体臭を消すには?今すぐ始められる体臭消し対策

「体臭を消したい!」と思っても、アプローチの仕方が間違っていればにおいは一向に改善されません。効果的に体臭を消すには、その原因を知り適切な対策をとるのが近道です。 そこで今回は、体臭を発生させる主な原因や、体臭を消すための4つのアプローチ方法について解説していきます。今すぐ始められる対策をご紹介するのでぜひチェックしてください。

体臭を消すには原因を知ろう

体臭を消すには、まずにおいが発生する原因を知ることが大切です。体臭の原因はひとつだけではなく、いくつかの要因が関係しています。

体臭のもとは汗・皮脂・常在菌・酸化

体臭を発生させるのは、皮膚から分泌される汗・皮脂に加えて、常在菌の活動や酸化が大きく影響します。

よく「汗臭い」と言いますが、汗腺から分泌されたばかりの汗はほぼ無臭です。特に、汗腺のひとつで体温調節を担う「エクリン腺」から出る汗は、約99%が水なのでにおいません。 腋の下や性器周辺に分布するアポクリン腺から出る汗には、タンパク質や脂肪酸などの成分が多く含まれていてにおいのもととなりますが、分泌直後は強い悪臭ではありません。

ではなぜ、汗臭くなるのかというと、皮膚に生息している常在菌が汗や皮脂の成分をエサにして繁殖するからです。汗や皮脂が分解されると独特の分解臭を放ち、時間の経過と共に酸化臭もプラスされます。これが、不快な体臭となるのです。

体臭発生の基本的なメカニズムは同じでも、においは部位によって異なります。例えば、足の裏はイソ吉草酸という成分が独特のにおいを放ちますし、皮脂の分泌量が多い頭皮は脂肪酸やアルデヒド類などによる頭皮臭が出てきます。 体臭の原因についてチェックしたところで、次からは体臭を消す4つの対策方法を見ていきましょう。

 

汗をコントロールして体臭を消す

菌のエサとなる汗をコントロールすれば、体臭を軽減できるようになります。

外出先での汗対策

外出先で汗をかいたら、制汗シートやデオドラントシートなどでこまめに汗を拭き取るようにしましょう。 ハンカチやタオルでも良いですが、制汗シートやデオドラントシートには発汗を抑える成分が含まれているものが多いので、かいた汗を除去すると共に汗が吹き出すのも抑えられて便利です。持っていない場合は、タオルを濡らして拭けばOKです。

また、シート以外の制汗剤を活用するのも有効です。外出前に制汗用のスプレーやクリームなどを使っておけば、外出先での発汗をある程度抑えられます。携帯しやすい形状・サイズのものなら外出先でケアすることも可能です。

入浴で汗腺トレーニング

お風呂で汗腺を鍛えるのも体臭予防に有効だと言われています。汗腺を鍛えると言われてもピンとこないかもしれませんが、エアコンの効いた室内にいることが多い人や運動不足の人は汗腺が衰えている可能性があります。 汗腺が正常に働いていればサラサラとした無臭の汗が出るのに対し、汗腺が衰えているとベタベタしたにおいのある汗が出やすくなります。前者は「いい汗」、後者は「悪い汗」とも呼ばれ、悪い汗ばかりかいていると体臭も強くなるので、汗腺トレーニングでいい汗をかけるようにしましょう。

汗腺トレーニングは簡単です。まず、浴槽に熱めのお湯(42〜44度)をひざ下くらいまで張ります。そこに四つん這いになって、ひじ下とひざ下だけを10〜15分程度浸します。体の先端の血流が良くなると体の芯から温まり、汗腺が活性化するようになります。 手足が温まったら、水とお湯を足して36度くらいのぬるま湯を張り、10〜15分ほど半身浴をします。そして、お風呂から上がったら、扇風機やうちわの風で少しずつクールダウンしましょう。すぐに涼しい部屋に入ると汗腺が閉じてしまうので、エアコンを使う場合は27度以上に設定してください。

 

皮脂を抑えて体臭を消す

皮脂を抑えるには、食事と体の洗い方がポイントとなります。

脂分の多い食事は控える

脂質は皮脂の分泌量を増やすので、脂っこい食事はあまり摂らないようにしましょう。肉類やバター、チーズなどの動物性脂肪には、酸化しやすく悪臭を放ちやすい脂肪酸が多く含まれています。また、肉類などに含まれる動物性タンパク質は、分解されるとアンモニアなどの悪臭物質も発生させるので要注意です。

皮脂対策のための体の洗い方

皮脂対策には体の洗い方にも気をつけることが大切です。以下の部位は皮膚がよれて皮脂が溜まりやすいので、特に意識して洗うようにしましょう。

・腋の下

・足指の間

・ひじの裏

・ひざの裏 た

だし、洗いすぎは禁物です。体臭が気になると、しっかり汚れを落としたいあまり念入りに洗うという方もいます。でも、ゴシゴシ洗うと皮膚に必要な表皮ブドウ球菌まで除去し、かえって体臭を強めてしまうことがあります。

また、皮脂を落としすぎると、失った皮脂を補うために逆に分泌量が増え、古い油のような酸化臭を助長してしまいます。 石鹸やボディソープはしっかり泡立て、柔らかい素材のタオルや素手でこすらずやさしく洗いましょう。

 

菌を抑えて体臭を消す

汗や皮脂を分解する雑菌の繁殖を抑えることができれば、体臭も軽減できます。

殺菌成分が入った石鹸がおすすめ

体を洗うときは、殺菌成分や抗菌成分が配合された石鹸を使うのがおすすめです。一般的な石鹸は汗や皮脂を落とすことはできますが、菌を抑えることはできません。菌の繁殖を抑えるには、以下のような成分が含まれている石鹸を選びましょう。

・柿渋

・ミョウバン

・カテキン

・炭

・銀イオン

汗や皮脂と共に、悪臭を放つ雑菌の繁殖を抑えれば体臭をより効果的に防ぐことができます。

酸化を抑えて体臭を消す

体臭を消すには、体の酸化を抑えることも大切です。

抗酸化食品をとろう

抗酸化食品を摂取すると、体の酸化に伴うにおいを抑えることができます。この酸化臭は、皮膚から分泌される皮脂が空気に触れて脂肪酸になる他、体内で活性酸素が増えることによっても引き起こされます。 活性酸素は飲酒や喫煙、睡眠不足などによって体内で増加し、皮脂の酸化臭を強めてしまいます。

体の酸化を抑えるには、以下のような食品を積極的に食べましょう。

・ビタミンCが豊富な食品(果物や緑黄色野菜)

・ビタミンEが豊富な食品(ナッツ類や玄米、アボカドなど)

・ポリフェノールが豊富な食品(緑茶やコーヒー、ブルーベリーなど)

酸味のある果物には大抵ビタミンCが多く含まれていますが、特にキウイはビタミンEも豊富でおすすめです。また、緑黄色野菜の中ではピーマンやブロッコリーがビタミンC豊富ですが、ビタミンCは加熱に弱く水に溶けやすいため炒めすぎ・茹ですぎには注意しましょう。

 

まとめ

体臭を消すには、原因となる汗や皮脂を抑える他、常在菌の繁殖や体の酸化を防ぐことがポイントとなります。 汗をかいたら制汗シートや濡れタオルでこまめに拭き取り、制汗剤で発汗を抑えましょう。汗はただ抑えるのではなく、汗腺を鍛えて「いい汗」をかけるようにするのも大切です。

皮脂の分泌量は食生活にも影響されるため、脂っこいものばかり食べるのは控えましょう。体を洗うときは、必要な皮脂まで落とさないようやさしく洗浄してください。殺菌成分が配合された石鹸を使えば、悪臭を発生させる雑菌の繁殖を抑えられます。

そして、皮脂の酸化や体内の活性酸素も体臭を強めます。ビタミンCやE、ポリフェノールの含有量が多い抗酸化食品を積極的に食べれば、体の酸化を防いで酸化臭を軽減することができます。

体臭はそのまま放置しているとスメルハラスメントになりかねません。ご紹介したアプローチ方法を参考に、効果的に体臭を防ぎましょう。