ヒゲ脱毛は医療レーザー脱毛がよい?脱毛のしくみ・メリット・回数も解説

ヒゲ脱毛の方法には、光脱毛や針脱毛、医療レーザー脱毛などがあります。この中でも、効果や痛み、費用などのバランスがとれた方法が医療レーザー脱毛です。特に、ヒゲは医療レーザー脱毛が向いていると言えます。ここでは、医療レーザー脱毛を選ぶメリットやしくみ、脱毛にかかる回数について解説します。

ヒゲ脱毛でも人気の医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、全身のどこにでも適用できます。ヒゲ脱毛においても、医療レーザー脱毛が人気です。

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、医師や看護師などが医療レーザー機器を用いて行う脱毛のことです。美容皮膚科や脱毛専門クリニックなどの医療機関でしか受けることができません。

医療レーザー脱毛のしくみ

医療レーザー脱毛で毛が生えにくくなるのは、医療レーザーによって発毛組織を破壊できるためです。発毛には、毛乳頭細胞が深く関わっています。医療レーザーは、毛の黒色をつくっているメラニン色素に反応して熱を与えます。毛に溜め込まれた熱は、周囲にある毛乳頭細胞へと広がって発毛機能を低下させるのです。

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

医療レーザー脱毛とエステ脱毛は、使用する機器が異なります。エステ脱毛では、光脱毛器を使用します。脱毛のしくみは医療レーザー脱毛と同じですが、照射パワーが低いため毛乳頭細胞を破壊することはできません。そのため、脱毛の効果を得られるまでに多くの回数がかかり、その持続期間も医療レーザー脱毛と比べて短いとされています。医療機関以外でも使用できることが特徴で、光脱毛器と同じようなセルフ脱毛アイテムも販売されています。

 

医療レーザー脱毛を選ぶメリット

医療レーザー脱毛は光脱毛と比べて料金が高くなっていますが、それでも医療レーザー脱毛を選ぶ理由があります。

脱毛効果はほぼ永久

医療レーザー脱毛は光脱毛とは違い、毛乳頭細胞を完全に破壊できます。そのため、脱毛の効果の持続期間は、ほぼ永久となっているのです。ただし、永久であることが医学的に認められているわけではなく、一定期間が経つとうぶ毛のような毛が生えてくる可能性があります。しかしながら、光脱毛よりは長く脱毛効果が維持されることが予想されます。うぶ毛程度であれば、日々のケアで簡単に処理できるため、通い直す必要はありません。

施術の回数がエステより少ない

医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも照射パワーが強いため、エステよりも少ない回数で脱毛できます。施術回数が多いと、それだけ通うのに負担がかかり、途中でやめたくなる可能性が高くなるでしょう。また、遠くのエステサロンに通うことになれば、交通費の負担もかかります。

脱毛は、結婚式やパーティなど特別なイベントに間に合うように始める方もいます。光脱毛は、1年以上かかる場合が多いため、イベントに合わせて脱毛するのには向きません。医療レーザー脱毛であれば、約5~8回、期間にして約10ヶ月~1年4ヶ月で脱毛したい場合にも向いているでしょう。

施術時間が短い

医療レーザー脱毛と同じく永久脱毛の1つである針脱毛は、毛穴1つ単位で針を刺して電気を流し、毛乳頭細胞を破壊する方法です。毛穴1本ずつに針を刺すため、施術時間が非常に長くなります。医療レーザー脱毛であれば、照射ヘッドを脱毛したいところに当てて、数ショットするだけです。ヒゲであれば、約10分以内に1回の施術が終わるでしょう。

施術時間が短いということは、仕事終わりなどにも立ち寄りやすいということです。予定が合わないために施術が先延ばしになれば、脱毛完了までの期間も長くなってしまうため、ライフスタイルに合わせやすい医療レーザー脱毛がおすすめです。

痛みが辛い人は麻酔もできる

医療レーザー脱毛は、医療機関で受けることになります。医療機関では、麻酔クリームを使用できるため、照射時の痛みを和らげることができるのです。光脱毛は医療レーザー脱毛よりも痛みが少ないとされていますが、痛み方は人それぞれです。中には、光脱毛の痛みも辛いという方もいるでしょう。そのような場合は、照射部を冷やして痛みを和らげることになるのですが、麻酔クリームほどの効果は期待できません。

美肌効果も期待できる

医療レーザー脱毛によって毛が破壊されれば、毛穴がふさがります。これまで、毛穴に皮脂や角質などが詰まって黒ずみになっていた方は、医療レーザー脱毛を受けることで毛穴が目立ちにくくなり、キメの整った肌になるでしょう。

 

医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛はメリットが多い脱毛方法ですが、デメリットもあります。あらゆるリスクが高いため、事前に確認しておくことが大切です。

赤みや痛み

医療レーザーを照射したところは、軽いやけどを負った状態となり、赤くなったり痛くなったりします。特に、肌のバリア機能が低下した乾燥肌の方は、赤みや痛みを感じやすいため注意が必要です。施術の前後にしっかりと保湿することで、症状をある程度抑えられます。

毛嚢炎

皮脂腺が多いところや毛が太いところに医療レーザーを照射すると、ニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)という症状が現れることがあります。これは、一時的な肌トラブルで、約1~2週間で改善するとされています。数日が経っても毛嚢炎の赤みが消えない場合は、施術を受けたクリニックか皮膚科を受診しましょう。

やけど

体質や毛の量、毛の濃さなどの影響により、やけどを負う場合があります。赤みや痛みなどが強く現れた場合は、早めに施術を受けたクリニックか皮膚科を受診してください。

色素沈着

医療レーザー脱毛を受けた後は、肌のバリア機能が低下しており、紫外線や摩擦の影響を受けやすくなっています。施術後に強い紫外線を受けたり肌を擦ったりすると、シミのような見た目の色素沈着が起こる可能性があります。施術から1ヶ月程度は、しっかりと保湿や紫外線対策をしましょう。一度、色素沈着してしまうと、なかなか消えません。

 

医療レーザーでヒゲ脱毛する際に知っておきたいこと

医療レーザーでヒゲ脱毛するのであれば、事前に回数や費用について確認しておくことが大切です。ヒゲ脱毛は、腕や脚などと異なる点があります。

医療レーザーでのヒゲ脱毛の費用・回数相場

医療レーザーでヒゲを脱毛する場合、量を減らすだけであれば約5~6回、すべてのヒゲを脱毛する場合は約5~8回かかるとされています。ただし、毛の質や量によって異なるため、カウンセリングの際に大体の回数の目安を確認しておきましょう。

費用は、クリニックによって異なりますが、約5~6回で3万~4万円程度が相場です。脱毛回数が多くなりやすいタイプの方は、回数無制限のプランを利用してもいいかもしれません。最も回数が多いプランが3万円で、追加1回8,000円、回数無制限のプランが5万円の場合、最大回数プラス3回以上の施術を受ければ元をとれます。

医療レーザーでのヒゲ脱毛は医療費控除の対象になる?

医療費控除は、医療費の一部が所得控除の対象となり、条件を満たせば確定申告で税金が還付されるシステムです。医療レーザーは医療費に該当し、医療控除を受けられるのではないかと思った方もいるでしょう。実は、医療レーザー脱毛は医療行為ではあるものの、医療費控除の対象にはなりません。医療費控除の対象になるのは、病気の治療など健康に関わることにかかった医療費です。医療レーザー脱毛は美容目的であり、健康状態の改善を目的とした行為ではありません。

 

まとめ

ヒゲは身体の毛と比べて太くて濃いため、脱毛には多くの施術回数が必要です。医療レーザー脱毛であれば、光脱毛と比べて少ない施術回数で効果を実感できるでしょう。医療レーザー脱毛は、1回あたりの料金は高いですが、光脱毛よりも脱毛効果を維持できる期間が長くなっています。また、問題となり得る痛みについても麻酔クリームで対処できるので、デメリットよりもメリットの方が大きい方法と言えるでしょう。