体臭を変える!食事やサプリで臭いにおい対策

自分の体臭が気になると、人とのコミュニケーションに対して消極的になりがちです。コミュニケーションをうまくとれないと、仕事にも支障をきたす可能性があります。体臭を変えるために、なぜにおいが発生するのかを知り、そのうえで日常生活の見直しやサプリで体臭対策をしましょう。ここでは、体臭を変えるための食事やサプリなどによる対策法をご紹介します。

まずは体臭発生のメカニズムを知ろう

体臭には、汗のにおい、わきがのにおい、加齢によるにおいなどがあります。それぞれのメカニズムを確認したうえで、適切に対処しましょう。

汗臭発生のメカニズム

汗は、エクリン腺とアポクリン腺から分泌されます。体温調節機能に関係しているのは、エクリン腺です。エクリン腺から分泌される汗は、ほとんどが水分で構成されています。そのため、体臭の直接的な原因にはなりません。それに対してアポクリン腺から分泌される汗には、アンモニアやタンパク質、脂質など様々な老廃物が含まれています。それがにおいの元となり、体臭を発生させるのです。

わきが臭発生のメカニズム

刺激臭がする場合は、アポクリン腺から老廃物を含む汗が分泌されており、それを皮膚の常在菌が分解してしまっている可能性があります。この症状をわきがといい、正式には腋臭症(えきしゅうしょう)といいます。わき毛が濃い人や肥満の人などによくみられます。

わきがは欧米人に多い症状ですが日本人には少ないため、敬遠されがちです。それだけ精神的なストレスの原因となりやすいため、体臭を変えるよう対策することが大切です。

加齢臭発生のメカニズム

加齢臭は、加齢とともに気になってくるにおいのことです。加齢臭と言えば、男性特有のものというイメージを持っている方もいるでしょう。実は、男女問わず起こり得るものなのです。

皮膚の表面にある皮脂は、肌を守る役割を果たしているのですが、増えすぎるとにおいの原因となります。皮脂は、加齢によって増えやすくなるため、加齢臭と呼ばれているのです。 皮脂は、活性酸素によって酸化します。その際に発生するルネナールというにおい物質が増え、加齢臭が引き起こされます。

 

体臭を変えるにはまず日常生活の見直しから

体臭を変えるためには、身体の内側からケアをする必要があります。

食生活の見直し

タンパク質や脂質の摂りすぎは、体臭の悪化に繋がります。タンパク質が分解される際には、アンモニアのような刺激臭の物質が発生します。さらに、脂肪も分解されると、においの原因となる脂肪酸へと変わるのです。そのため、肉類やケーキ、チョコレート、ナッツ類などを摂りすぎないようにすることが大切です。

また、腸内環境が悪くなることも、体臭の原因となります。タンパク質の摂りすぎは悪玉菌の増加による有害物質の発生に繋がります。有害物質は、不快なにおいを発生させるため、悪玉菌を増やさないようにする必要があるのです。善玉菌とバランスをとっている善玉菌を増やすために、ヨーグルトや納豆など善玉菌を含む食品や、食物繊維などを意識的に摂りましょう。

入浴方法・洗い方の見直し

肌の表面にいる常在菌が老廃物をエサにして増えると、体臭の悪化に繋がります。そのため、殺菌成分が含まれている石鹸などで身体をしっかり洗うことが大切です。ただし、殺菌しすぎると、常在菌のバランスが崩れて肌トラブルの原因となります。そのため、洗いすぎないことが重要です。1日1回、夕食後などに入浴しましょう。その際には、石鹸をしっかり泡立てて、優しく丁寧に洗ってください。特に、汗をかきやすいわきの下や足の指の間、ひざやひじの裏などを入念に洗いましょう。

洗浄成分が肌に残ると体臭の原因となるため、十分に洗い流してください。また、入浴後は髪を必ず乾かしてから寝ることが大切です。髪が濡れたままだと、においが髪へと移りやすくなるため、においの悩みが増えてしまいます。

ストレス・睡眠不足に注意

ストレスが溜まると、汗の分泌量が増えます。そのため、体臭の悪化に繋がるのです。

ストレスは、仕事や私生活など様々なところで受けるため、できるだけこまめに解消させることが大切です。また、睡眠不足もストレスに繋がります。最適な睡眠時間は人によって異なりますが、1日6時間以上は寝るようにしましょう。

また、良質な睡眠をとることで、睡眠時間に対してストレス解消効果が高くなります。途中で何度も目覚めてしまうと、睡眠時間が長くてもストレスは解消できません。 寝る前に利尿作用のあるアルコールやカフェインを摂らないようにしましょう。また、スマホやテレビなどを見ていると、頭がさえて眠りにくくなります。部屋は薄暗くして、早めに床につき、リラックスして過ごしましょう。

 

体臭を変える成分もある?摂るべきサプリとは

生活習慣を改善するだけで体臭を抑えられることもあれば、あまり変わらない場合もあります。変化がみられない場合は、体臭を変えられる可能性があるサプリを試しましょう。サプリは、1~2粒で多量の成分を摂取できる便利なものです。ただし、過剰摂取になりやすいため、用法用量を守って飲みましょう。体臭を変えられる可能性がある成分は次のとおりです。

ポリフェノール

ポリフェノールには、強い抗酸化作用があります。抗酸化とは、酸化を抑える働きのことです。体臭に関係している皮脂の酸化を抑えることで、加齢臭などを対策できる可能性があります。

また、皮脂を酸化させる活性酸素は、ストレスによって発生します。ポリフェノールには、活性酸素そのものを取り除く働きもあるため、皮脂の酸化による体臭対策に最適なのです。現代社会では、ストレスを受ける機会が多いため、しっかり対策していきたいところでしょう。 ポリフェノールは、赤ワインやコーヒー、ココア、サツマイモなどに含まれています。これらの飲食品は大量に摂ることが難しいため、サプリで補うのがおすすめです。

クエン酸

クエン酸には、悪玉菌や雑菌を減らし、体臭を抑える効果が期待できます。レモンや梅干し、酢などに含まれていますが、酸味が強いため多量に摂ることは難しいでしょう。サプリであれば、味を感じることなく飲み込めるため、クエン酸を十分に摂ることができるのです。

なお、クエン酸を摂っても、汗のにおいによる体臭を抑えることは難しいでしょう。クエン酸によって改善が期待できるのは、主に加齢臭です。 わきがによる体臭にも効果が期待できますが、わきがはアポクリン腺から分泌される汗に含まれる老廃物が原因であるため、雑菌や悪玉菌が減ってもにおいを大きく抑えることはできません。

クロロフィル

消臭と殺菌の作用がある成分です。また、細菌の増殖を押さえたり、肺からにおいの原因物質を排出させたりする働きもあるなど、におい対策には欠かせない成分と言えます。消臭作用は、汗によるにおい、加齢臭、わきがによるにおいなど、あらゆるにおいに対して有効です。また、細菌の増殖を抑える働きと殺菌作用によって、汗に含まれる老廃物を分解して発生するにおいの軽減が期待できます。 ただし、汗のにおいの元を絶たなければ、クロロフィルによってにおいを完全に抑えることはできません。

 

まとめ

においの原因は様々で、それぞれに適した対処法があります。適切に対処することで、体臭を変えて悩みを減らすことが可能です。汗に含まれる老廃物を減らし、皮膚の増えすぎた常在菌を殺菌することで、汗やわきがによるにおいを抑えられるでしょう。

また、加齢によって増える皮脂の分泌を抑えるために、食事の見直しも必要です。それに加えて、におい対策に有効とされる成分のサプリを常用することで、効率的に体臭を変えられるでしょう。体臭は、加齢とともに悩みやすくなるため、普段からにおいにくい生活を心がけておくことが大切です。