メンズ脱毛器はおすすめ?脱毛器での脱毛のメリット・デメリット

本当にメンズ脱毛機は必要なものでしょうか?そんな疑問を持つ読者は多いと思います。今回の記事では男性向けの家庭用脱毛器の特徴から、使用することによるメリットやデメリットについて解説していきます。男性にとってはまだ馴染みの少ない家庭用脱毛機。購入を検討している人はぜひ最後までお読みください。

自宅で脱毛できる!メンズ家庭用脱毛器

男性向け家庭用脱毛器がどのようなものか、ご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。女性の間ではいまやメジャーな美容機器となった家庭用脱毛器ですが、男性にとってはまだまだ縁遠い存在。まず、家庭用脱毛器はどんなものかという基礎的な部分から学んでいきましょう。

家庭用脱毛器とは

家庭用脱毛器はエステと同様の脱毛を自宅で可能にする機器です。自室で誰にも知られず施術できることから、時間がなくてサロンに通えない人、他人に体を見られることに抵抗がある人たちの間で人気商品となっています。費用面もサロンの全身脱毛と比較すると安価に済みますし、本格的な脱毛をする前に試してみたいという人にもおすすめです。

家庭用脱毛器の種類

現在入手可能な家庭用脱毛器は、方式の違いで「レーザー脱毛器」「光脱毛器」「サーミコン脱毛器」の3種類があります。それぞれ肌にかかる負担や施術時の痛み、1回あたりの施術時間が異なるので、自分に合った脱毛器を選ぶためには特徴をよく知っておく必要があるでしょう。以下に方式ごとの特徴を挙げますので参考にしてみてください。

・レーザー脱毛器

レーザーを使用して毛根の処理を行います。痛みは強く、施術の時間も長くなる傾向にあります。太く濃いムダ毛の処理に高い効果があります。

・光脱毛器

IPL脱毛、フラッシュ式脱毛とも呼ばれ、光の波長を利用して毛根を処理します。痛みはレーザーよりも軽く、比較的短時間で施術を終わらせることができます。太いムダ毛も処理できますが、産毛のような細く薄いムダ毛に強いという特徴があります。

・サーミコン脱毛器

脱毛器と呼ばれていますが、実際は毛を焼いて除毛する機器です。使用中は熱さだけで、痛みを感じることはありません。施術も短時間で済ますことができます。

男性用の家庭用脱毛器ってあるの?

脱毛器という言葉には女性が使う美容機器というイメージがありますが、男性用の家庭用脱毛器ももちろん市販されています。女性と比べて男性は毛の密度が濃く太いため、脱毛器もそれに対応できるスペックとなっています。女性用脱毛器では難しいヒゲ脱毛もできるようになっている点は大きな違いといえるでしょう。

 

男性の脱毛にメンズ脱毛器を使うメリット

男性がメンズ脱毛器を使って脱毛するメリットは、手軽さと気楽さにつきるでしょう。家庭用脱毛器なら「エステサロンまで通っていられない」「他人に脱毛しているところを見られたくない」という気持ちに応えてくれるはずです。

エステサロンに通う手間がない

サロンまで脱毛に通うのは手間なものです。いちいち予約をしたり、最寄りにサロンがない人は電車などで移動したりと大変。全ての脱毛が終わるまでに何度も通う必要があるので、仕事が忙しい人は中途半端な状態がしばらく続いてしまうこともあるでしょう。ムダ毛やヒゲを脱毛したいのに、そこで諦めてしまった人は多いのではないでしょうか。

家庭用メンズ脱毛機ならそんな悩みも解決します。帰宅してからのちょっとした合間に使えるので、もう時間を気にする必要はありません。サロンでは長続きしなかった脱毛も、自宅でなら長続きするという男性も多いようです。この手軽さによるメリットは見逃すことができませんね。

ムダ毛を人に見られず手入れできる

人目につかずムダ毛の処理ができることにメリットを感じる男性は多いのではないでしょうか。最近ではメンズエステも広く認知されるようになりましたが、多くの男性にとってはまだまだ入ることに抵抗があるお店です。「あの男、エステなんかに入っていくぞ」と周りに思われているのではないかと、入口まで行っただけで帰ってしまった経験はありませんか。勇気を出して中に入ってみても、女性スタッフが多かったら恥ずかしい思いをしそうですね。 そんなことを気にしないで脱毛できる家庭用脱毛器はまさに男性の味方。

本当はムダ毛に困っているんだけど、そのようなことは誰にも言えないという男心に応えてくれるパートナーといえるでしょう。

 

より高い効果を求めるならクリニック脱毛がおすすめ

家庭用脱毛器では充分な効果を得られないこともあり、より高い効果を望むのであればクリニック脱毛を検討してみましょう。

家庭用脱毛器とクリニック脱毛の効果の違い

家庭用脱毛器とクリニック脱毛を比較したときに、効果に大きな違いがあることも知っておきましょう。

一般の人たちが使っても危険性が少なくなるように作られた家庭用脱毛器と、医療用機器を使ってプロが施術するクリニック脱毛の間には、当然ともいうべき大きな違いが出てしまいます。

まず永久脱毛することを考えて施術する場合ですが、家庭用脱毛器では不可能です。これは法律で定められていることで、発毛細胞を壊すことができるのは医療行為だけだからです。つまりクリニックでなければ永久脱毛を望むことはできないということです。機器を比較するとそのことがよくわかります。

同じレーザー脱毛を名乗っていても、家庭用脱毛器で使われているのは本当のレーザーではなくキセノンライトなどです。使用者が火傷してしまう危険性が少なくなるぶん、永久脱毛効果も劣ってしまう方式になっています。もし永久脱毛をうたっている家庭用脱毛器が売られていたら、それは誇大広告をしているといえますね。

かといって家庭用脱毛器は否定されるものではありません。永久脱毛まで必要としていない人にとって、家庭用脱毛器は手軽で便利な美容機器です。ムダ毛を何とかしたいものの、永久になくなってしまうのは困るという男性もいるでしょう。とくにヒゲでオシャレ感を演出する人はそう思うのではありませんか。家庭用脱毛器とクリニック脱毛のどちらを選ぶかは、自分のニーズについてよく考える必要があるでしょう。

施術内容によっては価格に差がないことも

家庭用脱毛器とクリニック脱毛を費用面で比較してみると、施術内容によってはそれほど両者の間に価格差がないことがわかります。その内容とは施術回数が多くなるケースで、脱毛したい部分の毛の濃さや部分、面積によって変わるものになります。

価格差が大きくないケースを一例として挙げると、ヒゲ脱毛がそれにあたります。クリニックで脱毛する場合、施設によっても変わりますが安いところで7万円弱がヒゲ脱毛に必要な費用です。家庭用脱毛器で同じことをしようとすると、本体価格で4万円から6万円、交換カートリッジが5千円から1万円なので、クリニックと比較してあまり大きな差が出ない脱毛となります。

しかしここまでの話はレーザー脱毛をする場合の比較です。除毛できるだけでよいのであればサーミコン式脱毛器を選べばいいわけで、サーミコン式なら1万円でお釣りがくる程度の実売価格で販売されています。 どのような脱毛を目指しているかで、家庭用脱毛器とクリニック脱毛のコストバランスは変化します。すぐにどちらか選ばずに、クリニックで見積もりを出してもらってから比較検討してみましょう。

 

まとめ

家庭用のメンズ脱毛機について解説してきましたがいかがだったでしょうか。家庭用脱毛器は手軽に利用できるメリットがある反面、永久脱毛には向いていないというデメリットがあることもわかりました。しかし自分が求めている効果によっては、低いコストで充分な満足が得られる家庭用脱毛器は魅力的な商品です。

今回の記事では平均的な家庭用脱毛器を例にとりましたが、製品によって特化している性能の違いはもちろんあります。家庭用脱毛器を選ぶ際には店頭で実際に商品を見たり、カタログをしっかりと読んだりして、自分に合った製品かをよく見極めましょう。