体臭は石鹸で対策! におい対策に役立つ石鹸の選び方・使い方

さまざまな体臭対策のなかでも、手軽に実践できて高い効果が得られるのが毎日のお風呂。入浴の効果をいっそう高めるためには、体臭対策に適した石鹸を選んで、正しい方法で洗うことが大切です。どんな石鹸を使えばいいのか、どんなことに注意して洗えばいいのか、詳しく解説しましょう。

体臭対策には石鹸がおすすめ!

体を洗うための洗浄剤は、液体のボディソープと固形の石鹸に大別できます。このうち、体臭対策に適しているのは石鹸のほうです。その理由を説明しましょう。

石鹸とボディソープの違い

固形石鹸を溶かしたものがボディソープだと思っている人は多いと思います。しかし、石鹸とボディソープは見た目だけでなく成分が異なり、まったく別の物といえます。

ボディソープに含まれる成分で注意したいのが界面活性剤です。シャンプーや洗剤などにも含まれている成分で、例えば油汚れと水など、混ざりにくいものを混ざりやすくして、洗浄効果を高める役割があります。ボディソープにはこの石油系界面活性剤をはじめ、刺激の強い化学物質を含んでいるものが多く、肌に負担をかける心配があります。

また、液体のボディソープは水分を多く含んでいるので、肝心の洗浄成分の含有量が少なく、体臭予防を目的とする場合にはおすすめできません。

石鹸がよい理由

界面活性剤を含んでいるボディソープは、強い洗浄力を持っているので体臭対策によいイメージがあります。しかし、洗い過ぎは体臭に悪影響を与えるおそれがあることをご存知でしょうか?

体臭を抑えようと、たっぷりボディソープを使って一生懸命に洗うと、肌の健康を保つために必要な皮脂や肌の常在菌=善玉菌も取り去ってしまいます。肌のうるおいが保てなくなり、乾燥を防ぐためにいっそう過剰に皮脂が分泌されます。その上、悪玉菌が繁殖して過剰になった皮脂と結びつき、体臭の原因となってしまうのです。

また、ボディソープは弱酸性ですが、固形石鹸はアルカリ性のものが主流です。汗や皮脂といった体臭の元となる物質は酸性なので、アルカリ性の固形石鹸で中和することで、より効率良く体臭の発生を抑えることができます。

 

体臭対策に役立つ石鹸とは

体臭対策には石鹸がいいとわかっても、さまざまな種類があってどれを選べばいいか迷ってしまいます。そこで、体臭対策に特におすすめの石鹸をピックアップしてみました。

殺菌効果がある柿渋入り石鹸

柿渋入り石鹸は、体臭対策に役立つとして非常に注目されている石鹸のひとつです。柿渋とは柿の皮を発酵させたもので、昔から優れた殺菌作用があるといわれています。この柿渋が配合された石鹸には、優れた抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富に含まれ、皮脂の酸化によって発生する体臭を抑える効果が期待できます。

また、緑茶などにも含まれる苦味成分のタンニンも含まれています。タンニンには殺菌作用があり、汗や皮脂と結びついて体臭を発生させる悪玉菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

アンモニアを中和するミョウバン入り石鹸

ミョウバン入り石鹸も、体臭が気になる人に愛用者が多い石鹸です。ミョウバンは食品添加物と仲間で、パンをふくらませる、漬物の色止めをするなど、さまざまな用途に使われています。体臭が気になる人に注目してほしいのは、ミョウバンの殺菌作用と消臭作用。

ミョウバンは水に溶けると酸性になり、悪玉菌の殺菌にパワーを発揮します。さらに、腸内でタンパク質が腐敗して発生する悪臭成分のアンモニアはアルカリ性なので、弱酸性のミョウバンで中和すれば消臭効果が期待できます。

なお、ミョウバンには制汗効果もあるといわれていますが、そのメカニズムは明らかになっていません。

雑菌の繁殖を防ぐ緑茶エキス入り石鹸

緑茶エキスは緑茶の成分を凝縮したもので、カテキンやフラボノイドといったポリフェノールがたっぷりと含まれています。ポリフェノールには、ビタミン類をしのぐほどの抗酸化作用があり、体臭の原因となる皮脂の酸化を抑えることができます。さらに、カテキンには殺菌作用もあり、皮脂や汗の成分をエサにして悪臭を発生させる悪玉菌の増殖を抑える効果も期待できます。

消臭力がある炭入り石鹸

靴箱や冷蔵庫の消臭に用いられていることからわかるように、炭には優れた消臭作用があり、体臭を抑える効果が期待できます。天然の木や竹かられたものなので刺激が強すぎず、昔から暮らしになじんでいることもあり、安心して使えるのも炭のメリットです。

 

石鹸の使い方・注意点

いくら体臭予防に役立つ石鹸を使っても、洗い方が間違っていると効果も半減するどころか、かえって逆効果になるおそれもあります。ぜひ、正しい使い方を身につけましょう。

石鹸をしっかり泡立ててやさしく洗う

石鹸はよく泡立ててから、手のひらや木綿のタオルを使ってやさしく洗ってください。石鹸の泡には汚れを分解する働きがあり、しっかりと泡立てることで、毛穴の奥の汚れまできちんと洗い流すことができます。ゴシゴシと洗うと肌にダメージを与えるだけでなく、健康のために必要な善玉菌まで洗い流してしまいます。

私たちの肌には、汗や皮脂を栄養源にしている「表皮ブドウ球菌」と「黄色ブドウ球菌」という菌が棲んでいます。表皮ブドウ球菌は弱酸性の脂肪酸を作る菌で、皮膚を本来の弱酸性に保つ役割を持っています。いわゆる善玉菌で、この菌の割合が高いと肌のコンディションがよい状態に保てます。

一方、黄色ブドウ球菌は表皮ブドウ球菌と同じ汗や皮脂を栄養源にしながら、脂肪酸やアンモニアなど悪臭を持った物質を作り出す悪玉菌です。強く体を洗い過ぎると、表皮ブドウ球菌が洗い流されて常在菌のバランスが崩れ、悪玉菌の黄色ブドウ球菌が増加。体臭が発生しやすい状態になってしまうのです。

必要以上に石鹸を使い過ぎない

体臭対策に有効な石鹸も、使い過ぎると逆効果になります。善玉菌の表皮ブドウ球菌が洗い流されてしまい、悪玉菌の黄色ブドウ球菌が増殖するおそれがあるからです。

また、たくさん使ったからといって、石鹸の洗浄、消臭、殺菌などの効果が高まるわけではなく、石鹸の成分が肌に残って体臭や肌荒れといったトラブルの原因になりかねないので注意してください。

デリケートゾーンは専用の石鹸で洗う

デリケートゾーンにはワキガの原因となる汗を出すアポクリン腺という汗腺が集まっているので、体臭対策のためには清潔に保っておきたい部位です。しかし、他の部位と同様、洗い過ぎると善玉菌が洗い流されて悪玉菌が繁殖し、体臭が発生するおそれがあります。

また、特に粘膜の部分は刺激に弱く、石鹸を使うと肌荒れなどを起こす心配もあります。デリケートゾーンを洗う場合は、ぬるま湯だけにするか、デリケートゾーン専用の低刺激の石鹸を使うようにしましょう。

すすぎでしっかり落とす

体臭対策に役立つ石鹸の成分も、肌に残っていると体臭の原因になります。石鹸の成分をエサにして、悪玉菌の黄色ブドウ球菌が増殖して、体臭の元となる成分を作り出すからです。石鹸を使って体を洗った場合は、成分が残らないように、ぬるま湯で丁寧に洗い流すことが大切です。

すすぎに時間がかけられず、また長時間お湯を浴びると発汗につながる朝のシャワーでは、あえて石鹸を使わず、お湯だけで洗うのも体臭の原因を作らないためのひとつの方法といえるでしょう。

 

まとめ

体を洗い清潔に保つことは、手軽にできて効果の高い体臭対策のひとつです。洗浄剤は、肌にダメージを与える界面活性剤を含むボディソープよりも、天然の成分で作られていることが多い固形石鹸がおすすめ。特に、柿渋、ミョウバン、緑茶エキス、炭など、体臭を抑える成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。

石鹸は適量をよく泡立ててから、手のひらや綿のタオルにつけ、やさしく洗うこと。石鹸の使い過ぎやゴシゴシ洗いは肌を傷つけるだけでなく、皮膚の常在菌のバランスが崩れて体臭が発生しやすい状態になるおそれがあるので注意が必要です。

また、石鹸の成分が残らないように、丁寧に洗い流してください。肌に成分が残ると、体臭の発生につながる心配があります。