ヒゲ脱毛はブラジリアンワックスでできる?

無精ヒゲや青ヒゲは、印象を悪くする原因になることがあります。青ヒゲに関しては、シェービングでは解消することが難しく、シェービングによる肌へのダメージも懸念されます。ブラジリアンワックスであれば、肌へのダメージを抑えられると思っている方もいるでしょう。そこで今回は、ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛はできるのか解説します。

ブラジリアンワックスとは

ブラジリアンワックスと言えば、女性が使うものというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。脱毛やムダ毛の手入れをする男性が増えてきており、ブラジリアンワックスは身近なものとなってきています。そもそもブラジリアンワックスはどのようなものなのか、どうすれば使えるのか確認しておくことが大切です。

ブラジリアンワックスってどんなもの?

ブラジリアンワックスは、手軽に使えるムダ毛ケア用品です。女性のVIOのようにシェービングが難しいデリケートなところに使うことが多いのですが、背中やお尻などシェービングが難しいところにも使えます。男性もVIOや背中、お腹、腕、脚などにも使えるため、短時間でムダ毛ケアしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

使い方は簡単で、ムダ毛を処理したいところに塗り、その上から専用のシートを被せます。そのまま所定の時間放置して、シートを一気にはがすのです。そうすると、ムダ毛が一緒に引き抜かれて処理できます。無理に引き抜くことになるため、シートをはがすときには痛みを感じます。

ブラジリアンワックスはどこでできる?

ブラジリアンワックスでのケアはエステなど専門店で受けられます。また、ブラジリアンワックスは販売されているため、自宅でのケアも可能です。それぞれの特徴は次のとおりです。

・エステなど

ブラジリアンワックスを行っているエステサロンはたくさんあります。ブラジリアンワックスでのケアでは肌へのダメージが懸念されますが、アフターケアまでしてもらえるため、肌トラブルが起こるリスクを抑えられます。ただし、スタッフによって技術に差があるケースでは、逆にトラブルが起こるリスクが高まります。エステなどを選ぶ際には、口コミを確認してトラブルのリスクが低いところでブラジリアンワックス脱毛を受けましょう。

・自宅

エステと比べて安く済ませられますが、慣れていない方がブラジリアンワックスを使うと肌トラブルが起こる可能性があります。化粧水や乳液などでアフターケアを行い、肌トラブルが起きた場合は市販薬を塗るか医療機関を受診しましょう。

 

ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛は可能?

ブラジリアンワックスは、毛があるところであればどこにでも使用できます。しかし、使えるかどうかと、トラブルなく使えるかどうかは別の問題です。実際のところ、ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛はできるのか確認しておきましょう。

ブラジリアンワックスでのヒゲ脱毛はおすすめできない

ブラジリアンワックスでのヒゲ脱毛はおすすめできません。腕や脚、背中やお腹などであれば、ブラジリアンワックスでのケアがおすすめです。

ヒゲは他の部位のムダ毛とは性質が全く異なり、ブラジリアンワックスでケアすると思わぬトラブルが起こる可能性があります。 また、ブラジリアンワックスでのヒゲ脱毛は、エステやクリニックで受ける光脱毛や医療レーザー脱毛とは異なり、ヒゲが生える量を減らすことはできません。シェービングと比べてケアの間隔は長くなりますが、それでも継続的なケアが必要です。

光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛を生やす毛母細胞に栄養を送り込む毛乳頭細胞にダメージを与えることで、生えてくる毛の量を減らす施術です。 ブラジリアンワックスは、毛乳頭細胞にダメージを与えることはできないため、生えてくる毛の量は変わりません。

 

ブラジリアンワックスでのヒゲ脱毛をおすすめしない理由

ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛ができれば、毎日のケアが楽になるでしょう。しかし、実際のところヒゲのムダ毛処理にブラジリアンワックスを使うことは難しいです。その理由を確認しておきましょう。

ヒゲをある程度の長さまで伸ばす必要がある

ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛するためには、ヒゲをある程度の長さまで伸ばす必要があります。短いヒゲにブラジリアンワックスを塗っても、シートをはがすときに一緒に引き抜けません。ブラジリアンワックスがヒゲにしっかり絡んだ状態でシートを一気にはがすことで、ヒゲを根本から取り除けるのです。

ヒゲをある程度の長さまで伸ばすことになれば、ヒゲが似合わなくても我慢することになります。また、会社でヒゲを剃るように指摘される可能性もあるでしょう。無精ヒゲや青ヒゲを解消したいのに、ヒゲを生えっぱなしにすることは避けたいという方は多いのではないでしょうか。

肌トラブルの危険性がある

ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛をすると、様々な肌トラブルが起こる可能性があります。

・埋没毛

埋没毛は、その名のとおり肌に毛が埋没してしまうトラブルです。ヒゲは太いため、ブラジリアンワックスで抜くと肌へのダメージが大きく、皮膚に穴が空きます。そのまま次の毛が生えてくれば埋没毛にはなりませんが、多くの場合は毛が生える前に皮膚にかさぶたが張ってしまうのです。

かさぶたが張ると、次に生えてくる毛の邪魔をしてしまい、皮膚から毛が生えることができなくなります。毛は黒いため、皮膚の下に埋まった毛が透けて見えることで、黒いポツポツ毛穴が目立つようになるのです。

解消できない青ヒゲのような見た目となるため、やはりブラジリアンワックスでのヒゲ脱毛は避けた方がいいでしょう。なお、埋没毛は光脱毛や医療レーザー脱毛を受けることで解消できる可能性があります。

・毛嚢炎

毛嚢炎は、毛穴に細菌が入り込み炎症を引き起こした状態です。ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛をすると、皮膚に穴が開くため、細菌が入り込むリスクが高いのです。

健康な肌は、バリア機能によって細菌の侵入を防いでいますが、ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛をするとバリア機能が損なわれ、細菌が侵入しやすくなります。毛嚢炎は医療機関で適切な治療を受ける必要があります。

・赤みやヒリヒリ感

ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛をすると、肌の表面に大きなダメージが加わります。その結果、炎症が起きて赤ヒリヒリ感などの症状が現れるのです。あごが赤くなるということなので、とても目立ちます。人と関わる仕事をしていると、あごの赤みによって印象が悪くなり、業務に支障をきたすことも考えられます。また、ヒリヒリ感によって目の前のことに集中できなくなることもあるでしょう。

・痛み

毛を引き抜く際には肌に大きなダメージが加わるため、一時的に強く痛みます。肌の状態やヒゲの太さなどによって痛みは変わりますが、我慢できないと感じるほどに痛む可能性もあります。

このように、ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛をすることには、メリットよりもデメリットの方が大きいため、できれば光脱毛や医療レーザー脱毛を受けた方がいいでしょう。

 

まとめ

ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛をすると、埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルが起こる可能性があります。肌トラブルが起こると見た目が悪くなるため、青ヒゲを解消できてもメリットを感じられないかもしれません。

また、光脱毛や医療レーザー脱毛とは違い、毛を生やすために必要な細胞にダメージを与えれないため、しばらくすると再びヒゲがしっかり生えてきます。ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛をするよりも、光脱毛や医療レーザー脱毛を受けた方がいいでしょう。痛みはありますが、痛みを抑える工夫やアフターケアをしてもらえるため、自宅でのブラジリアンワックスよりも気軽に受けられます。