の飲酒量が適量のようです。

お酒を飲んで顔が赤くなったり、頭が痛くなったりするのは先ほどご説明したアセトアルデヒドの影響だと考えられています。このような症状が出る場合は、アルコールがうまく分解できずに、体臭につながる可能性があるため、酔うまでお酒を飲むのはNGです。

アルコールを摂るときは水も一緒に飲む

お酒を飲むときは、水も一緒に飲むようにするとアルコール臭を軽減できます。体臭は血液中のアルコール濃度が高いと強くなりやすいので、水を一緒に摂取して血中濃度を薄めることは有効です。 仕事のつき合いなどで飲酒量がどうしても増えてしまう場合は、お酒と一緒に水もオーダーし、こまめに水分補給するようにしましょう。

アルコール度数の高いお酒は、ストレートではなく水割りやお湯割りにするのがおすすめです。 また、空腹の状態でアルコールを摂取すると体内に吸収されやすくなるため、ある程度食べ物を口にしてから飲むようにしてください。特に高タンパク食品は肝臓の機能を高める作用があるため、肉や卵、豆腐などのタンパク質が多い食品を先に食べると良いでしょう。

アルコールを摂った日の寝る前と翌朝にシャワーを浴びる

お酒を飲んだら、寝る前と翌朝にシャワーを浴びて体を清潔にすることも体臭予防の観点で必要です。 たくさん飲んだ日はそのまま寝てしまいたくなる気持ちもわかりますが、皮膚にはアルコール臭い汗や皮脂が付着しています。そのままにしていると、翌日にお酒臭さを持ち越してしまうため、面倒でもその日のうちに洗い流すようにしましょう。 浴槽にお湯を張り、湯船につかると血流が良くなり代謝が促進されますが、お酒をたくさん飲んだときは気分が悪くなる可能性もあるため、飲酒量によってはシャワーだけにした方が良いかもしれません。 また、時間に余裕があれば、翌朝も外出前に軽くシャワーを浴びるとなお良いです。

オルニチンを摂る

肝臓でアンモニアが分解されるのを促進する、オルニチンを補給するのも効果的です。

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、アンモニアを尿素に変換して解毒する他、疲労回復を促す作用もあります。お酒を飲むときはシジミやチーズなどオルニチンの含有量が多い食品を意識的に摂取し、代謝を促進させましょう。食品で補給するのが難しい場合は、サプリメントを活用するのもおすすめです。

 

まとめ

ここまで、アルコールと体臭の関連性やアルコール臭を防ぐ方法について解説してきましたが、参考になる情報はありましたか?

お酒を飲み過ぎると体から独特のにおいが漂うのは、主にアセトアルデヒドなどの強いにおいを放つアルコール成分が汗や呼気と共に放出されるためです。また、アルコールは発汗量を増やしてにおいを助長する他、過剰摂取は肝臓の機能を低下させて疲労臭の発生も促します。

アルコールによる体臭を防ぐには、アルコールの適量を守って節度ある飲み方をすることが第一に大切です。アルコールの血中濃度を薄めるために、お酒と一緒に水を飲むのもおすすめです。また、お酒を飲んだ後の汗や皮脂にはにおい成分が混ざっているので、シャワーでしっかり洗い流すことも大切ですし、オルニチンを多く含む食品やサプリを摂取して肝臓の代謝力を高めるのも有効です。

お酒臭い状態を放置するのはスメルハラスメントにもつながるため、自覚の有無にかかわらず、お酒を飲むときはご紹介した予防方法を実践しましょう。