ヒゲ脱毛に必要な期間は?どれくらいの期間を空けるのがベスト?

ヒゲ脱毛には、数回の施術が必要です。連続して施術を受けることはできず、一定期間空けなければなりません。イベントに向けてヒゲ脱毛をするような場合には、期間をある程度把握しておいた方がいいでしょう。また、引っ越しなどの予定も踏まえて、脱毛する施設を選ぶことが大切です。ここでは、ヒゲ脱毛にかかる期間について解説します。

ヒゲ脱毛にはある程度期間が必要

ヒゲ脱毛を受ける施設によって異なりますが、希望の毛の量になるまで何回か通う必要があります。また、一定の期間を空けなければ、脱毛の効果を十分に得られません。

脱毛のしくみ

クリニックは医療レーザー脱毛、サロンは光脱毛という方法で毛を減らします。実は、どちらも脱毛の仕組みは同じです。毛は、メラニン色素という黒い色素によって色がついているのですが、このメラニン色素に反応するエネルギーを照射します。すると、毛だけが反応して熱くなり、その熱が発毛に必要な細胞へと伝わってダメージが与えられます。医療レーザー脱毛では、光脱毛よりも強いエネルギーを照射するため、発毛に必要な細胞を破壊できます。光脱毛は、ダメージを与える程度であるため、脱毛を実感できるまでには時間がかかるのです。

ヒゲ脱毛にベストな期間の間隔は?

毛は、一定の周期で発毛、成長、脱落を繰り返しています。このうち、成長期の毛にしか、脱毛の効果はありません。毛周期は部位ごとに異なりますが、最低2ヶ月は期間を空ける必要があるといわれています。厳密に毛周期を調べることは難しいため、多くのクリニック・エステサロンでは、2~3ヶ月に1回と定めています。詳しいスケジュールは、施術後に決めることが多いので、スタッフや医師、看護師の説明をしっかり聞くようにしましょう。

 

クリニックのヒゲ脱毛にかかる期間

クリニックでヒゲ脱毛を受ける場合は、エステサロンで受けるよりも早く終了となります。そのため、できるだけ早く脱毛したい方はクリニックを選ぶといいでしょう。

クリニックのヒゲ脱毛の特徴

クリニックでは、様々な種類の医療レーザーの中から、肌に合うものによる施術を受けられます。また、肌の状態によっては出力を調整することもあります。ヒゲは太いため、他の部位と比べて痛みが強いとされているため、麻酔クリームを使った方がいいでしょう。クリニックでは、痛みが少ない医療レーザーを取り扱っていることもあるので、痛みに対する強さや予算などに合わせて選ぶことが大切です。

クリニックのヒゲ脱毛にかかる期間の目安

毛量を減らすだけであれば約2~3回の施術で済みます。約2~3ヶ月に1回の頻度で受けるとした場合は、約4~9ヶ月かかることになります。ツルツルにしたい場合は、約5~7回の施術が必要になるので、約10ヶ月~1年9ヶ月ほどかかるでしょう。ただし、途中で肌トラブルが起きた場合は、出力を調整して受けるか、肌トラブルが治まるまで待つことになるため、脱毛完了までの期間が長くなります。

 

メンズエステのヒゲ脱毛にかかる期間

メンズエステのヒゲ脱毛では、医療レーザーよりも出力が低い光を使用するため、脱毛完了までにかかる期間が長くなります。毛の量を減らすだけであれば、クリニックと比べてそれほど差はありませんが、ツルツルにしたい場合は期間にかなりの差が生じるでしょう。そのため、他の部位は遠くのエステサロンで受けていたとしても、ヒゲ脱毛は通いやすいところで受けることが大切です。思っていたよりも脱毛期間が長くなり、通うことが面倒になる可能性があります。

メンズエステのヒゲ脱毛の特徴

メンズエステのヒゲ脱毛では、IPLなどによる光脱毛を受けられます。肌への刺激が少ないため、痛みを感じやすいヒゲの脱毛に向いていると言えるでしょう。ただし、痛みを全く感じないわけではなく、他の部位よりも痛みを感じやすいため、我慢できないという方もいます。この場合は、クリニックで麻酔クリームを使ったうえで脱毛した方がいいかもしれません。

メンズエステは、男性スタッフが施術することが多くなっているため、脱毛というデリケートな施術を女性に任せるのが恥ずかしいという方におすすめです。 なお、医療を提供することができないため、施術後に炎症が起きても薬は処方してもらえません。化粧水などによる保湿ケアのみしてもらえます。もし、肌に炎症が起きたら、薬局などで炎症を抑える市販薬を購入しましょう。

メンズエステのヒゲ脱毛にかかる期間の目安

脱毛の効果の現れ方には個人差があり、具体的な期間については実際に受けてみるまでわかりません。カウンセリングを受けたところ、肌が刺激に弱いために出力を落とすことになれば、それだけ脱毛期間が長くなります。

メンズエステのヒゲ脱毛は、約5~6回で毛の量を減らせるでしょう。ツルツルにしたい場合は、約12回以上は必要とされており、場合によっては20回近い回数通うことになります。 また、あごヒゲだけなのか、口下や鼻下、頬も脱毛するのかによって、通院回数が変わります。その他、メンズエステが混雑している場合も、1回の通院で施術できる箇所が少なくなり、通院回数が増えることが予想されるでしょう。

 

期間が長引いてしまいがちな人とは

脱毛にかかる期間には個人差がありますが、期間が長引いてしまいがちな人もいます。日焼けをしている場合、レーザーや光が肌にまで反応してしまい、火傷する可能性があります。そのため、場合によっては施術を断られてしまうのです。日焼けはすぐに治まらないため、それだけ脱毛期間が長くなってしまいます。

また、アルコールを飲んで血行が促されると、施術後に赤みや痛みが起こりやすくなります。このような状態ではレーザーや光の出力を下げることになるため、前日にうっかりアルコールを飲んでしまった方も脱毛期間が長引くことになるのです。 また、施設によっては前日にアルコールを飲んだ方の施術を断っており、出力を下げて照射することさえできません。スタッフや医師、看護師の指示に従って、脱毛を受けられる状態を整えましょう。

濃いヒゲがびっしり生えている人

ヒゲが濃くて、毛と毛の隙間が狭い方は、脱毛期間が長くなります。濃いヒゲはレーザーや光の影響を受けにくいため、どうしても他の部位よりも施術回数が多くなってしまうのです。また、びっしりと濃いヒゲが生えていると、成長期ではない毛も多く混在することになるため、それだけ通院回数が多くなります。

ヒゲが濃い場合は、施術時に強い痛みを感じることがあります。1回の通院であごや口下、鼻下、頬など全ての部位に光やレーザーを照射することもできますが、痛みが強いため難しいかもしれません。また、痛みに弱い方は、1回の通院で施術できる範囲を2回に分けることになり、脱毛期間が長くなるでしょう。

細い毛がたくさん生えている人

細かい毛は色素が薄いため、光やレーザーがしっかり反応しない場合があります。そうなると、通常の毛よりも多くの照射が必要になるのです。ヒゲの量を減らすだけであれば、太い毛さえ脱毛できれば問題ありません。ツルツルにしたい場合は、細かい毛まで脱毛する必要があります。予算が足りない場合は、ある程度ツルツルになるまで脱毛して、細かい毛は自宅でケアするといいでしょう。脱毛ワックスや除毛クリームなどを使えば、細かい毛もしっかり処理できます。定期的なケアが必要ですが、太い毛さえ脱毛できれば、ケアの手間は大きく減るでしょう。

まとめ

ヒゲは太いため、どうしても施術回数が多くなります。また、痛みが強いため、一度の通院で広範囲を施術できず、必要以上に通うことになるケースもあるでしょう。ヒゲ脱毛の費用は施設によって異なり、複数回のお得なセットプランがあります。ヒゲが濃くて長く通うことになりそうな場合は、できるだけ施術回数が多いプランを選びましょう。このような施術回数や期間については、初回のカウンセリング時に確認しておくことが大切です。