体臭が気になるならヨーグルトがおすすめ!その理由とは

においのエチケットが話題となることの多い昨今、自分の体臭を気にしている方は多いことでしょう。そんな方におすすめしたいのが、ヨーグルトの摂取。そう、ヨーグルトを食べることで、体臭を抑えられる場合があるのです。おいしいヨーグルトと体臭の関係について、本文で詳しく見ていきましょう。

体臭に関係する「悪玉菌」

なぜ、ヨーグルトの摂取が体臭に利くのか。疑問の答えを知るためのキーワードに、「悪玉菌」があげられます。本文のはじめに、私たちの腸内に住む悪玉菌について解説しておきましょう。

善玉菌と悪玉菌について

私たち人間の腸内には、数百兆個の細菌(常在菌)が住んでいます。その種類は約1,000種類。これら細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3タイプがあり、各タイプが共存することで「腸内フローラ」と呼ばれる生態系をつくっています。

3タイプの細菌のうち善玉菌と悪玉菌は、名前からイメージするとおり、対立関係にあります。善玉菌は体の健康を維持してくれる細菌。腸内で消化吸収の補助や、ビタミンの合成を行っています。 対する悪玉菌は、体にダメージを与える細菌です。悪玉菌は腸内を腐敗させたり、発がん性物質を産生したりと、体に害となる働きをもっています。

善玉菌と悪玉菌のバランスは、常に一定というわけではありません。年齢や体調、精神状態、食習慣などの要素により、両者のバランスは変化します。 加齢、体調不良、ストレスの溜めすぎ、偏食の4つは、いずれも悪玉菌を増やす要素です。

悪玉菌が増えればそのぶん善玉菌は減り、腸内環境が悪化します。 …と、ここで気になるのが、3つめの腸内細菌である日和見菌の存在。善玉菌と悪玉菌が勢力争いを続けるなか、日和見菌は何をしているのでしょうか。 簡潔にいうと、日和見菌は流動的な立場にいる細菌です。善玉菌と悪玉菌のうち、勢力の強いほうに味方する性質をもっています。たとえば、食生活の乱れによって悪玉菌が優位になると、日和見菌も体にダメージを与えはじめるのです。

以上ご紹介した腸内細菌のバランスは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想的とされています。善玉菌が日和見菌を味方につけた状態をキープすることが、腸の健康を維持するポイントです。

 

体臭対策にはヨーグルトが救世主!

悪玉菌についての知識を身につけていただいたところで、いよいよ今回のテーマであるヨーグルトの登場です。ヨーグルトがもつ、体臭を防ぐ効果について詳しく見ていきましょう。

ヨーグルトが悪玉菌増殖を抑える

ヨーグルトには、「ビフィズス菌」や「乳酸菌」といった細菌が含まれています。これらは、先に解説した善玉菌にほかなりません。つまり、ヨーグルトを食べることで、腸内の善玉菌を増やせるのです。

腸内で善玉菌が増えれば、相対的に悪玉菌の数は減ります。結果的に腸内環境が整い、体臭の原因である腐敗物の蓄積や、便秘が起こりにくくなります。これが、ヨーグルトの摂取が体臭予防につながる理由です。

ヨーグルトに含まれる善玉菌のなかでも、ビフィズス菌は悪玉菌を抑制する力の強い細菌です。ビフィズス菌には、強い殺菌力をもつ「酢酸」をつくる働きがあります。この酢酸が悪玉菌の繁殖を抑制。結果的に善玉菌が優性になり、腸内環境が整います。

なお、乳酸菌にも整腸作用はありますが、酢酸を作る働きはありません。このため、体臭予防のためにヨーグルトを食べるなら、ビフィズス菌を豊富に含むものを選ぶことが肝要です。 ビフィズス菌を含むヨーグルトのなかでも、おすすめは「生きたビフィズス菌が腸に届く」製品です。ビフィズス菌を含むヨーグルトは多数ありますが、腸に届く前に菌が死んでしまうものが少なくありません。 ヨーグルトを購入する際は、パッケージをよくチェックしてください。生きたビフィズス菌が腸に届く、とするヨーグルトも複数あるので、いろいろな商品を試すとよいでしょう。整腸作用を実感できるものが見つかったら、継続して摂取してください。

 

ヨーグルト以外にもある悪玉菌対策食品

悪玉菌の増加を防ぐ食品は、ヨーグルト以外にも多数あります。その多くは、健康維持にも役立つ食品です。以下でご紹介する食品の摂取を、日常の食事で心がけてください。

食物繊維が豊富な食品

「食物繊維」が豊富な食品は、悪玉菌対策および体臭予防に役立ちます。食物繊維は、胃腸で吸収されずに排出される成分。直接栄養になるものではありませんが、腸内環境を整える働きがあります。

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類がありますが、とくに高い整腸作用をもつのは後者です。不溶性食物繊維には、腸内の水分を吸って便のかさを増し、排便をうながす働きがあります。 また、不溶性食物繊維は、腸内の老廃物や有毒物を吸着して、便とともに排出してくれます。悪玉菌のエサとなる、腸内のゴミを掃除してくれるのです。

…と、不溶性食物繊維の利点ばかりを解説しましたが、水溶性食物繊維にもメリットはあります。水溶性食物繊維のもつ働きは、血糖値の急上昇を抑える効果や、高血圧の予防効果など。水溶性食物繊維をしっかり摂ることは、生活習慣病の予防につながります。 付け加えると、水溶性と不溶性のどちらの食物繊維も、善玉菌のエサになります。

2種類の食物繊維は、ともに健康維持に必要な成分であり、バランスよく摂取することが肝要です。 水溶性食物繊維は、海藻類、納豆、こんにゃく、大麦などから摂取できます。不溶性食物繊維は、ゴボウ、玄米、豆類、きのこ類などに含まれます。 摂取の目安量は、2種類の食物繊維を合わせて20g以上。摂取バランスは、水溶性1に対して不溶性2が理想的です。

オリゴ糖が豊富な食品

「オリゴ糖」を豊富に含む食品も、悪玉菌の抑制に役立ちます。オリゴ糖は、果糖やブドウ糖などの「単糖」が結合した成分。「フラクトオリゴ糖」「乳化オリゴ糖」「大豆オリゴ糖」などの種類があります。 食べ物から摂取したオリゴ糖は、胃や小腸で消化されることなく大腸に届いて、ビフィズス菌のエサになります。つまりオリゴ糖には、ビフィズス菌の働きをサポートする役割があるのです。

ビフィズス菌に対するオリゴ糖のサポート力は高く、かつてO-157が流行した際に、菌への抵抗力を強くする栄養として注目されました。 オリゴ糖は大豆やアスパラガス、タマネギ、リンゴ、バナナなどの食品に多く含まれています。これらの食品は、食物繊維も豊富です。 体臭予防のためにヨーグルトを摂取する際は、リンゴやバナナをそえて食べるとよいでしょう。プレーンヨーグルトを使った、アスパラガスのサラダもおすすめです。

 

まとめ

ヨーグルトで腸内環境を整えると、体臭を予防できるだけでなく、肌の状態もよくなります。理想のメンズに近づくためにも、ぜひ毎日の食事にヨーグルトを取り入れてみてください。