男の体臭対策!年代別に多い体臭の種類とおすすめ対策法

男の体臭対策として、世代別に目立つ体臭の種類とその対策法について解説します。一口に体臭といってもその種類はさまざまです。わきがのように体質的なものや食習慣によるものもあれば、ここで紹介するような特定の世代になると目立ちはじめる匂いもあります。その世代に多い匂いについて知っておけば対策によって軽減することは充分に可能といえるでしょう。

10代半ば~20代半ばの男に多い体臭は「汗臭」

まだ体が若く、新陳代謝が活発な10代半ばから20代半ばの男性に目立つ体臭は「汗臭」です。汗臭さは対策さえしっかり行えば予防できるものなので、汗臭の発生メカニズムを知って対策を心がけてみてください。

汗臭ってどんなにおい?

汗臭の匂いは人によっても異なります。代表的なものとしては酸っぱい匂い、香辛料のような刺激臭、ミルクのような匂いがあります。 10代半ばから匂うようになり、20代になると最も目立つようになります。それを過ぎれば歳をとるごとに匂いは減っていくので、若者特有の匂いということもできるでしょう。

汗臭発生のメカニズム

汗臭発生のメカニズムは汗と細菌の関係によるものです。

体の表面には汗が分泌される汗腺というものがあり、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類のものが存在しています。エクリン腺は全身にまんべんなくあり、アポクリン腺は腋の下や性器周辺に集まっています。 汗腺とは別に皮脂腺というものも体には存在し、ここからは皮膚の乾燥を防ぐための皮脂が分泌されています。 本来ではこれらの汗や皮脂には目立つ匂いはありませんが、混ざりあったものを栄養として増える常在細菌というものが皮膚には存在しています。常在細菌が増えるときに匂いは発生し、この匂いが汗臭と呼ばれているものになります。

汗臭のおすすめ対策法

汗臭のおすすめ対策法は体を清潔に保つことです。毎日入浴して体を洗うことはもちろんですが、日中もデオドラント効果のある製品を使ってケアするようにしましょう。

朝起きてすぐにしておきたいケアはデオドラント剤の使用です。匂いが特に目立つ腋の下には持続力があるロールオンタイプの製品、背中や胸など広い面積の部分にはスプレータイプの製品が便利です。

昼間は動き回ることで汗や皮脂が出やすいのでこまめに拭き取りましょう。このとき殺菌力のあるボディペーパーを使うと効果的です。スプレータイプの消臭剤を併用してもよいでしょう。

夜になったら入浴して、時間をかけて丁寧に体を洗いましょう。アポクリン腺からの汗は強い匂いの元になるので、腋の下や性器周辺は特に念入りに洗うことを心がけてください。 寝汗が気になる人は就寝前に体へ消臭スプレーしておくと安心です。

 

30代半ば~50代半ばで強くなる体臭は「ミドル脂臭」

30代半ばから50代半ばの期間で目立つようになるのが「ミドル脂臭」と呼ばれるタイプの匂いです。多くの女性が不快感をおぼえる匂いといわれていますので、正しく対策して匂いを抑えたいものです。

ミドル脂臭ってどんなにおい?

ミドル脂臭は使い古しの油と同じような匂いです。ジアセチルと中鎖脂肪酸という2つの物質が混じり合うことで発生するこの匂いは、頭頂部からうなじまでの範囲に集中することが特徴です。匂いが周囲に広がりやすく、皮脂にも蓄積されてしまう困ったタイプの体臭だといえるでしょう。 30歳になる頃から目立ちはじめ、40歳代で最も匂いが強くなり、50歳代の終わりには収まる傾向が見られます。

ミドル脂臭発生のメカニズム

ミドル脂臭発生のメカニズムは中鎖脂肪酸とジアセチルの混合によるものです。

中鎖脂肪酸は、皮膚表面にいる常在細菌が皮脂を分解する過程で生まれます。この時点では単なる頭皮の匂いに過ぎないのでまだ匂いも弱く、不快なものではありません。ジアセチルは、エクリン腺から分泌する汗に含まれる乳酸をブドウ球菌が分解する際に発生します。 ミドル脂臭の特徴である使い古しの油のような匂いはジアセチル自体のものですが、ジアセチルが中鎖脂肪酸と混じり合うことでより強い匂いとなります。

ミドル脂臭のおすすめ対策法

ミドル脂臭のおすすめ対策法は、匂いが出てくる頭頂部からうなじのエリアをしっかりと洗うことです。シャンプーやボディソープで頭皮に溜まる皮脂を落とすことを考えながら念入りに洗いましょう。 洗い方は頭皮をマッサージするように行います。回数も1度で済まさずに、2度洗いを心がけます。1回あたりの洗髪時間の目安としては1分30秒くらいが理想的です。

もし1回の洗髪だけで済ませたいのならば、3分くらいは時間をかけてください。 シャンプー剤は頭の皮脂をしっかりと落とせる高い洗浄力のものを選びましょう。ジアセチルの発生を抑える効果をうたい文句にしている「ミドル脂臭専用シャンプー」も市販されているので、そのような商品を試してみるのもよいでしょう。

 

50代半ばから強くなる体臭は「加齢臭」

50代半ばからは加齢臭が強くなってきます。歳をとったせいの匂いともいえ、防ぐことはできない体臭の一つです。その代わり、これまで悩まされてきた汗臭やミドル脂臭は落ち着いてきます。50代に突入したら加齢臭対策を重視して暮らすように心がけてみてください。

加齢臭ってどんなにおい?

加齢臭は枯れ草のような匂いに特徴があります。2-ノネナールを原因とする加齢臭は、早い人では40歳ころから匂いはじめ、50歳を過ぎるあたりから本格的に匂うようになります。加齢臭が集中する部分は体幹と呼ばれる体の中心部分=背中や胸になります。加齢臭は衣服にも移ってしまう匂いなので、体だけではなく衣服にも注意を払うようにしましょう。

加齢臭臭発生のメカニズム

加齢臭臭発生のメカニズムは2-ノネナールという物質が生まれることによるものです。他の体臭とは異なり、発生に細菌が関与していないことが特徴です。

体の表面にある皮脂腺からは皮脂が分泌されていますが、皮脂にはパルミトレイン酸という脂肪酸が含まれています。パルミトレイン酸は空気中の酸素によって酸化すると2-ノネナールへと変わります。こうして発生した2-ノネナールが加齢臭独特の匂いを放ちます。皮脂に含まれるパルミトレイン酸の割合は加齢とともに増えていくので、歳をとっていくほど加齢臭が目立つようになるわけです。

メカニズム的に加齢で出てしまう匂いといえるので、若いうちから予防対策できる性質の匂いではありませんが、気になりはじめてからのケア次第で目立ちにくくすることは充分に可能です。

加齢臭のおすすめ対策法

加齢臭のおすすめ対策法は皮脂を落とすことです。皮脂の酸化が原因である加齢臭は、細菌の活動が関係している汗臭やミドル脂臭のように除菌対策をしたところで匂いの軽減には繋がりません。日中はデオドラント効果のあるウエットティッシュで体を拭き、夜はお風呂で体をしっかり洗って皮脂を落とすことに努めましょう。いずれも加齢臭が集中する背中や胸を重点的に拭いたり洗ったりすることが大切です。とくに背中はケアしづらい場所なので、入浴時には洗い残さないように心がけてください。

また加齢臭は衣服にも染み付きやすい匂いです。体をきれいにしていても衣類から匂うということもあるので、衣類用の消臭剤を利用することもおすすめします。

まとめ

世代別に目立つ体臭を種類別に解説してきましたが、ご理解いただけたでしょうか。歳をとるごとに匂いの原因が生理的なものとなっていき、匂ってしまうのは仕方がない体臭へと変わっていくことがわかりました。しかし、どの体臭にも共通していえることは「自分の体臭に無頓着にならず、体を清潔に保つ努力をする」ということです。体臭によって異なる対策ポイントについて理解を深め、現在の自分にとって必要なケアを重点的に実践してみてください。