HARG治療の費用目安は?安いHARG治療もある?

HARG治療は従来の治療法とは異なり、発毛力を取り戻すことを目的とした治療法です。継続的な効果が見込まれるため、それだけ費用が高く設定されています。あまり料金が高いと、受けるかどうか悩んでしまうでしょう。ここでは、HARG治療にかかる費用の目安や安く受ける方法などについて解説します。

HARG治療の費用

HARG治療を受ける際にかかる費用は、施術費だけではありません。診療費や血液検査の費用、麻酔の費用などもかかります。HARG治療は自費診療であるため、クリニックによって費用が大きく異なります。一般的な費用よりも高すぎる場合は、その理由を確認しましょう。特に理由がない場合は、高いところでHARG治療を受けるのは損と言えます。一般的に、どれぐらいの費用がかかるのか目安を確認しておきましょう。

HARG治療の費用の目安

HARG治療は、複数回の施術が必要です。1回の施術では大きな効果が期待できず、複数回受けることで発毛力の改善が期待できます。そのため、HARG治療を受けるのであれば必然的に複数回の治療を受けることになります。1回あたりの費用で計算してしまうと、思っていたよりも費用がかかったという事態になるでしょう。

HARG治療にかかる費用の目安は次のとおりです。

・診察料

初診3,000~5,000円、再診1,000~3,000円が目安です。

薄毛治療を専門としているクリニックは、初診料と再診料が無料になっていることもあります。何度も通うことになれば、再診料が総額に大きな影響を及ぼすため、少しでも安いクリニックを選んだ方がいいでしょう。

・血液検査料

血液検査は、薄毛治療を受けるうえで必須となっているクリニックが多くみられます。AGAの可能性がどれぐらいあるのか、薬を使用できない体質ではないか、薄毛がAGA以外の原因で起きていないかなど様々なことを調べられます。血液検査料は、1回10,000~20,000円が目安です。調べたい項目が多い場合には、20,000~30,000円ほどかかることもあります。

・施術費

HARG治療の施術費は、注射する範囲によって異なります。前頭部のみであれば80,000~100,000円、全頭は120,000~160,000円が目安です。5回の施術が必要な場合は、前頭部のみで400,000~500,000円、全頭は600,000~800,000円となります。クリニックによって回数が異なりますが、1年かけて4~5回の施術を受け、その後は1年に1~2回の施術を繰り返します。

HARG治療の総額はどれくらい?

HARG治療の総額は、診察料3,000円~5,000円、再診1回につき1,000~3,000円、血液検査1回10,000~20,000円、施術費が全頭で600,000~800,000円とした場合、約614,000~828,000円となります。

ただし、あくまでも目安であるため1年間で120万円ほどかかるクリニックもあります。さらに、1年に1~2回の施術を継続的に受けることになれば、年間約100,000~300,000円の費用がかかります。

 

薬の治療より費用が高くてもHARG治療を選ぶべき理由

HARG治療は、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルなどによる薬物療法やメソセラピー、自毛植毛よりも総費用が高くなります。それでもHARG治療を選んだ方がいい理由の1つがランニングコストです。

薬物療法は続けることでAGAの症状を抑えることが期待でき、使用をやめると再びAGAの進行を招く可能性があります。HARG治療も1クールの施術後に継続的な施術が必要ですが、年間にかかる費用は薬物療法と同じ程度です。また、HARG治療の1クール終了後はプロペシアやザガーロで状態を維持することが推奨されていますが、副作用が気になる方は服用しなくてもいいという意見もあります。

薬物療法よりもしっかり髪が生えることが期待でき、ランニングコストも同じ程度であれば、HARG治療を受けた方がいいと言えるでしょう。

副作用の心配がない

HARG治療では、HARGカクテルという独自の配合で作られた薬剤を頭皮に注入します。HARGカクテルには、キーポイントとなる成長因子を中心にアミノ酸や各種ビタミンなどが配合されています。いずれも化学物質ではなく身体に対する親和性が高い成分であるため、副作用の心配がほとんどありません。実際に、HARG治療で副作用が現れたという報告は現時点ではありません。

薬物療法で使用されることが多いプロペシアには、男性機能に関わる副作用があります。ミノキシジルは本来血圧を下げる薬として開発が進んでいたものであるため、血圧が下がる副作用があるのです。

自毛植毛にも、髪を採取したところと移植したところの両方に傷が残ることや、手術による痛みや腫れなどの副作用があります。

できるだけ安全に薄毛治療を受けたいのであれば、HARG治療を選んだ方がいいでしょう。

効果が出るのが早い

HARG治療の効果は、3~4回の施術が終わったぐらいに現れるとされています。薬物療法は1年ぐらいかけて効果が現れるようになるとされており、HARG治療よりも効果が現れるまでに時間がかかります。少しでも早く薄毛の悩みを解消したいといった場合には、HARG治療を選ぶといいでしょう。

なお、自毛植毛は即効性がある治療法ですが、手術のリスクや生着しない可能性があることを踏まえると、HARG治療の方がいいと言えます。

 

HARG治療を安くできるところもある?

HARG治療は100万円近い費用がかかるため、気軽に受けられないという方もいるでしょう。少しでも安くHARG治療を受けたいため、様々なクリニックの料金表を見比べている方もいますよね。安いクリニックはありますが、自宅から通いやすいところにあるとは限りません。定期的に通うことになるため、交通の便なども考慮して選んだ方がいいでしょう。

極端に安いクリニックは注意が必要

HARG治療の料金が極端に安いクリニックは避けた方がいいでしょう。HARG治療と表記していながら、注入するカクテルに成長因子が含まれていないなど、問題のある治療を提供している可能性があります。また、海外から輸入した粗悪品を使用していることも考えられます。料金が安いということは、それだけ薬剤の入手にコストがかからないということです。HARG治療は基本的に料金が高い治療法であるため、安すぎるものは避けた方がいいでしょう。

 

まとめ

AGAは、髪の成長期が短くなることで、弱くて短い髪が増え、髪のボリュームが失われていきます。従来の治療法であるプロペシアやザガーロの内服は、髪の成長期の短縮を抑えることで髪のボリュームを取り戻す治療法です。それに対してHARG治療は、頭皮に有効成分や成長因子を直接注入し、髪を生える力を取り戻すことを目的としています。似た治療法であるメソセラピーとは異なり、専用のHARGカクテルを使用します。副作用の心配もほとんどなく、効果が現れるタイミングも早いため、薄毛の悩みを安全に解消することができるでしょう。少しでも早く薄毛を解消したい場合は自毛植毛が候補にあがりますが、手術によるリスクや生着しない可能性があるなどの問題点があります。料金はHARG治療と同じ程度であるため、安全性などを考慮するとHARG治療の方がおすすめです。

HARG治療を安く受けたい場合は、実績があり信頼できるクリニックの中から選ぶようにしましょう。値段だけではなく、医師や施術の質も考慮して選ぶことが大切です。