体臭がきつい人の特徴! 自分がくさいか確かめるには

満員電車などで周りの人から避けられている気がする。話している相手の態度が何となく変に思える。そんなことがきっかけで、「もしかすると自分の体臭がきついのでは…」と悩んでいませんか?体臭は自分ではわかりづらいし、人に聞くのもためらわれます。体臭がきついかどうかセルフチェックして、必要なら今日からでもにおい対策を始めましょう。

体臭は自覚しにくい

他人の体臭はとても気になるのに、自分のにおいは案外気にならないのはなぜでしょう?

自分の体臭に気づきにくい理由

悪臭でも芳香でも、同じにおいを長期間にわたってかいでいると、そのにおいに対して無頓着になってきます。これは、嗅覚がにおいに「順応」して、においを感知する神経の働きが低下するせいです。さらに同じにおいをかぎ続けると、「馴化」といって、そのにおいに馴れ過ぎてわからなくなります。自分の体臭も同じで、いつもかいでいるうちに順応や馴化が起こって、気づきにくくなります。

なぜこのような現象が起こるのでしょうか。もし、そのにおいが普段かいだものでないなら、嗅覚を敏感して、危険なものでないか判断する必要があります。しかし常にかいでいるにおいなら、こうした反応が不要です。においの記憶は容量が案外小さく、においの情報を脳に伝える神経は馴れたにおいを遮断することで限られた記憶容量を有効に使おうとしているのです。

 

もしや自分も?体臭がきつい人の特徴

自分では気づきにくい体臭を客観的に判断するために、体臭がきつい人に共通する特徴をご紹介します。

耳垢が湿っている

耳垢がカサカサと乾いているか、しっとり湿っているかは、体臭のきつさを判断する材料となります。

わきがの原因となる汗を出すアポクリン腺という汗腺は、わきの下、デリケートゾーンなど体の限られた部分にしかありませんが、実は耳の穴にもあります。耳垢が湿っている人の場合、耳穴のアポクリン腺が活発に働いて汗を出していると考えられ、わきが体質で体臭がきつい可能性が高いと判断できます。

セルフチェックする場合は、綿棒で耳垢を取ってみてください。綿棒の先が少し湿っているくらいなら軽度ですが、綿棒にベッタリと耳垢がついている場合は、重度のわきが体質が疑われます。

汗じみが黄色い

暑い時期やスポーツをした時、緊張した時などは、誰でもわきの下に汗をかいて汗じみができることがあります。しかし、この汗じみが、黄色っぽいしみになっている、洗濯してもなかなか落ちないという場合は、わきが体質の可能性が高いと考えてよいでしょう。

全身にあるエクリン腺という汗腺から体温調節のために出る汗は、成分のほとんどが水分で、においはなくサラサラしています。これに対して、アポクリン腺から出るわきがの原因となる汗は、脂肪やタンパク質などを含んでいます。淡い乳白色の汗で、衣服の繊維にしみ込んで黄色いしみを作ります。このため、わきの汗じみの状態を確認するだけでセルフチェックが可能ですが、制汗剤や防臭剤などを使っていると含まれる成分の影響で色つきのしみができることもあるので、混同しないように注意してください。

肉類や乳製品をよく食べる

食生活は体臭と密接な関係があり、その人がどんなものを食べるかで体臭の強さをある程度判断できます。

体臭に悪影響を与える食べ物の中でも、特に悪臭の原因となりやすいのが肉類や乳製品です。肉類には豊富なタンパク質と動物性脂肪が含まれています。タンパク質が体内で分解される時には、悪臭のアンモニアが作られます。適量であれば肝臓、腎臓で処理されて体の外に排出されますが、大量に肉類を食べたり、内臓の機能が低下していたりすると過剰になったアンモニアが血流に乗って全身を巡り、体臭や口臭の原因になります。

また、動物性脂肪を摂り過ぎると皮脂の分泌が盛んになり、過剰になった皮脂が酸化されて体臭が発生します。一方、乳製品では消化し切れなかった乳糖に要注意です。大腸の中で腐敗して悪臭の元となるだけでなく、腸内環境が悪化して肝臓の働きにも悪影響を与えます。

汗をかきやすい

暑いとき、体を動かしたときは、誰でもたくさん汗をかきます。これは、発汗によって熱を蒸発させ、体温を一定に保とうとする体の自然な働きで、全身にあるエクリン腺という汗腺から汗が出ます。

しかし、わきがの原因となるアポクリン腺の汗は、季節などに関係なく分泌されます。このため、本来汗をかかない真冬やじっと静かにしているときでも汗をかくという場合は、アポクリン腺の活動が活発で、わきが体質の可能性が高いと考えられます。

 

体臭がきついか不安なら体臭対策を

前で紹介したセルフチェックの項目に当てはまる場合は、体臭がきつい可能性が高いと考えられます。早速、体臭対策をスタートさせましょう。

食事の見直し

食生活の見直しは、手軽にできて有効な体臭対策の一つ。毎日の食事で気をつけるべきポイントは、タンパク質と動物性脂肪を摂り過ぎないということです。肉類や脂っこい料理はできるだけ避けて、タンパク質は魚や大豆製品で補いましょう。

また、腸内環境を良好に保つために、食物繊維や乳酸菌、腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖なども積極的に摂取。乳製品でお腹がゴロゴロする人は乳糖の処理能力が低いと考えられるので、漬物など植物性の発酵食品で乳酸菌を補給するのがおすすめです。

肝臓に負担をかけるお酒の飲み過ぎ、口臭や体臭の原因になるにんにくなどにおいが強い食べ物も、できる限り避けるようにしましょう。

入浴方法の見直し

毎日の入浴も見直しましょう。できるだけ毎日入浴して体臭の原因となる皮脂や汗の汚れをしっかりと洗い流し、皮膚を清潔に保ってください。殺菌成分が配合された石けんやボディソープを使うのも効果的です。石けんなどはしっかり泡立たせてから使い、成分が残らないように丁寧に洗い流すことが大切です。成分が残ると体臭の原因になることもあります。

また、就寝中の発汗が気になる場合は、朝にシャワーを使うとよいでしょう。長時間浴びるとさらに発汗を招いてしまうので、ごく短時間でわきの下、足の裏など、汗をかきやすい場所を手早く洗い流すのがコツです。

適度に運動する

運動をすると汗をかいて体臭が発生すると思われがちです。しかし、適度な運動は汗腺の機能アップに役立ち、体内の老廃物を排出する機能が向上します。また、ストレスが解消されて、乳酸などの疲労物質が原因で起こる体臭を予防することにもつながります。

ただし、スポーツの後はシャワーを浴びる、汗拭きシートを使うなどして、かいた汗をそのままにしないことが大切です。体温調節のためにエクリン腺から出た汗も、最初はサラサラしていますが、放置すると皮脂などと結びついて細菌のエサになり、汗臭い体臭が発生してしまいます。

ストレスをためない

ストレスをためこむと肝臓をはじめとする内臓の機能が低下して、アンモニアなど体臭の元となる成分をきちんと処理するのが難しくなります。体内のアンモニアが増えて起こる体臭は「疲労臭」と呼ばれ、ツンと鼻につくようなにおいが特徴です。休みもろくに取らずに働き、夜は宴席でアルコールをたっぷり飲む。そのせいで睡眠不足でストレスもいっぱい、さらに食事は外食中心で脂っこいものが多いという人は、肝臓が悲鳴を上げる前に今すぐ生活パターンを見直してみてください。

デオドラント用品の活用

体臭を抑えるために、デオドラント用品を使うのも良い方法です。ドラッグストアには、さまざまなタイプのデオドラント用品が市販されていますが、用途と使い勝手で判断すると選びやすくなります。デ

オドラント用品の主な機能は、消臭、マスキング、制汗、殺菌(防臭)、抗酸化、の5つに分類できます。エチケットとして使うなら、汗の季節には汗取りパッドを使い、消臭剤や芳香で体臭をマスキングするものを併用すれば十分でしょう。

汗をかきやすいほうで、体臭の発生が心配な場合は、制汗作用と雑菌の繁殖を防ぐ細菌機能を併せ持ったものを使うのがおすすめです。抗酸化作用を持つものは皮脂の酸化による体臭の予防に有効です。

病院を受診

食生活や入浴をはじめとする生活習慣を見直し、デオドラント用品などを使っても体臭が気になるという人や、自分がくさいのではないかと悩んでいるという人は。病院の受診を検討してもよいでしょう。中には病気が原因で体臭が起こっているケースもあるので、専門家に診てもらえば安心です。

わきがの場合は、皮膚科、形成外科、美容外科などが受診可能で、外用薬や内服薬を用いた薬剤療法から汗腺を除去する手術まで、その人の状態に合った治療を受けることができます。

 

まとめ

体臭がきついのではないかと悩んでいるなら、まずはセルフチェックで体臭が発生しやすい体質かどうか、体臭につながる生活を送っていないか確認してみてください。チェックの結果、体臭がきつい可能性があるという場合は、すぐにでも対策を実行しましょう。

食生活の見直しをはじめ、自分で取り組める体臭対策はたくさんあります。それでも、体臭が気になる、体臭がきつい気がするという場合は、医療機関を受診して専門家に判断を仰ぐことをおすすめします。