体臭の原因とは?食べ物や病気も体臭の原因に!

欧米人に比べて日本人は、比較的体臭が少ないといわれています。それでも自分のにおいが気になると悩んでいる人は、意外と多いようです。 そもそも体臭の原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。原因がわかれば、おのずとその対策方法も見えてくるはずです。 今回は、体臭の原因について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

体臭のもとは汗と皮脂

清潔にしているはずでも気になる体臭。その原因には、実は汗と皮脂が深く関わっています。 人間の体は常に活動をしていますので、状態に応じて皮脂や汗が分泌されます。寝ている間にすら体は活動を続けていて、体温調節のために汗を排出し続けているのです。 その汗や皮脂がどのように体臭と関わっているのか、まずは体臭が発生するメカニズムについてご紹介しましょう。

体臭が発生するメカニズム

人間の体が皮膚に覆われていることは誰もが知っているでしょう。では、汗や皮脂はなんのために排出されているのかご存知ですか?

簡単に説明すると、汗は体温を調節するため、皮脂は皮膚の乾燥を防ぐためです。どちらも体にとって不要なものではなく、それぞれにちゃんと役割を持っているわけですね。

汗は汗腺から、皮脂は皮脂腺から排出されますが、それらにはもともとにおいがありません。 汗をかいたあとは「汗臭い」と思うこともあるでしょう。においがないのにどうしてそう感じるのか。それは皮膚上に存在している常在菌が影響を及ぼしているからです。 皮膚から排出された汗や皮脂が常在菌と混じることで、酸化・分解され、においの成分を発生しているのです。

汗や皮脂によるにおいの違い

汗と皮脂は別物ですから、分解される成分やにおいも異なります。そしてさらに汗は2つの種類にわかれていて、やはりにおいに大きな違いがあります。

汗腺はエクリン腺とアポクリン腺という種類にわかれていて、排出される汗の成分もそれぞれ別物です。全身にくまなくあるエクリン腺から出る汗は、そのほとんどが水分で構成されています。しかし、わきや性器などの周辺に分布しているアポクリン腺から出る汗は、水分のほかに脂肪酸や脂質・タンパク質を多く含んでいます。

エクリン汗は無臭でさらっとしていますが、アポクリン汗はべたべたしていて特有のにおいがあり、どちらも常在菌と混ざることで強いにおいを発します。主に体臭として認識されやすいのは、アポクリン汗のほうです。

 

体臭が強くなる原因となる食べ物

前述のように、アポクリン腺から出る汗には脂肪酸やタンパク質などが多く含まれています。 これらの成分は、もとを辿れば食べ物から体内に取り込まれたものであり、食事の内容によってにおいも変わるということになります。 体臭を改善したいと思うのであれば清潔を心がけるのはもちろんですが、食事の内容にも気をつけるべき、ということがわかりますね。 ここでは体臭が強くなる原因となりやすい食べ物について、さらに詳しく解説をしていきましょう。

肉類

男性であれば肉好きな人もきっと多いはず。しかしながら肉は、タンパク質の塊です。 肉類の多い食生活はアポクリン汗にタンパク質が出やすいだけではなく、タンパク質を消化するために消化器官が活発化します。 消化器官が活発に動くということは、それだけエネルギーを消費するということ。つまり体温が上がり、汗をかきやすくなります。 汗をかきやすいうえにタンパク質が多く含まれているのでは、体臭が強くなってしまうのも納得できますよね。

にんにく

にんにくにはアリインという成分が含まれています。このアリインは切ったりつぶしたりすることでアリシンという成分に代わり、あの独特のにおいを発します。そのにおいの強さは説明するまでもなく、とても強烈です。

ただ、アリシン自体はビタミンB1と結びつくことで健康に良い効果があるとされています。にんにくを食べると疲労回復に良い、滋養強壮になる、という話は皆さん耳にしたことがあるのではないでしょうか。実際に抗酸化作用や殺菌作用があり、相性の良い食材と組み合わせることで健康維持に役立てることができます。

だからといって食べすぎると体臭の原因となってしまいます。汗のにおいが強くなるだけでなく、口臭の原因にもなりえますので、くれぐれも食べすぎには注意をしましょう。

動物性脂質

動物性脂質の摂りすぎは、腸内でタンパク質が腐敗する原因になります。 体の中で腐るなんてありえない!と思われるかもしれませんが、体内でも腐敗は起こります。 腸内で食べ物が腐ると、におい成分が発生します。その成分がガスや老廃物とともに体外へ排出され、体臭の原因に。 とくにチーズや牛乳が好きな人は要注意です。

辛い食べ物

辛い食べ物を食べると、その刺激のせいか、涙や汗が出ることがありますよね。 実は唐辛子などに含まれる辛み成分カプサイシンには、アドレナリンの分泌を促す効果があります。それによってエネルギーや脂肪の代謝が促進され、汗をかきやすくなります。 辛いものを食べると汗が出やすくなる、ひいては体臭の原因になるということです。体臭が気になる人は、ぜひ覚えておいてくださいね。

辛い食べ物

お酒を飲みすぎてのどがカラカラ……といった経験のある人も多いのではないでしょうか。 アルコールを大量に摂取すると唾液が出にくくなります。唾液が出にくいということは、口内の細菌が繁殖しやすいということ。つまり、口臭の原因となるのです。 また、アルコールは体内でアセトアルデヒドという成分に分解されます。この成分が肺や汗腺に届けられ、結果として呼気・汗がにおうことになります。

 

体臭は病気が原因で起こることも

食べ物で体臭が強くなる可能性については前述の通りです。 しかし考えられる原因はそれだけではありません。何らかの病気が原因でにおいが強くなるケースもあるのです。 ここでは体臭の原因となる病気についてご紹介しておきましょう。

わきが

アポクリン腺から出る汗は皮脂と混ざり、細菌分解されることで強いにおいを発することがあります。一般的にはこれをわきがといいます。

わきがは多汗症の人や動物性脂肪の多い食生活をしている人に多く見られ、その強烈なにおいのせいで周囲に不快感を与えてしまうことも。 腋臭症とも呼ばれ、専門のクリニックで治療を受けることができます。

脂漏性皮膚炎

湯船にしっかり浸かって汗を出すことが体臭の予防には必要です。体の疲れとともに溜まっていく乳酸は、体内のアンモニアを増やす原因になります。これは体内の毒素が乳酸の増加により充分に分解できなくなることによって起こります。疲労による体臭はこのようなメカニズムで発生するため、入浴時にしっかりと汗をかくことで血の巡りを良くし、疲労を回復することが対策となります。

入浴でしっかりと汗をかくにはぬるま湯が最適です。38度から40度くらいの温度のお湯によく浸かることで充分な発汗をすることができます。日常生活で汗をかく機会があまりない人、汗をかきにくい人は、汗を分泌する汗腺の機能も衰えがちです。時間をかける入浴でしっかりと汗をかくことは新陳代謝を良くして体臭予防に繋がります。ぜひ汗をかくことを意識しながら入浴するように心がけてみてください。

体をゴシゴシ洗わない

皮脂が分泌過多になったり細菌感染を起こしたりすると、脂漏性皮膚炎という病気を発症する場合があります。 頭、顔、わきなどの部位に症状が現れることが多く、やはり強いにおいを発します。 毎日洗髪しているのにフケが出る、洗顔をしても顔が脂ぎっているなどの症状がある人は、早めに皮膚科へ相談をしましょう。

糖尿病

糖尿病になると体内のインスリン作用が低下します。インスリンの作用が低いと糖のエネルギー変換をうまく行うことができなくなり、代わりに体脂肪をエネルギーへと変換することになります。 このときに発生するケトンという物質が強いにおいを発し、結果として体臭が強くなるというわけです。糖尿病と体臭、なかなか結びつかないかもしれませんが覚えておくと良いでしょう。

肝臓の不調

肝臓には体内で発生したアンモニアを分解するという機能があります。肝臓病や肝硬変などによって肝機能が低下すると、アンモニアが分解されにくい状態になるわけです。 アンモニアはとても臭いの強い物質です。分解されなかったアンモニアは皮膚や吐息から放出され、それが体臭として認識されることになります。

 

まとめ

毎日体を洗っていてもにおいが気になる、そんな体臭は食事や病気が原因かもしれません。 ぜひこの記事を参考に、体臭の改善を考えてみてくださいね。