ヒゲ脱毛より手軽?抑毛ローションのメリット・デメリット

ヒゲ脱毛を検討しているけれど、クリニックやサロンに通うのは面倒と感じている方もいるでしょう。そのような方におすすめなのが抑毛ローションです。脱毛ローションと呼ばれることもありますが、実際には脱毛効果はありません。ここでは、抑毛ローションのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

抑毛ローションとは

抑毛ローションは、ヒゲを生えなくする脱毛ではなく、ヒゲが生えるスピードを遅くする抑毛効果が期待できるローションです。抑毛ローションでどれだけケアをしても、発毛を阻害することはできません。ドラッグストアや通販などで手軽に購入できるため、とりあえずヒゲの量を抑えたいという方におすすめです。

抑毛ローションのしくみ

抑毛ローションは、女性ホルモンの1つ「エストロゲン」の働きによって、毛が生えるスピードを遅くします。男性ホルモンには、太くて濃い毛を生やす働きがあるため、逆の作用を持つ女性ホルモンを補充することで毛が生えるスピードを遅くできるのです。エストロゲンが含まれた成分を肌に塗ることで副作用が起こらないか心配な方もいるかもしれませんが、作用が緩やかであるため、そのような心配はほとんどありません。

抑毛ローションに含まれる成分

抑毛ローションには、女性ホルモンのエストロゲンがそのままの形で含まれているわけではありません。一般的に、大豆や豆乳、パイナップルなどから抽出される植物性エストロゲンに分類される成分が含まれています。

植物性エストロゲンは、自然界に存在するエストロゲンに似た成分のことで、人の身体にあるエストロゲンと同じような作用を持ちます。また、肌を保護することを目的にヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている場合もあります。ヒアルロン酸は、水分を保持する役割を果たしている成分です。 その他、商品によっては様々な成分が含まれているため、購入前に必ず確認しておきましょう。

抑毛ローションの使用方法

抑毛ローションはヒゲを剃ってから使います。ヒゲの上から抑毛ローションを塗ると、ヒゲが邪魔をして肌に成分が到達しません。しっかり効果を得るためにも、ヒゲを剃ってから塗るようにしましょう。

また、使用回数は商品によって異なりますが、朝と夜の2回使用するものが多くみられます。夜に使用する場合は、入浴後の清潔な肌に塗るようにしましょう。また、塗る量や使用頻度については商品によって異なるため、事前に取扱説明書や裏面の注意書きなどを読んでから使うことが大切です。

 

抑毛ローションのメリット

抑毛ローションはメリットが多く、ヒゲ脱毛を考えていたところ、抑毛ローションで満足したという方もいるでしょう。どのようなメリットがあるのかを確認したうえで、使用するかどうか決めることが大切です。

脱毛エステ・サロンより安い

ヒゲ脱毛には、数万~10万円程度の費用がかかります。サロンやクリニックによっては、それ以上の費用がかかることもあるでしょう。抑毛ローションは高くても数千円程度であるため、ヒゲが生えるスピードを遅くするだけで満足できるのであれば、選択肢に入れてもいいでしょう。

また、脱毛には複数回の施術が必要であるため、交通費もかかります。ヒゲは太くて濃いため、他の部位よりも痛みを感じやすく、場合によっては麻酔ローションを使うことになるでしょう。そうなれば別料金がかかり、さらに費用が高くついてしまいます。その代わり、クリニックで永久脱毛を受ければ、抑毛ローションよりも満足いく結果になると考えられるのです。

ヒゲのケアにどれだけの費用をかけられるのかを考えたうえで、抑毛ローションで済ますか脱毛するか決めましょう。

自宅でできる

脱毛エステやサロン、クリニックでヒゲ脱毛する場合は、通わなければなりません。抑毛ローションを使えば自宅でケアできるため、手間があまりかからないのです。

また、脱毛サロンやクリニックのスタッフと顔を合わせたくないという方もいるでしょう。男性の脱毛は広まってきてはいるものの、まだまだ珍しいと言えます。そのため、脱毛に通うことを恥ずかしく感じる方もいるでしょう。抑毛ローションを使って自宅でケアをすれば、人に知られることなくヒゲの生えるスピードを遅くできるのです。

比較的肌ダメージが少ない

脱毛サロンやクリニックでの脱毛の処置には、熱エネルギーを使用します。熱エネルギーによって毛の成長に関わる組織にダメージを与え、脱毛効果をもたらすのです。熱エネルギーは毛の黒い色素にだけ反応するようになっていますが、その周りの皮膚にも少なからず熱が加わってしまいます。そのため、施術後にヒリヒリ感や赤みといった軽い火傷のような症状が現れることがあるのです。

抑毛ローションは、植物性エストロゲンの働きによって毛が生えるスピードを遅くするだけであるため、肌に大きなダメージが加わる心配がほとんどありません。

肌へのダメージが大きいと、肌のバリア機能が低下し、そのタイミングで刺激を受けることでメラニン色素が多量に分泌されてしまいます。色素沈着の心配もあるため、スタッフの指示に従ってケアしなければなりません。抑毛ローションであれば、特にケアは必要ないため、普段から紫外線ケアに慣れていない方でも安心して挑戦できます。また、ヒアルロン酸のような保湿成分が含まれている抑毛ローションを使えば、より肌への刺激を抑えることが可能です。

 

抑毛ローションのデメリット

抑毛ローションは、濃いヒゲの悩みを手軽に解消できる便利なアイテムですが、デメリットもあります。納得したうえで使えるように、メリットだけではなくデメリットも確認しておきましょう。

脱毛はできない

抑毛ローションは、毛が生えるスピードを遅らせるものであり、生えにくくするものではありません。

サロンで受ける脱毛は、毛を作りだす毛母細胞に栄養を送り込む毛乳頭細胞にダメージを与え、毛を生えにくくできます。クリニックの医療レーザー脱毛は、毛乳頭細胞を破壊することで、永久脱毛が可能です。

このように、抑毛ローションと脱毛の施術では効果の種類が異なります。脱毛したい場合に抑毛ローションを使用しても、希望どおりの結果にはならないので注意しましょう。

即効性は期待できない

抑毛ローションによるケアは、即効性がありません。植物性エストロゲンが肌に与える影響は、とても緩やかになっています。1日1回使って1週間続けたぐらいでは、あまり効果を実感できないでしょう。早くしっかり効果を得たい場合は、1日2回は使用することをおすすめします。

なお、脱毛に関しても複数回の施術を受けなければ、大きな効果は期待できません。脱毛は、毛が生える周期に合わせた施術が必要で、約2~3ヶ月に1回のペースで通います。

抑毛ローションは毎日使うことになるため、面倒に感じる方もいるでしょう。その代わり、自宅でケアができるため、脱毛サロンやクリニックに通うよりも手軽と言えるのです。 即効性が期待できないのは脱毛も同じなので、大きなデメリットとは言えないでしょう。

 

まとめ

抑毛ローションは、濃いヒゲに悩まされている方におすすめのアイテムです。脱毛サロンやクリニックに通うことのハードルが高いと感じる場合は、抑毛ローションを試してみてください。即効性はありませんが、毎日のケアに取り入れやすくなっています。いつの間にか毛が生えるスピードが遅くなり、日々のヒゲのケアが楽になるでしょう。

抑毛ローションには、大豆や豆乳、パイナップル由来の植物性エストロゲンが含まれています。また、肌のケアに役立つ成分も含まれているため、肌へのダメージを抑えつつ毛が生えるスピードを遅らせられます。

脱毛に通うことを面倒に感じる方は、一度抑毛ローションを試してみてはいかがでしょうか。