体臭で相性がわかる?遺伝子レベルでの相性診断とは

人との相性には、性格や考え方などが関係していますが、実は体臭にも関連性があることをご存知でしょうか。遺伝子レベルで相性が決まっており、相性がいい人同士が自然に惹かれ合うという説もあるのです。今回は、体臭に関連する遺伝子と相性に関係しているメカニズムについてご紹介します。

体臭での相性判断に関係する「HLA遺伝子」

体臭での相性診断には、「HLA遺伝子」が関連しています。遺伝子レベルで相性が決まっているということを聞いて、驚かれた方もいるでしょう。場合によっては、においで相性が良い異性を嗅ぎ分けられるかもしれません。HLA遺伝子が、どのような役割を果たしており、体臭とどのように関連しているのかみていきましょう。

HLA遺伝子とは

HLA遺伝子は、「Human Leukocyte Antigen」のことで、ヒト白血球抗原を意味します。もともとは、白血球の血液型として発見されたのですが、最近になってほぼ全ての細胞と体液にHLA遺伝子が存在していることが判明したのです。HLA検査をすると、父親と母親から1つずつ受け継いだHLA遺伝子を見つけられます。両親もHLA検査を受ければ、受け継いだ2つのHLA遺伝子のうち、どちらが母親由来でどちらが父親由来なのかがわかります。

HLA遺伝子と体臭の関係

HLA遺伝子は、体内へと侵入した異物の断片と結合するのですが、その際ににおいが発生します。しかし、そのにおいは無臭であるため、人は自覚できません。ただし、フェロモンとして視床下部という部分が感知し、異性に惹かれるとされています。つまり、実際ににおいは発生しないが、においに分類されるフェロモンを感知できるということです。そのため、においが良いから異性に惹かれる、あるいは体臭がきついから惹かれるといったことはないので注意が必要です。

また、研究ではマウスのオスとメス、人間の女性しか対象としていないため、フェロモンによって異性に惹かれるという反応に男女差があるかどうかは判明していません。

思春期の女性が父親ににおいを嫌がる傾向がありますが、これもHLA遺伝子が関連しているといわれています。ただし、父親のにおいに好感を持つとの意見もあり、詳しいことは解明されていません。HLA遺伝子を感知できるのは、特定の条件を満たしている場合のみの可能性もあります。

 

HLA遺伝子が遠い異性を好む?

HLA遺伝子のタイプが遠い人物同士が惹かれ合うといわれています。これは、かけ離れたタイプのHLA遺伝子が合わさることで、多様性を持つ優れた遺伝子を残せるようになるためです。ただし、フェロモンだけではなく、第一印象や話し方、立ち振る舞いなど様々なところを見て異性に惹かれるものであるため、HLA遺伝子のタイプが遠くても必ず惹かれるとは限りません。

また、視床下部でフェロモンを感知するという自覚が難しいものとなっているため、HLA遺伝子のタイプが自分のものと離れていても、気づけない可能性もあります。さらに、自分の体臭が邪魔をして、異性のにおいを感じ取れない可能性も考えられるでしょう。このことから、HLA遺伝子を確実に感じとることはできないと言えます。

スイスのTシャツ実験の結果

スイスの動物学者であるクラウス・ヴェーデキント博士は、HLA遺伝子が遠い人同士が惹かれ合うのかどうかを調べるために、Tシャツ実験を行いました。44人の男性に2日間同じTシャツを着用してもらい、それを49人の女性がにおいをかぎ、どのような気持ちになるのかを調べる実験です。Tシャツに余計なにおいがつかないように、香水やデオドラントスプレーなどの使用をやめてもらったうえで行われました。また、嗅覚が強くなるといわれる月経周期のちょうど半分が経った頃の女性が参加しています。その結果、対象となる女性から最も遠いHLA遺伝子を持つ男性のTシャツのにおいに対し、好感を持ったのです。

この実験結果によって、HLA遺伝子が遠い異性に惹かれるということが推測されるようになりました。 この実験でわかったことは、嗅覚が優れているタイミングであれば、自分と遠いタイプのHLA遺伝子を持つ人物を嗅ぎ分けられる可能性があるということです。異性と会うタイミングが月経周期の半分が経った頃とは限らないため、気づけない可能性もあります。HLA遺伝子だけで相性が良い人物を見つけられるとは限らないため、過度に期待することは禁物でしょう。

 

HLA遺伝子の体臭による相性診断のさまざまな疑問

HLA遺伝子のにおいによって相性がわかるにしても、他の様々なにおいと混ざることで、フェロモンを感知できなくなるのではないかという疑問の声があります。また、どのような人物にもHLA遺伝子はありますが、全ての人に当てはまるのかも気になるところでしょう。HLA遺伝子のにおいで相性が良い相手を見つけたい方は、疑問を解決しておくことが大切です。

HLA遺伝子の体臭による相性診断は誰にでも当てはまる?

HLA遺伝子のタイプが自分と大きく異なる人に惹かれるというのは、男性にも当てはまります。ただし、研究されているのは女性から男性に対してのみであるため、どの程度の差があるのかはわかっていません。

HLA遺伝子の影響で特定の人物に惹かれるとしても、「好きになる」とは別の問題です。第一印象が悪く、恋愛対象から外れる人物のHLA遺伝子が自分のものと大きく異なるとしても、好きにはならないでしょう。このような意味では、全ての人に当てはまるとは言えません。

また、においは相手に強い印象を与えます。HLA遺伝子によるにおいよりも強烈で不快な体臭であれば、悪い印象がついてしまうでしょう。相手が不快な気分になるほどの強烈な体臭の人は、HLA遺伝子のにおいを相手に感じとってもらうためにも体臭を改善した方がいいと言えます。

香水やタバコのにおいには影響される?

様々なにおいが組み合わさることで、その人の体臭になります。そのため、香水やタバコのにおいはHLA遺伝子によるにおいに影響を与えると考えられます。また、香水やタバコのにおいに対して良いイメージを持っていた場合は、HLA遺伝子のにおいと重なり、その人物に惹かれる可能性があるでしょう。

しかし、香水やタバコに悪いイメージを持つ場合は、惹かれなくなるかもしれません。また、悪いにおいと良いにおいというものは人によって異なります。周りの人が良いにおいと思っているにおいを嫌う方もたくさんいるのです。 また、当初は良いにおいだと思っていたが、周りの人達が悪いにおいという認識を持っているために、悪いにおいだと思い込むようになることもあります。このように、においに対する感覚は身の回りの環境や性格、これまでの経験などによって変わるのです。

 

まとめ

HLA遺伝子が出すフェロモンは、視床下部が感知します。自分が持つHLA遺伝子のタイプと遠いタイプのHLA遺伝子を持つ異性に惹かれるようになっているといわれています。ただし、タバコやアルコール、香水、汗など様々なにおいが体臭となり、HLA遺伝子のにおいを感じとりにくくするため、HLA遺伝子だけで異性に惹かれるかどうかが決まるわけではありません。

また、スイスで行われたTシャツ実験では、嗅覚が強くなっている女性が実験に参加し、自分のものとはタイプが最も異なるHLA遺伝子の男性を当てました。これは、裏を返せば嗅覚が強いタイミングでなければ嗅ぎ分けられない可能性があるということです。

HLA遺伝子だけで異性との相性が決まるわけではないことに注意しつつ、異性が持つフェロモンを感じとれるようにしたいところですね。また、男性としては女性がHLA遺伝子のにおいを感じとりやすくなるように、不快な体臭にならないよう注意したいところでしょう。