ヒゲ脱毛での赤み・炎症はいつまで続く?期間と対処法

光脱毛や医療レーザー脱毛などを受けた後は、肌に赤みがでることがあります。赤みが起きている間は、適切に対処することが大切です。ヒゲ脱毛後の赤みを対処せずに放置すると、肌トラブルが起きて次回の脱毛に支障をきたす可能性があります。ここでは、ヒゲ脱毛後の赤み・炎症が続く期間と対処法について解説します。

ヒゲ脱毛ででてくる赤み

ヒゲ脱毛後は、絶対とは言い切れませんが施術部位に赤みがでる可能性が高くなっています。これは、レーザーを肌に照射するヒゲ脱毛を受けるうえで仕方のない症状と言えます。

ヒゲ脱毛で赤み(炎症)が起こる理由

ヒゲ脱毛は、毛の黒色にだけ反応するレーザーを照射し、熱を溜めこませることで周辺の発毛組織を破壊する施術です。毛の黒色の正体はメラニン色素です。実は、メラニン色素は肌の色も作っており、多少なりともレーザーが肌にも反応してしまいます。そのため、肌に熱が加えられて火傷のような状態となり、その症状として赤みが起こるのです。

また、日焼けもメラニン色素によるものなので、日焼けしている肌にレーザーを照射すると、より大きな火傷になる恐れがあります。そのため、日焼けをしていると、施術を断られることがあります。 ヒゲは、太くて濃いヒゲが密集しているため、それだけレーザーの熱が集中しやすくなっています。そのため、火傷も起こりやすく、赤みも強く出やすくなっているのです。ヒゲ脱毛は、基本的に赤みが起こるものと考えて受けるようにしましょう。

ヒゲ脱毛の赤みはどれくらい続く?

レーザーによる赤みは、それほど強くは現れません。多くは翌日には赤みが解消されます。しかし、日焼けをしていたり肌が敏感であったりするところに照射すると、赤みが消えるまでに数日かかる可能性があるのです。

あごが赤くなると目立つため、休日前など人と会う機会が少ないタイミングで受けることをおすすめします。 また、肌の状態は体調によっても変わるため、肌の調子が悪いと感じているときに脱毛を受けないようにしましょう。

 

赤みが出たときの対処法

赤みを速やかに抑えるために、適切に対処することが大切です。放置しても赤みは自然に収まりますが、強い赤みを放置するとさらなる肌トラブルの原因となります。

冷やす

赤みが出た場合は、患部を冷やしましょう。冷やすかどうかで、赤みがひくまでの時間が大幅に変わります。翌日から仕事であるため、できるだけ早く赤みを抑えたいという方は、赤みがでる前から冷やすようにしましょう。保冷剤や濡れタオルなど、冷やせるものであれば何を使っても問題ありません。

ただし、冷たすぎるものを肌に直接当てるとトラブルになるので、必要に応じてハンカチやタオルにくるむなど工夫しましょう。氷は、直接当てるのではなく、水と一緒にビニール袋に入れて患部に当てることをおすすめします。

処方された薬を使う

サロンは医療機関ではないため薬は処方してもらえませんが、クリニックの医療レーザー脱毛を受けた場合は炎症を抑える薬を処方してもらえることがあります。市販薬とは違い、医療機関で処方される薬は比較的強い作用となっているため、脱毛後の赤身を速やかに抑えることができるでしょう。

炎症を抑える薬には、非ステロイド系抗炎症薬とステロイド薬があります。ステロイドの方が炎症を抑える効果が高いのですが、副作用を懸念されて使いたくないという方もいるでしょう。

実は、ステロイドは使用期間や量、塗り方を守れば副作用が起こる心配はほとんどありません。 正しく使うことで短期間での使用に留められます。クリニックによって処方される抗炎症薬は異なるので、その薬に合った塗り方や使用料について確認しておきましょう。アフターケアの説明を受けるときに聞いても、薬局に処方箋を持っていき、薬を受け取るときに薬剤師に聞いてもどちらでも問題ありません。

赤みが引かないときは脱毛したクリニックへ

薬を塗って2~3日経っても赤みが収まらない場合は、脱毛したクリニックを受診しましょう。ただの赤みではなく、毛嚢炎や重い火傷などが起きている可能性があります。そのまま放置すると、様々なトラブルが起こる可能性があるため、できるだけ早くクリニックを受診しましょう。

また、薬を塗っていて赤みが治まらない場合は、薬の使用を中止してください。薬によって赤みが強くなっている可能性もあるため、そのまま塗り続けることで悪化を招く恐れがあります。

 

赤み以外にもある!ヒゲ脱毛で起こり得る肌トラブル

ヒゲ脱毛後のトラブルと言えば赤みが代表的ですが、実は他にも毛嚢炎や火傷、硬毛化・増毛化など様々なトラブルが起こり得ます。それぞれのトラブルの症状と対処法を確認しておきましょう。

毛嚢炎

毛嚢炎は、毛穴に細菌が入り込み炎症を引き起こした状態です。白ニキビに似たブツブツや赤い湿疹ができることが特徴です。レーザーの照射によって肌のバリア機能が低下することで、毛穴に細菌が侵入しやすくなります。もともと、肌のバリア機能が低下しているアトピー肌の方は毛嚢炎のリスクが高いと言えます。

細菌が毛穴に侵入してしまうと、抗炎症薬だけで抑えられません。別の薬や処置が必要になるため、できるだけ早くクリニックを受診しましょう。診察の結果、必要に応じて外用薬や内服薬が処方されます。

なお、術後のトラブルの診察や薬代などは無料となっているところもあります。 毛嚢炎は放置しても自然治癒が期待できないので、セルフケアで治そうとせずクリニックを受診しましょう。

火傷

ただの赤みではなく、強い赤みや強いヒリヒリ感が現れることがあります。レーザーの出力を下げることで火傷のリスクを抑えられますが、それでは脱毛完了までの施術回数が多くなり、費用も高くなってしまいます。そのため、出力を下げすぎず、火傷を起こさない程度の強さで照射する見極めが重要です。

これは、医師の経験や技術、知識によって変わるため、全てのクリニックで火傷が起こるわけではありません。皮膚のバリア機能の高さや体質、ヒゲの濃さや太さなどによって、出力を調整する必要があります。

火傷が起きた場合は、できるだけ早くクリニックを受診して適切な処置を受けましょう。そのまま放置すると、火傷が起きた部分が刺激を受けて、色素沈着する可能性があります。

硬毛化・増毛化

レーザーを照射した部分の毛が太くなったり濃くなったりすることを硬毛化・増毛化といいます。ツルツルにしたいのに、かえって毛が太く濃くなれば施術ミスを疑うでしょう。実は、硬毛化・増毛化の原因は詳しくわかってはいないため、未然に防ぐことが困難なのです。太く濃くなったところに再照射して、脱毛するというような対処法しかありません。

クリニックによっては、硬毛化・増毛化したところへの再照射を期間限定で無料にしています。 硬毛化・増毛化が心配な方は、再照射を無料で受けられるクリニックを選ぶといいでしょう。

 

まとめ

ヒゲ脱毛後は赤みがでることが多くなっています。赤みを防げるかどうかはスタッフや医師の技量や経験次第なので、速やかに赤みを抑えることに注力しましょう。処方された薬を正しく塗って、短期間で赤みを抑えてください。そのまま放置すると、色素沈着などのトラブルが起こる可能性があります。

また、単なる赤みだと思っていたら火傷だったという場合もあるでしょう。その他、毛嚢炎や硬毛化・増毛化などのトラブルもあるので、異常が起きた場合は速やかにクリニックを受診してください。 脱毛後の赤みなどのトラブルは、適切に対処することで悪化を防げます。トラブルにしっかり対処して、安全にヒゲを脱毛しましょう。