メンズ脱毛は医療機関ですべき?医療レーザー脱毛の特徴・メリット

メンズ脱毛はエステサロンだけではなく、病院やクリニックなどの医療機関でもできるのをご存知ですか?医療機関ではレーザー脱毛が行われることが多く、エステ脱毛とは特徴が異なります。 そこで今回は、医療機関におけるレーザー脱毛の特徴やメリットについて解説していきます。エステ脱毛との違いを知り、自分に合った脱毛方法を選びましょう。

医療機関でのメンズ脱毛

メンズ脱毛は男性向けのエステサロンでするイメージがあるかもしれませんが、美容外科や美容皮膚科などの医療機関でも施術を受けることができます。

医療機関での脱毛は医療レーザー脱毛

医療機関で行われる主な脱毛施術は医療レーザー脱毛です。 医療レーザー脱毛は、名前にあるとおりレーザーを利用して脱毛を促す方法です。脱毛に用いられるレーザーは黒い色(メラニン色素)に反応する波長なので、皮膚に照射すると、毛根部分にだけ集中的に熱を加えてダメージを与えることができます。

レーザー脱毛は施術を受けるタイミングが重要です。体毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあり、成長期・退行期・休止期をくり返して生え変わっています。このうち、脱毛効果があるのは成長期の毛です。 成長期の毛は、根元の毛母細胞としっかりつながっているため、レーザーを照射してダメージを加えれば毛の成長を止めることができます。でも、退行期や休止期に入ると、毛母細胞の動きが低下(またはストップ)して毛が自然に抜け落ちるようになります。そうなると、毛根にメラニンがない状態になるのでレーザーを照射しても反応しません。

エステ脱毛との違い

エステサロンで実施されるメンズ脱毛との最大の違いは、照射パワーです。 医療機関のレーザー脱毛はエステ脱毛の機器より高い出力で照射することができ、その分高い効果が得られます。

エステサロンでは光脱毛やプラズマ脱毛が行われていますが、基本的な仕組みはレーザー脱毛と同様に黒い色に反応する光を照射することです。でも、エステ脱毛の機器はあくまでも美容機器という位置づけで照射パワーは強くありません。 その点、医療機関で用いられているレーザー脱毛機器は、厚生労働省やFDA(米国の食品医薬品局)による認可を受けた医療機器であり、高出力での照射が許可されています。

つまり、エステ脱毛はあくまでも美容のための施術であるのに対し、医療レーザー脱毛は医療行為という位置づけとなっています。

 

医療機関で脱毛するメリット

医療レーザー脱毛の基本的なメカニズムやエステ脱毛との違いをチェックしたところで、次に医療機関で脱毛をすることのメリットを見ていきましょう。

脱毛効果が高い

前章でもお伝えしたように、医療レーザー脱毛は照射パワーが強い機器を使っているため、高い脱毛効果が得られます。これが最大のメリットではないでしょうか。

効果が高いとはいえ、成長期の毛にしか効果が出ないので一定の期間を空けながら施術をくり返す必要がありますが、照射パワーの低いエステ脱毛より確実に脱毛効果が得られるでしょう。エステ脱毛は一時的な減毛・制毛ですが、レーザー脱毛を続ければ、ほぼ永久的な脱毛も可能です。

通う回数が少なくて済む

脱毛効果が高いため、少ない回数で施術を完了させることができるというのも大きなメリットです。

もちろん、脱毛効果には個人差があるので一概には言えませんが、医療レーザー脱毛は5〜6回で効果を実感することができます。それに対し、エステ脱毛は効果が感じられるまで多くの回数が必要で、15回以上通わないと満足できる効果が得られない場合もあります。

施術回数が少なくて済むということは、病院やクリニックに通う手間や時間も省けることになります。また、レーザー脱毛だと通院期間は1年〜1年半くらいですが、エステ脱毛だと2年以上かかることも多いので、より短期間で完了させられるところも魅力的です。

肌トラブルがあったときも安心

医療レーザー脱毛は皮膚の専門医がいる医療機関で行われるので、万が一肌トラブルがあったときでも安心です。

先述したように、レーザー脱毛は医療行為という位置づけなので、施術ができるのは医師か医師の指導を受けた看護師のみです。看護師が施術を行う場合でも、診察や肌トラブルへの対応は医師が行うため、すぐに適切な治療や薬の処方をしてもらえます。

その点、エステサロンには医療従事者がいないため、肌にトラブルが生じてもすみやかに治療を受けることができません。

 

医療レーザー脱毛で知っておきたいこと

医療機関で脱毛施術を受けるメリットを知ると、すぐにでも脱毛を始めたくなるかもしれませんが、レーザー脱毛には注意点やリスクもあります。以下の3つの項目をチェックしておきましょう。

脱毛には痛みをともなう

医療レーザー脱毛はある程度の痛みをともないます。毛母細胞を破壊するほどの高い出力で照射するので、全く刺激を感じないということはないでしょう。でも、これは効果があるゆえの仕方のないことで、痛みがほとんどない施術方法は効果もそれなりだと認識しておきましょう。

ただし、医療機関によっては冷却ガスで冷やしながらレーザーを照射するので、感覚が麻痺して痛みはほとんど感じなくなります。また、あらかじめ相談しておけば麻酔クリームなどの処置を施してもらうこともでき、しっかりと効果を得ながら痛みをなくすことが可能です。

痛みが強ければ施術を受け続けるのが苦痛になってしまいます。レーザー脱毛は部位によっては痛みがかなり強く出る場合もあるため、医師に相談して適切な対策をとってもらうのが得策です。

火傷などのリスクもある

医療レーザー脱毛には火傷などのリスクもあります。高出力で脱毛効果の高い施術なので、人によっては以下のような副作用や肌トラブルが発生するかもしれません。

・発赤

・ヒリヒリ感

・火傷

・毛嚢炎

・毛が濃くなる・増える

レーザーは黒いメラニン色素に反応するので、肌の色によっては火傷のような状態になる可能性があります。また、レーザーの影響で毛穴のバリア機能がダメージを受けると、炎症を起こして毛嚢炎になることもあるようです。 毛

が濃くなる硬毛化や、毛が増える増毛化は、背中や二の腕などの産毛に起こりやすい症状です。 火傷などのトラブルが起こった場合、病院によっては無料で治療や薬の処方をしてもらえます。硬毛化や増毛化については、レーザー照射を続けることによって改善することが多いようです。 考えられるリスクについては、施術を受ける前に医師に確認しておきましょう。

エステ脱毛より高額なことが多い

医療レーザー脱毛の料金は、エステ脱毛より高い場合がほとんどです。全身脱毛で比較すると、病院やクリニックの相場は60〜80万円程度、エステサロンは30〜50万円程度と、かなり差があります。 クリニックによっては良心的な価格設定のところもありますが、基本的に健康保険の適用外なので全額自己負担となります。

 

まとめ

医療機関でのメンズ脱毛は、照射パワーが強く、高い脱毛効果が得られる医療レーザー脱毛が主に用いられています。 メンズ脱毛はエステサロンの光脱毛などもありますが、レーザー脱毛の方が高出力で照射することが認可されているため、ほぼ永久的な脱毛も可能です。脱毛効果が高いので、通う回数も少なく比較的短期間で脱毛を終わらせることができます。

パワーが強い分、ある程度の痛みをともない、火傷などのリスクもありますが、医師がいるので必要に応じて麻酔処置や治療をしてもらえるので安心です。 多少のリスクはあっても高い脱毛効果が欲しい方は、エステ脱毛より医療機関の脱毛をおすすめします。

ただし、料金に関してはエステ脱毛より高額なことが多いので、予算や求める効果を検討して決めましょう。