体臭はサウナで予防できる?その理由と正しい入り方

健全な社会生活を送るために、予防したいものといえば体臭です。体がにおうと他人を不快にさせますし、会社で肩身の狭い思いをする場合もあります。 そこで、体臭予防のために活用したいのがサウナです。サウナで汗を流すことで、体臭を予防・改善できるのです。サウナの利用が体臭予防につながる理由と、サウナの正しい入り方を、本文でチェックしてみてください。

サウナが体臭対策になる?

冒頭で述べたように、サウナは体臭の予防や改善に役立ちます。ただし、あらゆる体臭をサウナで防げるわけではありません。サウナで予防・改善できる体臭について知ることから、本文をスタートさせましょう。

汗臭い体臭の原因は「悪い汗」

サウナで予防できる体臭の代表は汗臭、つまり汗臭い体臭です。

汗臭は、汗の多い人に特有の体臭ではありません。「悪い汗」が原因の汗臭は、あまり汗をかかない人の体にも発生します。 悪い汗とは、ミネラルや老廃物などを多く含む汗のこと。悪い汗について説明するために、まずは通常の汗の成分について触れておきましょう。

通常の汗の成分は、99%が水分です。残りの1%はほぼ塩分で、ミネラルや尿素などもわずかに含まれます。ほとんどが水分でできているため、通常の汗は皮膚表面に出たばかりの状態だと無臭です。ただし、汗が体外に出てから1時間ほど経つと、雑菌がわいてにおいが生じます。 以上を踏まえたうえで、悪い汗に話を戻しましょう。

先に触れたように、悪い汗とは、水分のほかにミネラルや老廃物などをたくさん含んでいる汗です。といっても、悪い汗は特別なものではありません。 悪い汗と通常の汗は、もともとは同じものです。皮膚の中で分泌された時点では、通常の汗にもミネラルや老廃物が多分に含まれているのです。 ただし、通常の汗に含まれるミネラルや老廃物は、汗腺(汗を皮膚に運ぶ管)のろ過機能によって体に再吸収されます。体にとって必要な栄養を、逃さないようにするためです。 悪い汗は、汗腺のろ過機能が働かなくなることで発生します。つまり、ミネラルや老廃物などを含んだ汗が、ろ過されずに皮膚表面に出てきたものが悪い汗というわけです。

悪い汗はネバネバしており、皮膚上に現れた時点で悪臭がします。悪い汗が発生する原因は、1日中冷房にあたる生活環境や運動不足など。汗をかく機会が減り、汗腺の機能が低下することで、悪い汗が出るようになります。

サウナで汗をかくことで「良い汗」になる

悪い汗が原因の汗臭は、汗腺の機能を回復させることで予防・解消できます。そこで役立つのがサウナです。

先に述べたとおり、汗腺の機能は汗をかく機会が減ることで低下します。逆にいえば、汗をかく習慣があれば、汗腺の機能は低下しません。また、汗を積極的にかくことで、弱まった汗腺の機能は回復します。つまり、よい汗が出るようになるのです。

汗をかく方法はいくつか考えられますが、手軽に行えて、かつ効果が高いのがサウナです。サウナは銭湯やスポーツジムにいけばいつでも利用できますし、座っているだけで大量の汗をかけます。 もちろん、運動で汗をかくことでも、汗腺の機能は回復します。ただ、汗腺の回復には、2〜3週間の期間が必要です。つまり、運動を2週間以上継続しなければ、汗腺の機能は回復しません。 運動と比べると、サウナは楽に汗をかけますし、簡単に汗腺の機能を回復させられます。

毎日銭湯やスポーツジムに通うのが無理であれば、運動とサウナを組み合わせるのも1つの手です。悪い汗の予防や汗腺の機能回復に、サウナを上手に役立ててください。

 

サウナは疲労臭対策にもおすすめ

サウナは汗臭だけでなく、「疲労臭」の対策にも役立ちます。この節では、独特のにおいがする疲労臭と、サウナによる疲労臭改善効果について見ていくことにしましょう。

体が疲れるとにおいが悪化する疲労臭

疲労臭とは、名前のとおり疲労がたまることで生じるにおいです。においの原因となるのは、タンパク質の分解によって発生する「アンモニア」。疲労でアンモニアの処理が遅れることにより、疲労臭が発生します。

疲労臭発生のメカニズムを、より詳しく見ていきましょう。まず、食事で摂取したタンパク質が胃腸で消化されると、アンモニアが発生します。アンモニアは有害物質であるため、体内で無害化しなければなりません。 そこで活躍するのが肝臓です。通常であれば、アンモニアは肝臓の機能によって無害な尿素に変換されます。ただ、疲労によって肝臓の機能が低下している場合は、この変換が上手く行われません。 肝臓で処理しきれなかったアンモニアは、血液に混じって体中に運ばれます。また、その一部は皮脂や汗に混じり、独特のにおいを放ちます。このにおいが疲労臭です。

疲労臭のにおいは、ほかのものに例えるなら“オシッコのにおい”です。体からオシッコのにおいがするのは、誰が考えても気持ちのよいものではありません。 …と、ここまでは疲労臭について解説しましたが、メンズが覚えておきたい体臭がもう1つあります。その体臭とは、「ミドル脂臭」です。

ミドル脂臭も、疲労がたまることで発生します。においの原因となるのは、疲労によって濃度が高まる物質である「乳酸」です。 乳酸は血液に乗って体中をめぐり、その一部は汗に混じって体外に排出されます。体外に出た乳酸は雑菌によって分解されるのですが、その際に「ジアセチル」というにおい成分が発生します。このジアセチルが放つにおいがミドル脂臭の正体です。

ミドル脂臭のにおいは、ひとことでいうと“あぶら臭い”においです。その強さは、似たタイプの体臭である加齢臭より強烈。しかもミドル脂臭は、30代の男性に発生しやすいとされています。30代で働きざかりのメンズは、疲労臭だけでなくミドル脂臭の対策も意識したいところです。

血流促進と疲労物質の分解でにおいを解消

サウナは疲労臭対策に役立ちますし、ミドル脂臭対策としても有効です。

まず、肝臓の疲労が原因の疲労臭は、サウナがもつ血行促進効果によって改善できます。サウナの熱で血行が高まることにより、代謝が促進されて疲労の回復が早まるのです。 また、血行が促進されると、肝臓の働きも向上します。結果的にアンモニアの処理能力が回復。疲労臭の再発防止につながります。

続いて、サウナによるミドル脂臭の改善効果について。 ミドル脂臭の原因である乳酸は、酸素によって分解されたのち、汗に混じって排出されます。このため、体をめぐる酸素の量が多いほどに、乳酸は排泄されやすくなります。

酸素を運ぶものといえば、血液です。サウナに入ると血流量がアップして、より多くの酸素が体に運ばれます。結果的に乳酸がどんどん分解され、汗で流されてミドル脂臭が改善するというわけです。 …と、ここまでに解説したように、サウナには汗臭、疲労臭、ミドル脂臭の3つを予防改善する効果があります。次節では、効果的にサウナを利用する方法を見ていくことにしましょう。

 

効率よく汗をかくためのサウナの入り方

体臭予防のためにサウナを利用するなら、よりたくさんの汗をかくよう工夫したいところです。効率よく汗をかくためのサウナの入り方を、3つにわけて見ていきましょう。サウナ利用時の注意点も、合わせて解説します。

温度が低めのサウナにゆっくり入る

サウナには高温のイメージがありますが、温度が60〜70度程度、あるいはそれ以下の「低温サウナ」でも汗をかくことは可能です。

サウナの利用に慣れていない方は、まず低温サウナにゆっくり入る方法を試してみてください。 高温のサウナに入る時間は15分程度が一般的ですが、低温サウナの場合は20分ほどかけて入り、ゆっくり汗をかきます。20分経ったらサウナ室を出て、足に水をかけたうえで30分ほど休憩しましょう。効率よく汗をかくために、水風呂の使用は避けてください。

休憩をはさみながら高温のサウナに繰り返し入る

サウナの利用に慣れている人や、低温サウナに慣れた人は、高温サウナへの繰り返し入浴を試してみてください。

繰り返し入浴では、まず90度前後の高温サウナに10〜15分ほど入ります。入浴が終わったら、サウナ室を出て適度に休憩しましょう。2回目の入浴では、時間を8〜12分程度に短縮します。入浴が済んだら、1回目と同様に休憩してください。

以上の入浴と休憩のサイクルを、入浴時間を短くしながら3〜4回繰り返すことにより、効率よく汗をかくことができます。なお、高温サウナの繰り返し入浴においても、水風呂の使用は避けてください。高い体温をキープすることで、よりたくさんの汗をかくことができます。

高温のサウナに短い時間だけ入る

サウナにゆっくり入る時間がとれない場合は、高温サウナに短時間だけ入るのも1つの手です。

高温サウナの短時間入浴は、90〜100度のサウナに8分程度入るだけと簡単。忙しいときでも、手早く実践して効果を得られます。 高温のサウナに飛び込んで皮膚に刺激を与えることが、この入浴方法のポイントです。皮膚が受けた刺激は、神経に伝わります。その結果、神経の調整能力がアップ。神経疲労が回復し、体臭の改善につながります。

サウナに入るときの注意点

サウナは体臭の予防・改善に有効ですし、健康維持にも役立ちます。ただ、利用方法によっては、健康に害が出る場合もあるので要注意です。

たとえば、サウナから出た直後に、冷たい水風呂に飛び込む行為は危険です。急激な温度変化によって、血管が損傷する可能性があります。 もう1つ避けたいのが、飲酒後のサウナへの入浴です。飲酒すると体から水分が失われます。体の水分が少ない状態でサウナに入ると、脱水症状が助長されて危険です。飲酒後のサウナは、絶対に避けましょう。

 

まとめ

本文で解説したように、サウナは体臭の予防・改善に役だってくれます。ただ、体臭を根本的に解消したいなら、生活習慣の見直しが必要です。汗をかく習慣をつけることと、疲労をためないことが体臭を遠ざけます。体臭に関心をもったことを機に、ぜひ生活習慣を見直してみてください。