体臭が玉ねぎ臭い!これって病気?

玉ねぎ臭い体臭になってしまい、もしかしたら病気ではないかと心配になったことはありますか。よく想像される体臭とは異なる匂いなので不安に感じてしまうことでしょう。玉ねぎ臭は、単純なものでは玉ねぎ料理を食べることでも起こりますし、体内の匂い物質の増加によっても起こります。この記事では匂い物質にスポットを当てて玉ねぎ臭について解説します。

体臭が玉ねぎ臭い原因

体臭が玉ねぎ臭くなる原因は何でしょうか。体臭にもさまざまな匂いがあり、その匂いごとに原因も異なります。玉ねぎ臭の場合も原因を知れば自ずと対策方法も見えてきます。

玉ねぎの匂いの原因はメチルメルカプタン

体から玉ねぎの匂いがしてしまう原因はメチルメルカプタンによるものです。

メチルメルカプタンは揮発性の匂い物質で、少しの量であっても腐った玉ねぎのような強い匂いを発生します。 メチルメルカプタンそのものは特別な存在ではありません。血液や体組織など、体の中に普通に存在している物質です。おならの臭いにもメチルメルカプタンが含まれています。チーズなどの食べ物にもメチルメルカプタンは含まれているのです。

そんな身近な存在の物質なので少量のうちはさほど気になりませんが、体内で量が増えすぎると玉ねぎ臭い体臭として目立つようになるのです。

メチルメルカプタンが発生する要因

メチルメルカプタンが増加し、体臭として目立つようになる要因は腸内の悪玉菌です。おならにもメチルメルカプタンが含まれていますが、それは腸内で発生するためです。

腸内の悪玉菌は食べ物の成分であるタンパク質を分解していきます。タンパク質が分解される際にメチルメルカプタンやアンモニア、インドール、硫化水素などの匂い物質が生み出されます。腸内環境が悪化することで悪玉菌は増加するので、それに伴って匂い物質も増加して体臭として現れるのです。

メチルメルカプタンは口臭の原因にも

メチルメルカプタンは体臭だけではなく、口臭の原因にもなります。口臭の原因となる物質には「メチルメルカプタン」「ジメチルサルファイド」「硫化水素」が主なものとしてあります。これらは唾液や口腔内の粘膜カス、食べカスなどのタンパク質が細菌に分解されて発生します。

原因物質の中でも口臭の程度にメチルメルカプタンは強く関係しています。医師が口臭を評価する場合にもメチルメルカプタンを指標としており、口臭の主な原因はメチルメルカプタンと思ってよいでしょう。

 

メチルメルカプタンによる体臭・口臭を防ぐには

メチルメルカプタンによる体臭・口臭を防ぐには、腸内環境の改善や舌を磨いてきれいにすることが有効です。

善玉菌を多くとり腸内環境を改善する

腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善することは口臭対策に有効な手段の一つです。玉ねぎ臭い体臭の要因であるメチルメルカプタンの増加は腸内環境の悪化で引き起こされます。腸内環境を改善するには善玉菌を増やすための食事が一番だといえるでしょう。乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が含まれる食品を積極的に食べるように心がけてください。

舌を磨く習慣をつける

舌を磨く習慣をつけることでメチルメルカプタンによる口臭の予防が期待できます。舌を磨くということは、舌に溜まった舌苔を取り除くということです。舌苔にはメチルメルカプタンを発生させる細菌と、その栄養となるタンパク質が多量に含まれています。つまり、こまめに舌を磨いて舌苔を減らせば口臭のリスクも軽減されることになるのです。

舌苔は口の中が乾燥しているときに増加すると口臭が悪化します。唾液の分泌を促すためにアメやガムなどを日常的に食べるようにすることも口臭対策に役立つでしょう。

 

わきがでも玉ねぎ臭がすることも

わきがが原因で玉ねぎ臭がすることもあります。玉ねぎ臭の主な原因は玉ねぎの食べ過ぎによるものですが、そのような心当たりがないのに玉ねぎ臭がしたらわきがの可能性が大です。 わきがというと思い浮かぶのが香辛料のようなきつい匂いですが、おがくずのような匂いや発酵乳のような匂いのわきがも存在します。同様に玉ねぎ臭のわきがというものもあるのです。 わきがの場合は食べ物とは関係なく、病気や体質なので体臭となるメカニズムやその対策はまた異なったものとなります。

わきが発生のメカニズム

わきが発生のメカニズムはアポクリン腺から出る汗によるものです。

汗が分泌される汗腺は2種類あり、それぞれエクリン腺、アポクリン腺と呼ばれています。運動などで体温が上がった体を冷やそうとして出るのがエクリン腺からの汗、緊張などメンタル面の変化で出るのがアポクリン腺からの汗になります。

エクリン腺は全身に存在しており、ほとんど水分から構成されている汗なので透明で匂いもなく、さらりとした感触が特徴です。アポクリン腺は腋の下や乳輪、陰部に存在し、たんぱく質や脂質、アンモニアが混じっているので粘り気があり、色も黄色がかっています。しかし発汗直後はエクリン腺の汗同様に匂いは目立ちません。 どちらの汗も皮膚の常在菌が分解することで匂うようになりますが、エクリン腺の汗が洗えば落ちる単なる汗臭さなのに対し、アポクリン腺の汗は洗っても落ちない強い臭気を放ちます。これがわきがといわれているものです。

わきがの匂い対策

わきがの匂い対策は症状の重さによって変わってきます。主な違いとしては、軽症のうちは日常のケアで済みますが、重症になると医療機関での治療が必要ということになります。 少し気になる程度という軽度のわきがの方は、以下の点を心がけて日常生活を送って対策してみましょう。

・脇毛を剃る

毛は雑菌が繁殖するのに絶好の環境です。菌が汗を分解することで匂いが出るのですから、アポクリン腺が集中する腋の下に生えている毛は剃ってしまいましょう。

・こまめに汗を拭く

菌が分解し始める前に汗を拭き取ってしまうことも匂い対策に有効です。腋の下に汗をかいたと感じたらすぐに拭き取ってしまうようにしましょう。

・食生活の見直し

アポクリン腺を刺激してしまう食べ物は控えましょう。脂の多い食事やインスタント食品、スナック菓子類はなるべく避け、野菜や果物、海藻類を多く食べるようにします。

・酒やタバコなど嗜好品を控える

酒やタバコは発汗を促します。汗が多く出ることで匂いも強くなりますので、これらの嗜好品は控えるべきです。

・服の素材を見直してみる

化繊の服は通気性が悪いので、腋の下が蒸れて雑菌を増やす原因となります。綿などの天然素材の服は通気性が良いので蒸れを防止することができ、わきがの軽減に期待できます。

・消臭剤を使用する

手軽にできる対策としてはデオドラント効果や殺菌効果、制汗作用のあるスプレーを使う方法もあります。肌に直接塗布するものと衣類に用いるものがあるので、自分の状態を考慮して使い分けてみましょう。

・ストレスの軽減

アポクリン腺はメンタル面からの影響により発汗するので、ストレスを溜め込まない生活を心がけることも必要です。自分なりのストレス解消法を見つけてリラックス状態で生活できるように努めてみましょう。

わきがの症状が重い場合は医療機関で治療するしか対策方法はありません。投薬や手術など、わきがの程度や医師の方針で治療方法は変わってきます。皮膚科や整形外科で相談できるので、強いわきがで悩んでいる人は足を運びましょう。

 

まとめ

玉ねぎ臭い体臭についてご理解いただけたでしょうか。玉ねぎ臭はメチルメルカプタンによるものなら腸内改善や舌の清掃、わきがなら病院での治療で改善を目指せることがわかりました。いずれにしても食生活の見直しや体を清潔に保つことは大切だといえます。ここで解説した対策法を実践して玉ねぎ臭さを解消してみてください。