体臭の原因は食べ物にも!注意したい食事・食べ物とは

「最近、なんだか体臭がきつくなった気がする」という方は、食生活に原因があるかもしれません。体臭は食べ物の影響を受けることがあり、偏りのある食生活だと体臭が強くなりやすいので要注意です。 そこで今回は、体臭の原因となる食べ物や、体臭予防に役立つ食べ物をご紹介します。体臭につながる要因がないか、ご自身の食生活と照らし合わせてみましょう。

体臭と食べ物の関係

体臭の強さやにおいの種類は食べ物によって変化しやすく、毎日の食生活を反映すると言われています。 体臭は、汗や皮脂が皮膚上の雑菌と混ざったり酸化したりすることによって発生しますが、食生活が偏っていると通常よりにおいがきつくなる傾向があります。それはなぜでしょうか。

体臭は汗や皮脂量に影響される

体臭は汗や皮脂の分泌量が多いほど強くなりやすいです。なぜなら、皮膚に生息している雑菌がそれらをエサにして繁殖して悪臭を放つ他、酸化された皮脂からは独特のにおいが出るからです。 そして、特定の食べ物ばかり食べていると発汗量が増えたり、皮脂の過剰分泌を招いたりすることがあるため、バランスの良い食事を摂ることが体臭予防の観点からも重要です。

 

体臭の原因となる食べ物

では、具体的にどのような食べ物が体臭の原因になりやすいのか、代表的なものをチェックしていきましょう。

肉類

体臭を強める食べ物としてまず注意したいのが、肉類です。 肉類は体づくりに欠かせないタンパク質が豊富な食品ですが、タンパク質は体内で分解されるときにアンモニアを発生させます。そのため、肉類を食べ過ぎるとアンモニアが大量に発生し、汗や皮脂に混ざって鼻につくような体臭を引き起こしやすくなります。

また、肉類過多の食生活は腸内環境を悪化させやすいです。タンパク質は腸内で悪玉菌のエサとなるため、たくさん食べるとアンモニアや硫化水素といった悪臭ガスの元の大量に発生させ、強い体臭につながるのです。 タンパク質を摂ると体温が上昇し、発汗しやすくなるという点も体臭を助長させる要因となっています。

脂肪分の多い食べ物

脂の乗ったお肉や揚げ物、バターやチーズ、スナック菓子など、脂肪分の多い食べ物も体臭を強めてしまいます。 脂質は体内で酸化しやすい性質があるため、脂質の多い食品を好んで食べていると独特の酸化臭を発生させます。さらに皮脂の分泌量も増えるので、体臭がきつくなると考えられています。また、脂質も腸内で悪玉菌のエサになるため、悪臭ガスの発生を招きやすいです。

にんにく

にんにくにはアリシンという成分が含まれていて、体内で分解される際に強いにおいが発生します。にんにくを食べると口臭が強くなるのはよく知られていますが、アリシン由来のにおい成分が血液に取り込まれて全身にまわると、皮膚から放出されて体臭になってしまいます。

にんにくは疲労回復やスタミナアップに役立つ食品ですが、アリシン由来のにおいはすぐには消えないので、翌日の予定を確認した上で食べることをおすすめします。アリシンはニラにも多く含まれているので、同様に注意しましょう。

辛い食べ物

唐辛子など香辛料がたっぷり入った辛い食べ物は、発汗量を増やすので体臭も強くなりやすいです。 上記でご説明したように、体臭は汗や皮脂の量が多いほど強まってしまうため、スパイシーな食べ物をたくさん食べて大量に汗をかくと、皮膚の雑菌が繁殖して悪臭を発生させます。 また、汗をたっぷり吸った衣類をそのまま着ていると、湿気がこもってさらににおいを強める原因となるため要注意です。

アルコール

アルコールは、肝臓で代謝されるとアセトアルデヒドや酢酸といったにおいの強い成分に変化し、お酒臭い体臭を引き起こします。 アルコールがしっかり代謝されれば大部分は尿と共に排泄されるのですが、摂取量が多いと代謝しきれず、においの元となる成分が汗や呼気と一緒に放出されてしまうのです。

また、アルコールには発汗作用があるため、たくさん飲むと汗の量が増えて体臭をさらに強めるという側面も。お酒を飲むと唾液の分泌量が減少し、口の中を乾燥させやすいところは、口臭を強める要因にもなっています。

 

体臭予防に役立つ食べ物もある

ここまで、体臭の原因となる食べ物についてチェックしてきましたが、反対に体臭予防に有効な食べ物もあります。

抗酸化食品

体臭を防ぐには、以下のような抗酸化作用の高い食品を意識的に摂るようにしましょう。

・ 色の濃い野菜(ピーマン、ほうれん草、人参、トマト、パプリカなど)

・ ビタミンCが豊富な果物(キウイ、オレンジ、イチゴなど)

・ ビタミンEが豊富な食品(ナッツ類、アボカド、ごま油など)

・ ポリフェノール豊富な食品(コーヒー、赤ワイン、ブルーベリーなど)

ビタミンAやビタミンCが豊富な野菜は全般的に抗酸化作用が高くておすすめですが、見分け方がわからない場合は色の濃い野菜を選びましょう。 こうした食品を摂取すれば、タンパク質や脂質が酸化されるのを防いで酸化臭の抑制につながります。

アルカリ食品

アルカリ性の食品には、体内で産生される乳酸などのにおい成分を抑制して体臭を軽減する作用があります。 肉類などのタンパク質を多く食べると体内は酸性に傾き、体臭の原因となる乳酸が増加します。そこで、以下のようなアルカリ食品を摂取すれば、酸性に傾いた体液を中和させ、においの発生を防ぐことができるのです。

・ 梅干し

・ 海草類(わかめ、めかぶ、もずくなど)

・ 柑橘類(レモン、オレンジ、グレープフルーツなど)

・ 緑色の野菜(ほうれん草、小松菜など)

・ 大豆製品(豆腐、納豆など)

・ お酢

梅干しはアルカリ食品の代表格であり、殺菌作用もあるため口臭予防にも効果的で特におすすめです。アルカリ食品は酸味のあるものが多いので、苦手な方は海草類や大豆製品などを積極的に食べましょう。

腸の調子を整える食べ物

善玉菌を増やし、腸の調子を整える食べ物も体臭予防に有効です。

腸内に悪臭ガスを発生させる悪玉菌が増えると、におい成分が血液に取り込まれて体臭につながります。そのため、腸内環境を改善する食べ物を積極的に摂取すれば悪臭ガスを抑えることが可能です。

・ 食物繊維の多い食品(ごぼう、サツマイモ、オクラ、海草類、きのこ類など)

・ 乳酸菌の多い食品(ヨーグルト、味噌、ぬか漬け、キムチ、塩麹など)

・ オリゴ糖の多い食品(大豆などの豆類、たまねぎ、ごぼう、バナナなど)

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類に分けられます。オクラや海草類などの水溶性食物繊維は便を柔らかくする作用があり、ごぼうやサツマイモなどの不溶性食物繊維は便の量を増やして便通を促進させる働きがあります。 乳酸菌はそれ自体が善玉菌の一種ですし、オリゴ糖は善玉菌のエサになるため、一緒に摂取すれば相乗効果も期待できます。

 

まとめ

体臭は毎日の食生活の影響を受けやすいので、偏食気味の方は注意が必要です。

体臭を強める食品としては、肉類を中心としたタンパク質や脂質、辛い食べ物などが挙げられます。こうした食品は体内で悪臭ガスを増加させる他、発汗量を増やすなどして体のにおいをきつくしてしまいます。

アルコールもアセトアルデヒドなどのにおい物質を増やすので、脂っこい肉料理やスパイシーな食べ物と一緒にお酒を飲む場合は特に気をつけましょう。

反対に体臭を防ぐには、抗酸化作用の高い食品やアルカリ食品、腸内環境を整える食品が有効です。そのため、体臭を強めるものを食べる際は、体臭予防になる食品も一緒に摂取するなどバランスの取れた食事を心がけましょう。