体臭は何科の外来を受診する?

わきがなどの気になる体臭を医療機関で治療したいと思っても、何外来を受診すればよいかわからないという方は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、体臭について診てもらえる外来科の種類や、どのような診察が行われるのかについて取り上げます。体臭治療の保険適用の有無についても解説しているので、体臭でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

体臭が気になったらどの外来を受診する?

病院で体臭の治療を受けたい場合は、基本的に皮膚科または形成外科を受診しましょう。それぞれ、治療のアプローチ方法が異なるため、特徴をお伝えします。

皮膚科

腋の下などのにおいが強いと感じる場合は、まず皮膚科を受診するのがおすすめです。

皮膚科では、問診によってわきが体質かどうかをチェックする他、においの検査や血液検査などの診察が行われます。その上で、必要に応じてにおいの元である汗を抑える薬などが処方されます。体臭は食生活の影響も受けるため、食事指導が行われる場合もあるようです。

基本的に皮膚科では外科的な手術は行われませんが、多汗症の治療に有効なボトックス注射やレーザー脱毛を実施している病院もあります。どのような治療ができるかは病院によって異なるので、ホームページなどで確認し、わきがなどの体臭の治療に力を入れている病院を選びましょう。

形成外科

形成外科では、皮膚の切開を伴う手術による治療を行うことができます。具体的には、皮膚の下のアポクリン腺を外科用のハサミや超音波メスなどで切除する方法(剪除法:せんじょほう)で、多くの形成外科で用いられています。

以前は、皮膚ごと切り取ってその部分を縫い縮める方法が主流でしたが、術後に皮膚がひきつれることがあり、現在ではあまりポピュラーではないようです。 剪除法のような手術を受ければ、においの発生源となる汗腺を減らすことができるので高い効果を得られるでしょう。

症状によっては内科に相談を

体臭には何らかの病気が潜んでいる可能性もあるため、一般的なわきがや汗臭とは違ったにおいがする場合は、内科に相談した方が良いかもしれません。 例えば、甘酸っぱい体臭の場合は糖尿病の可能性もありますし、生臭い体臭や卵が腐ったような体臭は肺や腸のトラブルが考えられます。

においだけで病気を決めつけることはできないため自己判断は禁物ですが、皮膚科に通っても体臭が改善しない場合は内科に相談してみましょう。 迷った場合は、色々な科がある総合病院に電話などで相談してみるのもひとつの方法です。

 

専門クリニックもある

より専門的な治療を受けたい場合は、美容整形外科やわきがや多汗症を専門とする病院・クリニックを受診しましょう。

美容整形外科

一般的な形成外科では体臭の専門医がいない場合もありますが、美容整形外科の多くはわきがなどの体臭治療に力を入れています。

治療方法としては、ポピュラーな剪除法の他、汗腺を切除しながら吸引・排出も同時にできるクアドラカット法や、皮膚を切開せずに治療できるマイクロウェーブ法といった術式もあります。

ただし、手術はある程度体に負担がかかりますし、手術やその後の通院などで費用が高くつく場合もあります。リスクと思われるポイントは事前に医師に説明してもらい、納得した上で手術を受けるようにしてください。

わきが専門クリニック

わきがや多汗症を専門にしたクリニックでは、体臭に関する蓄積された知見に基づいたきめ細かい診療や、最先端の治療を受けることができます。 一般的な皮膚科や形成外科ではさまざまな疾患の患者さんを診ているため、体臭は数ある疾患のうちのひとつという位置づけです。その点、専門クリニックであれば体臭に特化しているので、より専門的かつ適切な治療が受けられるので安心です。

わきが専門クリニックとして有名なのは、五味クリニックや東京ワキガ・多汗治療センター(北村クリニック付属)などがあります。数はあまり多くありませんが、一般的な皮膚科などで治療を受けてもなかなか改善されない場合は、体臭に特化した病院やクリニックも選択肢に加えましょう。

 

体臭での受診に関して知っておきたいこと

体臭の治療で病院やクリニックを受診する場合、費用面など注意しておきたいこともあります。また、体臭で悩んでいる方の中には「自臭症」と診断される場合もあるので、あらかじめチェックしておきましょう。

体臭治療の保険適用

体臭の治療を受けるにあたっては、その治療に保険が適用されるかどうかを確認するようにしましょう。体臭の治療が保険適用となるか、全額自己負担となる自由診療となるかは医療機関によって異なります。

法律では、同じ医療機関で保険が適用される治療方法と、保険診療が認められていない治療方法を併用するのは禁じられています。そのこともあり、同じ治療方法でも、病院によって保険が適用される場合とそうでない場合があるので注意が必要です。

例えば、わきがの代表的な手術である剪除法は、自由診療だと30万円程度かかることが多いですが、保険適用であれば5万円程度で済む場合もあります。手術となると特に費用が高くつくので、保険適用の有無については、手術を受ける前に医師によく確認しておくことをおすすめします。

また、受けたい治療方法に保険が適用される病院だとしても、わきがや多汗症であると医師に診断されなければ保険適用とはなりません。よほど重度でない限り、病的なわきが・多汗症かどうかは医師によっても判断が分かれるところです。受診の際ににおいを確認できれば保険適用となる可能性が高まるので、体臭や黄ばみが残った衣類などを持参しても良いかもしれません。

自臭症の可能性も

自臭症とは、体臭が強くないにも関わらず「自分は体臭がきつい」「周りの人から臭いと思われているに違いない」と思い込んでしまう精神的な病気です。自己臭症や自臭恐怖症と呼ばれることもあり、几帳面で完璧主義な方や潔癖性の方が発症しやすいと考えられています。

わきがなどの体臭に悩んで病院を受診する人の中には、自分のにおいに過敏になっている自臭症の方もいるようなので、以下の項目に当てはまる場合は注意が必要です。

・あらゆる体臭対策をしても安心できない

・自分の体臭が気になって何をしても集中できない

・ 家族に「臭くない」と言われても信じられない

・ 他人が口に手を当てたり、席を立ったりすると「自分のにおいのせいではないか」と感じる

・自分の体臭が気になって外出できない

特に、周囲の人の言動をすぐに自分の体臭と関連づけてしまう場合や、外出できないレベルになると自臭症の度合いも高いと言えます。 もちろん、これだけでは判断できませんが、自臭症が悪化するとうつ病や対人恐怖症などに発展する可能性もあります。

体臭が強くないと診断を受けても自分では気になって仕方がない場合は、精神的なケアが必要かもしれません。 カウンセリングや薬物療法など適切な治療を受ければ「自分は臭い」という強迫観念から解放される可能性が高まるので、早めに心療内科や精神科を受診しましょう。

 

まとめ

体臭を病院で治療したいと思ったら、皮膚科または形成外科を受診するのが基本です。 皮膚科では飲み薬や塗り薬の処方が基本となりますが、病院によってはボトックス注射やレーザー脱毛による治療が受けられます。重度のわきがなど薬ではにおいを抑えられない場合は、形成外科で汗腺を除去する手術を受ければ軽減する可能性が高まるでしょう。

においの種類によっては糖尿病や内臓疾患が疑われる場合もあるため、普通の体臭とにおいが違うと感じたら、内科を受診するのがおすすめです。また、より高度で専門的な治療が受けられる美容整形外科やわきが専門クリニックという選択肢もあります。

このように、体臭は治療することが可能ですが、病院によって治療費に保険が適用される場合とされない場合があるため、あらかじめ確認するようにしてください。また、体臭が強くないと診断され、自臭症が疑われる場合は心療内科などの受診を検討しましょう。